詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

関 勝寿セキ カツトシ

所属・担当
会計ファイナンス学科
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www2.toyo.ac.jp/~seki_k/
生年月日
Last Updated :2017/06/23

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:土の中の水の動きを解析する土壌物理学、土壌水文学を中心に研究しています。土壌中の水分移動に関する基本パラメータを決定するためのプログラム SWRC Fit を開発し、ウェブに公開しています。また、土壌微生物が土の物理性に及ぼす影響に関する一連の論文は、多く引用されています (http://goo.gl/cfy0gV)。

    経営学部会計ファイナンス学科に所属していますが、経営学の専門ではありません。東洋大学白山キャンパスで、一般教養科目としての「環境の科学」と、経営学部の学生に対する数理・情報系の科目を担当しています。放射性物質による汚染をはじめとして、幅広く環境問題に関心があります。

学歴

  • 1989年04月 - 1991年03月, 東京大学, 教養学部, 理科1類
  • 1991年04月 - 1993年03月, 東京大学, 農学部, 農業工学科(卒業)
  • 1993年04月 - 1995年03月, 東京大学, 大学院農学生命科学研究科 修士課程(修了)
  • 1995年04月 - 1998年03月, 東京大学, 大学院農学生命科学研究科 博士課程(修了)

学位

  • 博士(農学), 東京大学 博農第1889号

所属学協会

  • 農業農村工学会
  • 土壌物理学会
  • 環境科学会
  • 地盤工学会
  • Soil Science Society of America

委員歴

  •   2017年01月 - 現在, 農林水産省関東農政局, 農業農村整備事業総合システム研究委員会委員
  •   1999年01月 - 1999年07月, 農業土木学会, 大会講演会実行委員
  •   1999年04月 - 2001年03月, 土壌物理学会, 編集委員
  •   2001年04月 - 2003年03月, 土壌物理学会, 編集幹事
  •   2004年04月 - 2007年03月, 農業土木学会, 土壌物理研究部会 事務局
  •   2004年06月 - 2006年05月, 農業土木学会, 学会誌編集委員
  •   2006年11月 - 2009年09月, 農業土木学会、農業農村工学会, 研究委員、大会プログラム小委員
  •   2009年01月 - 2009年02月, 農業農村工学会, 学会賞選考委員会専門委員
  •   2012年02月 - 2013年03月, 農林水産省関東農政局, 農業農村整備事業総合システム研究委員会委員

経歴

  •   1998年04月 - 1998年11月, 東京大学, 農学特定研究員
  •   1998年12月 - 2007年03月, 東京大学, 大学院農学生命科学研究科, 助手
  •   2002年08月 - 2003年05月, 兼任 米国コーネル大学, 作物・土壌科学学部, 客員研究員
  •   2005年04月 - 2005年09月, 兼任 国保松戸市立病院附属看護専門学校, 非常勤講師
  •   2007年04月 - 2008年03月, 東京大学, 大学院農学生命科学研究科, 助教
  •   2008年04月 - 2015年03月, 東洋大学, 経営学部, 准教授
  •   2012年04月 - 2012年09月, 兼任 北里大学, 非常勤講師
  •   2013年04月 - 2014年03月, 兼任 ストラスブール大学(フランス), 水文地球化学研究室, 客員教授
  •   2015年04月 - 現在, 東洋大学, 経営学部, 教授

研究活動情報

研究分野

  • 境界農学, 環境農学
  • 環境学, 環境動態解析
  • 農業工学, 農業土木学・農村計画学

研究キーワード

    環境, 土壌, 土壌物理, 土壌水文学, バイオクロッギング, 物質循環, 放射性物質, 微生物, 土壌微生物, 不飽和水分帯, 透水係数, クロッギング, モデル, 目詰まり, メタン, 炭素循環, 透水性, 半乾燥地, 間隙構造, 団粒, 水質汚濁

