Researchers Database

Mitsunari Ishida

    Department of Economics Associate Professor
    Course of Public/Private Partnership Associate Professor
    Research Center for Public/Private Partnership Associate Professor
Last Updated :2020/10/20

Researcher Information

Degree

  • Ph.D. in Economics(The University of Tokyo)

Research funding number

  • 40571477

J-Global ID

Research Interests

  • 財政   財政学   地方財政論   地方公務員給与   汚職   格付け   銀行等引受債   市場公募債   地方公務員制度   政府間財政関係   公的金融   地方債   地方財政   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Money and finance
  • Humanities & social sciences / Public economics, labor economics

Academic & Professional Experience

  • 2020/04 - Today  Toyo UniversityFaculty of EconomicsAssociate Professor
  • 2018/04 - 2020/03  University of the RyukyusFaculty of Global and Regional StudiesAssociate Professor
  • 2015/04 - 2018/03  University of the RyukyusFaculty of Law and LiteratureAssociate Professor
  • 2012/04 - 2015/03  University of the RyukyusFaculty of Law and LiteratureLecturer
  • 2009/07 - 2012/03  Otaru University of CommerceFaculty of CommerceAcademic Fellow
  • 2007/04 - 2009/06  Ministry of FinancePolicy Research InstituteEconomist
  • 2005/10 - 2007/03  Ministry of FinancePolicy Research InstituteResearcher
  • 2003/04 - 2003/09  Research Institute of Economy, Trade and IndustryResearch Assistant

Education

  • 2004/04 - 2011/03  The University of Tokyo  Graduate School of Economics  the Doctor's Course in Studies of Contemporary Economy
  • 2001/04 - 2004/03  The University of Tokyo  Graduate School of Economics  the Master's Course in Studies of Contemporary Economy
  • 1996/04 - 2000/03  Aoyama Gakuin University  College of Economics  Department of Economics

Association Memberships

  • JAPAN ASSOCIATION OF LOCAL PUBLIC FINANCE   JAPANESE ECONOMIC ASSOCIATION   THE JAPAN INSTITUTE OF PUBLIC FINANCE   

Published Papers

Books etc

  • 持田 信樹; 林 正義 (Contributor石田 三成;中里 透「地方債の信用リスクとスピルオーバー」(第5章)、石田 三成「依頼格付け取得の効果」(第6章)、石田 三成「銀行等引受債の経済分析」(第7章)、石田 三成;橋都 由加子;天羽 正継「地方債の動態的実証分析-アンケート結果」(資料編))有斐閣 2018/12 4641165327 272
  • 持田 信樹 (Contributor橋都 由加子;石田 三成「平準化の国際比較」(第3章))東京大学出版会 2006/09 4130460927 347

Conference Activities & Talks

  • 「経済学的視点から考える国と地方の役割分担」  [Invited]
    石田 三成
    地方分権改革委員会  2017/12  沖縄経済同友会
  • 「地公体向け貸出における寡占と公的金融の対抗力の検証ー全国市町村データを用いた分析ー」  [Not invited]
    石田 三成
    日本財政学会 第73回大会  2016/10
  • 「地方公務員の汚職と給与の関係」  [Not invited]
    當銘 めぐみ; 石田 三成
    日本地方財政学会 第24回大会  2016/05
  • 「九州地方の市町村における銀行等引受債の金利に関する実証分析」  [Invited]
    石田 三成
    財政・公共経済ワークショップ  2016/03  東京大学 経済学部
  • 「九州地方の市町村における銀行等引受債の金利に関する実証分析」  [Not invited]
    石田 三成
    日本財政学会 第72回大会  2015/10
  • 「地方公務員の給与削減に関する実証分析」  [Not invited]
    石田 三成
    日本財政学会 第71回大会  2014/10
  • 「道内市町村における銀行等引受債の金利に関する実証分析−地域金融機関による寡占の弊害と公的資金の役割の検証−」  [Not invited]
    石田 三成
    日本財政学会 第70回大会  2013/10
  • 「地方交付税と税率選択−超過課税実施確率の推定−」  [Not invited]
    石田 三成
    日本地方財政学会 第20回大会  2012/05
  • 「スピル・オーバー問題と交付税措置」  [Not invited]
    石田 三成
    日本地方財政学会 第18回大会  2010/06
  • 「河川管理と財源保障」  [Not invited]
    小林 航; 石田 三成
    日本財政学会 第66回大会  2009/10
  • 「河川行政と政府間機能配分」  [Not invited]
    小林 航; 石田 三成
    日本地方財政学会 第17回大会  2009/05
  • 「地方債に対する交付税措置の経済学的評価」  [Invited]
    小林 航; 石田 三成
    関西公共経済学研究会 2008年度第3回研究会  2008/12
  • 「地方債の中立命題と一括税」  [Not invited]
    小林 航; 石田 三成
    日本財政学会 第65回大会  2008/10

