Researchers Database

Takahito Ogino

    Department of Social Welfare Associate Professor
    Research Center for Development of Welfare Society Associate Professor
    Course of System for Welfare Society Associate Professor
Last Updated :2020/10/23

Researcher Information

Research funding number

  • 00410861

J-Global ID

Research Interests

  • ベトナム難民   ソーシャルワーク   かかわり   

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Social welfare

Academic & Professional Experience

  • 2013/04 - 2015/03  Toyo UniversityFaculty of Human Life Design助教
  • 2005/04 - 2013/03  Aichi Mizuho CollegeDepartment of Human Sciences講師

Education

  •        - 2012/03  東洋大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士後期課程修了
  •        - 2003/03  東洋大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻博士前期課程修了
  •        - 1997/03  Komazawa University  Faculty of Letters  Department of Sociology

Association Memberships

  • THE JAPANESE ASSOCIATION OF RESEARCH ON CARE AND WELFARE   JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF SOCIAL WELFARE   

Published Papers

  • 宮崎県における地域住民によるベトナム難民支援-「ベトナムの家」を中心として
    荻野 剛史
    石井十次資料館研究紀要 (20) 211 - 228 2019/08
  • Positive and Negative Factors Pertaining to the Integration of Refugees: From the Experience of Vietnamese Refugees Living in Sweden
    Takahito OGINO
    The Bulletin of The Faculty of Sociology, Toyo University 56 (2) 59 - 69 2019/03
  • Challenges of the Public Assistant for Promotion of Convention Refugee's Social Integration in Japan -Comparison with Public Assistance in Sweden-
    Takahito OGINO
    The bulletin of Department of Sociology, Toyo University 53 (1) 105 - 116 2015/11
  • The Characteristics of Community Supporter's Support for Solving the Life Problems of the Indo-Chinese Refugees Living in Japan
    Takahito OGINO
    Japanese Journal of Social Welfare 55 (1) 100 - 112 2014/05 [Refereed]
  • The Challenges of the Public Assistance for Promotion of Convention Refugee's Settlement in Japan : Comparison with the Public Assistance in the United States
    Takahito OGINO
    Journal of Human Life Design (9) 47 - 56 2014/03 [Refereed]
  • わが国の難民等に対する定住促進のための公的援助における課題-スウェーデンにおける公的援助との比較をつうじて
    荻野 剛史
    東洋大学社会福祉研究 (5) 28 - 35 2012/08 [Refereed]
  • OGINO Takahito
    瀬木学園紀要 Aichi Mizuho College 6 1881-7181 2012/06
  • OGINO Takahito
    瀬木学園紀要 Aichi Mizuho College 5 1881-7181 2011/03
  • 荻野 剛史
    Bulletin of the Graduate School, Toyo University 東洋大学大学院 47 81 - 98 0289-0445 2010
  • OGINO Takahito
    Japanese journal of social welfare Japanese Society for the Study of Social Welfare 46 (3) 3 - 15 0911-0232 2006/03 [Refereed]
  • なぜ「社会福祉士」を目指すのか
    荻野 剛史
    淑徳大学社会福祉実習指導センター年報 (8) 45 - 53 2005/04
  • 現場実習の姿-平成14 年度・15 年度の実習先訪問記録から
    荻野 剛史
    淑徳大学社会福祉実習指導センター年報 (7) 31 - 41 2004/03
  • Otsuki Kazuhiko; Morikubo Toshimitu; Ogino Takeshi
    Annual reports of studies Bunkyo University Women's College 45 1 - 6 0385-5309 2002/01

Books etc

Conference Activities & Talks

  • 「ベトナム難民」の「定住化」プロセス-「ベトナム難民」と「重要な他者」とのかかわりに焦点化して-  [Not invited]
    荻野 剛史
    日本社会福祉学会第60回秋季大会  2012/10
  • 多文化共生社会実現に向けた「かかわり」促進の支援-滞日ベトナム難民の定住プロセスからの検討-  [Not invited]
    荻野 剛史
    第5回東洋大学社会福祉学会大会  2009/08
  • 我が国における難民受入と公的支援の変遷  [Not invited]
    荻野 剛史
    日本社会福祉学会第53回全国大会  2005/10

Research Grants & Projects

  • 東洋大学:井上円了記念研究助成
    Date (from‐to) : 2014/04 -2015/03 
    Author : 荻野剛史
  • 「ベトナム難民」の「定住化」促進支援-環境との交互作用促進の支援に焦点化して
    科学研究費 基盤研究(C)(一般)
    Date (from‐to) : 2013 -2015 
    Author : 荻野剛史
  • 文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(C))
    Date (from‐to) : 2013 -2015 
    Author : 荻野 剛史
  • 多文化間における「かかわり」促進のためのソーシャルワーク支援の方法
    科学研究費 若手研究(B)
    Date (from‐to) : 2010 -2011 
    Author : 荻野剛史
  • 文部科学省:科学研究費補助金(若手研究(B))
    Date (from‐to) : 2010 -2011 
    Author : 荻野 剛史
     
    本研究では、滞日ベトナム難民(以下、「ベトナム難民」)と地域社会との「かかわり」に注目し、その促進のためのソーシャルワーク支援の方法を明らかにすることを目的としている。この目的の達成のために、研究期間中、「ベトナム難民」とその環境(地域社会など)の人々の両方にインタビュー調査を行うこととしている。2011年度は、主に「ベトナム難民」10名に対し、彼らと「重要な他者」(隣近所の人や職場の上司・同僚など、ベトナム難民の身近な場面で、彼らに対して生活上の諸援助を提供する特定の日本人)との関係構築のプロセスに関するインタビュー調査を行った。インタビューの内容は、修正版グラウンデット・セオリー・アプローチ(M-GTA)を以て分析した。分析の結果、調査対象となった「ベトナム難民」は<受動的な『重要な他者』の取得>→<『普通』の付き合い>→<受身からの脱皮>→<交互作用の深化>というプロセスを経ながら「重要な他者」とのかかわりを持ちながら日本での生活を送っていること、さらに「ベトナム難民」は<違いの認識>、すなわち「重要な他者」との文化的な違いを認識しながら前述のプロセスを経てきたことが明らかになった(<>は、M-GTAのストーリーラインにおけるカテゴリー名を表す)。以上の点から、「ベトナム難民」にとっての「重要な他者」は、彼らが日本で経験する生活のしづらさに対して諸援助を提供し、また本研...