論文

  • 水分特性曲線の回帰プログラム SWRC Fit (1) - 水分特性モデル -, 関勝寿, 東洋大学紀要自然科学篇, 61, 41 - 65,   2017年03月
  • マルチスケール法による土壌水分移動パラメータの推定法, 関勝寿, 東洋大学紀要自然科学篇, 60, 41 - 52,   2016年03月
  • 古典を読む L.E. Allison 著 「長期浸透における微生物が土壌の透水性に及ぼす影響」, 関勝寿, 土壌の物理性, 131, 45 - 50,   2015年12月
  • Sequential estimation of hydraulic parameters in layered soil using limited data, Seki, K., P. Ackerer and F. Lehmann, Geoderma, 247, 117 - 128,   2015年06月
  • 土壌水分データからの土壌水分移動パラメータの推定法, 関勝寿, 東洋大学紀要自然科学篇, 59, 27 - 34,   2015年03月
  • Biological clogging of sand columns, Seki, K., Open Journal of Soil Science, 3, (3) 148 - 152,   2013年07月
  • 森林火災を受けた土壌の理化学性の主成分分析, 関 勝寿, 東洋大学紀要 自然科学篇, 57, 55 - 61,   2013年03月
  • Effects of moisture conditions on potential soil water repellency in a tropical forest regenerated after fire, Kajiura, M., T. Tokida and K. Seki, Geoderma, 181-182, 30 - 35,   2012年07月
  • 中国黒龍江省ソンネン平原の浅層地下水地域における塩類集積, 西村拓, 石濱嘉夫, 関勝寿, 井本博美, 溝口勝, 宮崎毅, 農業農村工学会論文集, 279, 35 - 44,   2012年06月
  • 土壌中の放射性セシウムの動態と農作物への移行抑制対策, 関勝寿, 農業農村工学会誌, 80, (5) ,   2012年05月
  • 土壌の放射性物質汚染への対応策, 関勝寿, 経済, 199, 51 - 56,   2012年04月
  • インドネシアにおける森林火災を受けた土壌の理化学性について, 関勝寿, 東洋大学紀要自然科学篇, 56, 31 - 41,   2012年03月
  • Wikiによる農業農村情報用語集システム, 関勝寿、溝口勝, 農業農村工学会誌, 80, (1) 3 - 6,   2012年01月
  • 福島原発事故による土壌の放射能汚染対策, 関勝寿, 経営論集, 78, 13 - 26,   2011年11月
  • Short-term dynamics of the active and passive soil organic carbon pools in a volcanic soil treated with fresh organic matter, Dumale, W. A. Jr., T. Miyazaki, T. Nishimura and K. Seki, E-International Scientific Research Journal, 3, (2) 128 - 144,   2011年06月
  • Physical and chemical properties of soils in the fire-affected forest of East Kalimantan, Indonesia, Seki, K., K. Suzuki, T. Nishimura, M. Mizoguchi, H. Imoto, T. Miyazaki, Journal of Tropical Forest Science, 22, (4) 414 - 424,   2010年10月
  • Cosmogenic, anthropogenic, and airborne radionuclides for tracing the mobile soil particles in a tile-drained heavy clay soil, Sadao Eguchi, Noriko Yamaguchi, Hideshi Fujiwara, Taijiro Fukuyama, Yasushi Mori, Katsutoshi Seki, Katsuhiko Suzuki, and Kazuhide Adachi, Proceedings of 19th World Congress of Soil Science, (paper 0826) 1 - 3,   2010年08月
  • Change in hydrological properties of volcanic ash soil in response to electrolyte concentration, Seki, K., 東洋大学紀要自然科学篇, 54, 1 - 14,   2010年03月
  • Effect of aggregate structure on VOC gas adsorption onto volcanic ash soil, Hamamoto, S., K. Seki and T. Miyazaki, Journal of Hazardous Materials, 166, (1) 207 - 212,   2009年07月
  • The causes of soil alkalinization in the Songnen Plain of Northeast China, Wang L., Seki K., Miyazaki T., Ishihama Y., Paddy and Water Environment, 7, 259 - 270,   2009年06月
  • An alternative deterministic method for the spatial interpolation of water retention parameters, Saito, H., K. Seki, J. Simunek, Hydrol. Earth Syst. Sci., 13, 453 - 465,   2009年04月
  • コーンパーミアメータによる土壌水分移動特性の原位置試験法, 関勝寿, 東洋大学紀要自然科学篇, 53, 1 - 8,   2009年03月
  • CO2 evolution and short-term carbon turnover in stable soil organic carbon from soils applied with fresh organic matter, Dumale, W. A., T. Miyazaki, T. Nishimura and K. Seki, Geophysical Research Letters, 36,   2009年01月
  • The variation of soil physical properties on alkali grasslands in Anda City of Heilongjiang Province, Wang, L., Y. Ishihama, K. Seki and T. Miyazaki, Pratacultural Science, 2007, (10) ,   2007年10月
  • 数値計算言語Octaveによる土壌水分特性曲線の非線形回帰プログラム, 関勝寿, 土壌の物理性, 105, 67 - 78,   2007年03月
  • SWRC fit - a nonlinear fitting program with a water retention curve for soils having unimodal and bimodal pore structure, Seki, K., Hydrol. Earth Syst. Sci. Discuss., 4, (1) 407 - 437,   2007年02月
  • Long-term mobility of fallout 90Sr in ploughed soil, and 90Sr uptake by wheat grain, Yamaguchi, N., K. Seki, M. Komamura, K. Kurishima, Science of the Total Environment, 372, (41673) 595 - 604,   2007年01月
  • Analysis of zero flux plane behavior under periodical water supply, Khalil, M., K. Seki, T. Miyazaki, M. Mizoguchi, M. Sakai, 農業土木学会論文集, 246, 33 - 40,   2006年12月
  • Moderate bioclogging leading to preferential flow paths in biobarriers, Seki, K., M. Thullner, J. Hanada, T. Miyazaki, Ground Water Monitoring and Remediation, 26, (3) 68 - 76,   2006年06月
  • 足元の土地に秘められたメッセージ, 関勝寿, 農業土木学会誌, 74, (2) 159 - 160,   2006年02月
  • Return flow generating point in layered slope with traffic pan, Deb, S. K., T. Miyazaki, M. Mizoguchi and K. Seki, 農業土木学会論文集, 241, 1 - 11,   2006年02月
  • 湛水浸透条件下における細菌・糸状菌による飽和透水係数の低下およびその温度依存性について, 関勝寿、神谷準一, 宮崎毅, 農業土木学会論文集, 237, 13 - 19,   2005年06月
  • In situ accumulation of methane bubbles in a natural wetland soil, Tokida, T., T. Miyazaki, M. Mizoguchi, and K. Seki., European Journal of Soil Science, 56, 389 - 395,   2005年01月
  • 埋設型浸透升からの雨水浸透量簡易予測手法について, Seki, K., T. Miyazaki, M. Mizoguchi, H. Imoto, K. Nakaya, H. Miyazawa, 土壌の物理性, 97, 25 - 30,   2004年07月
  • Nutrient uptake kinetics of filamentous microorganisms: Comparison of cubic, exponential, and monod models, Seki, K., M. Thullner, P. Baveye, Annals of Microbiology, 54, (2) 181 - 188,   2004年04月
  • Bioclogging of glass beads by bacteria and fungi, Seki, K., T. Suko and T. Miyazaki, Transactions of World Congress of Soil Science, 1244-1 - 1244-8,   2002年08月
  • 減圧条件下における砂中の熱と水分の移動, 溝口勝, 登尾浩助, 関勝寿、井本博美, 宮崎毅, Space Utilization Research, 18, 326 - 328,   2002年01月
  • A mathematical model for biological clogging of uniform porous media, Seki, K. and T. Miyazaki, Water Resources Research, 37, (12) 2995 - 2999,   2001年12月
  • 田畑輪換圃場における土壌微生物分布とCO2,O2ガス濃度分布の相関について, 藤川智紀, 宮崎毅, 関勝寿, 井本博美, 農業土木学会論文集, 208, 443 - 452,   2000年08月
  • Effects of microorganisms on hydraulic conductivity decrease in infiltration, Seki, K., T. Miyazaki, M. Nakano, European Journal of Soil Science, 49, (2) 231 - 236,   1998年06月
  • 土壌微生物による土壌の透水性変化に関する研究, 関勝寿, 東京大学(博士論文),   1998年03月
  • Reduction of hydraulic conductivity due to microbial effects, Seki, K., T. Miyazaki, M. Nakano, 農業土木学会論文集, 181, 137 - 144,   1996年02月