MISC

Awards & Honors

  • 2016/05 日本地方財政学会 佐藤賞
     
    受賞者: 石田 三成論文「地方公務員の給与削減に関する実証分析」『協働社会における財政(財政研究 第11巻)』(日本財政学会)に対して

Research Grants & Projects

  • 我が国の汚職に関する実証分析:効率賃金仮説に基いて
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2020/04 -2023/03 
    Author : 石田 三成; 米岡秀眞
  • 「親族内承継か第三者によるM&Aか?:沖縄におけるファミリー企業の実地調査」
    日本学術振興会:課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業(実社会対応プログラム(研究テーマ公募型))
    Date (from‐to) : 2018 -2022/03 
    Author : 打田委千弘
  • 地方債格付けの効果に関する実証分析:市場公募資金の低利・安定的な調達に向けて
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)
    Date (from‐to) : 2017/04 -2020/03 
    Author : 石田 三成
     
    本研究の目的は、自治体が発行する地方債のうち市場公募債(直接金融)を対象として、以下の点について定量的な分析を通じて解明することである。①依頼格付けを取得することの費用対効果(ミクロの効果)、②地方債市場において信用リスクのスピルオーバー(=コンテイジョン・ショックの伝播)は観察されるのか、そして、③観察されるならば格付けはそれを軽減できるのか(マクロの効果)、の3つである 平成30年度は上記のうち①と②について一定の研究結果が得られ、書籍として公刊されるに至った。 まず、①の格付け取得の費用対効果については、格付けを取得することで金利スプレッドが1.7~2.3bp(ベーシスポイント、万分率)だけ低下することが判明し、格付けを取得することに効果があることが認められた。さらに、市場公募債の発行金額が大きい団体や財政状況が良い団体ほど格付けを取得に積極的であることも明らかとなった。つまり、市場公募団体は、自身の財政状況が良好であれば、また、格付け取得による金利軽減効果が取得費用を上回りそうであれば、格付けを取得する傾向にあることが分かった。 つぎに、②の信用リスクのスピルオーバーについては、財政状況が類似する他団体で金利スプレッドが上昇すると、自身の金利スプレッドも上昇する傾向にあることから、日本の地方債市場においてもその存在が確認された。また、団体および年度の個別効果を除去しても金利スプレッドには発行団体の信用リスクが織り込まれており、市場による規律付けも認められる。以上より、日本の地方債市場では、信用リスクのスピルオーバーの存在により、自らの信用リスクを他団体に共有・希釈させることから、市場による規律付けは認められるものの、それは十分に機能していないことが示唆された。
  • The analysis of Local government borrowing
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)
    Date (from‐to) : 2015/04 -2018/03 
    Author : MOCHIDA Nobuki; NAKAZATO Toru; AMOU Masatsugu; HASHIZUME Yukako
     
    The creditworthiness of municipal bonds can be divided into a portion defined by the financial situation of each issuing organization and a portion defined by a mechanism to ensure certainty of redemption of local bonds as a whole of the local fiscal system. The former and the latter are completely separated, but the former also affects the latter. Although local municipal bond market in recent years experienced events such as rapid expansion of market bond and fiscal collapse of Yubari city, expansion of interest spread which seems to be contagion risk (transmission) was observed. It is important to make policy judgment as to whether to place importance on securing inexpensive and stable fund procurement or ensuring market discipline through the formation of local bond spreads in line with the issuer's fiscal situation.
  • Empirical analysis on the interest rates of municipal borrowings from private financial institutions
    Japan Society for the Promotion of Science:Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B)
    Date (from‐to) : 2014/04 -2017/03 
    Author : ISHIDA Mitsunari
     
    We focus on municipal borrowings from private financial institutions and examine the following hypotheses. (i) In regions where there are few commercial banks, interest rates increase due to oligopolies; (ii) public funds, managed by the Ministry of Finance Japan and Japan Finance Organization for Municipalities, counteracts commercial banks and alleviates harmful effects due to oligopoly. Through official information disclosure and voluntary information provision request, we collect the conditions for municipal borrowings and conduct the empirical analysis. The empirical results support the above hypotheses. Especially, competitive bidding is effective, it is shown that the interest rate will drop by 1.28 bps if one private financial institution participating in bidding.
  • 沖縄県内の貸出市場における課題と公共部門の果たすべき役割
    琉球大学:大学COC事業「ちゅら島の未来を創る知の津梁(かけ橋)」
    Date (from‐to) : 2016 -2016 
    Author : 石田 三成

Teaching Experience

  • Econometrics IEconometrics I Okinawa International University