書籍等出版物

  • 福島原発事故の放射能汚染―問題分析と政策提言―
    本間愼・畑明郎編
    共著「第6章 土壌の放射能汚染と対策」を執筆世界思想社  2012年12月
  • ネットワークと情報セキュリティ
    関勝寿
    単著Kindleストア  2012年11月
  • Water Flow In Soils, Second Edition (Books in Soils, Plants, and the Environment)
    T. Miyazaki, K. Seki
    共著CRC Press  2005年07月
  • 水の事典
    太田猛彦ら編
    分担執筆朝倉書店  2004年05月

講演・口頭発表等

  • 水分特性曲線の回帰プログラム - Fredlund and Xing モデルの実装 -, 関 勝寿, 第51回地盤工学研究発表会,   2016年09月15日, 地盤工学会
  • Estimation of hydraulic parameters with multi-scale parameterization method, 関 勝寿, 土壌水分ワークショップ,   2014年11月29日
  • マルチスケール法による土壌水分変化からの土壌水分パラメータの推定, 関 勝寿, 農業農村工学会平成26年度全国大会,   2014年08月27日
  • Contamination of soil with radiocesium emitted from Fukushima Daiichi Power Plant, Seki, K., Joint Conference of JSPS and Maison Universitaire France Japon,   2013年11月25日, 招待有り
  • A program for fitting soil water retention curves with 5 models including a new bimodal lognormal pore-size distribution model, Seki, K., Japan Geoscience Union Meeting,   2007年05月
  • Soil hydrological properties of Andisols in Japan in relation to the dispersion-coagulation behavior, Seki, K. T. Miyazaki, H. Imoto and M. Mizoguchi, 18th World Congress of Soil Science,   2006年07月15日
  • Flow characteristics in permeable reactive barrier affected by biological clogging, Seki, K., J. Hanada, T. Miyazaki, American Geophysical Union Fall Meeting,   2004年12月
  • Gaseous methane dynamics in a waterlogged peat soil, Tokida, T.. K. Seki and T. Miyazaki, Soil Science Society of America,   2004年11月
  • Four models of bioclogging describing anisotropy of hydraulic conductivity in one dimensional flow system, Seki, K., J. Hanada and T. Miyazaki, American Geophysical Union Spring Meeting,   2002年05月
  • The anisotropy of hydraulic conductivity and column clogged by micobes, Hanada, J., K. Seki and T. Miyazaki, American Geophysical Union Sprint Meeting,   2002年05月
  • A Prototype of Japanese Soil Database on Internet, Seki, K., K. NodaM. MizoguchiT. Miyazaki, Annual Meetings of American Society of Agronomy, Crop Science Society of America and Soil Science Society of America,   2001年11月
  • Effect of microorganisms on hydraulic conductivity decrease, Seki, K. and T. Miyazaki, Annual Meetings of American Society of Agronomy, Crop Science Society of America and Soil Science Society of America,   2000年11月

作品

  • SWRC Fit - 土壌水分特性曲線の非線形回帰プログラム -, 関 勝寿, Webサービス, 土壌水分特性のデータを、モデルによって近似し、土壌水分特性パラメータを決定することができるフリーソフトを公開しています。 このプログラムには、以下のような特徴があります。(1)複数の土壌水分特性モデルに対して、レーベンバーグ・マルカート法によるパラメータの決定ができる。(2)パラメータの初期値や増分割合の設定を、プログラムが自動的に行うため、ユーザーはデータを入力してプログラムを実行するだけで良い。(3)数値計算言語 GNU Octave によって記述されている。(4)Windows, Mac OS X, Linux, UNIX等、GNU Octaveが動作する様々なOSで動かすことができる。 WebインターフェイスによりGNU Octaveをインストールすることなく簡便に実行できる。

特許

  • 土壌内雨水貯留浸透施設, 宮崎毅・溝口勝・関勝寿・井本博美・宮澤博・下山朋幸・中谷耕太郎, 特開2004-162411

受賞

  •   2006年, 農業土木学会研究奨励賞受賞

競争的資金

  • 中小企業診断士養成コースの中小企業向け教材開発について, 特別研究(教育システム開発共同研究)
  • 微生物の局所的偏在性効果が土壌の物理性に及ぼす影響に関する研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B)), 関 勝寿, 微生物の土粒子上における局所的偏在効果により、クロッギング現象に透水性の異方性が発現することを、昨年度は5cm角の立方体カラムおよび暑さ1cmの直方体カラムを用いたカラム実験により検証した。その実験結果を元に、異方性のモデルを作成した。1つ目のモデルは、カラム全体に均質かつ異方的に透水係数の低下が起こるという1層モデルである。この異方性は微生物の局所的偏在効果によって説明される。実験結果の詳細な分析により、このモデルでは完全に説明ができないことが示された。2つ目のモデルは、クロッギングの起きた層と起きなかった層の2層が形成されるという2層モデルであり、3つ目のモデルは、クロッギングが著しく起きた層と、わずかに起きた層、起きなかった層の3層が形成されるという3層モデルである。いずれのモデルでも実験結果を説明することはできた。このことは、透水性の異方性には、微視的な局所的偏在効果だけではなく、層の形成による巨視的な異方性があることを示している。後者の巨視的な異方性については、従来クロッギングの層厚が数ミリメートルと大変薄く、層厚と透水係数を実測することが困難であることが問題視されている。2層モデルおよび3層モデルでも、この点がネックであった。そこで、4つ目のモデルとして、クロッギング係数(クロッギング層内の透水係数/クロッギング層厚)を定義した。クロッギング係数を用いることで、層厚および透水係数を測定することなく、クロッギングの程度を示すことができ、クロッギングの起きた土壌の透水性を記述することができる。すなわち、鉛直一次元流れにおける薄層クロッギング現象について、統一的な記述をすることができるようになった。この理論を、たとえばクロッギングが問題視されている揚水井のような円筒座標系といった、異種の流れの場にいかに適用していくかを、今後の課題とする。

その他

  •   2017年05月, 全学 自然科学委員会 委員長 (2017年度〜)
  •   2016年04月, 経営学部 情報教育検討委員会 副委員長 (2016年度〜)
  •   2016年04月, 経営学部 自己点検・評価委員会 委員長 (2016年度〜)
  •   2014年04月, 経営学部 FD委員会 副委員長 (2009〜2010, 2014〜2015年度)
  •   2010年04月, 経営学部 HP・広報・企画委員会 委員長 (2010~2012年度)

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 環境の科学, 東洋大学
  • 土壌物理環境実験, 東京大学
  • 環境を考えるA, 北里大学
  • 生活科学, 松戸市立病院看護専門学校
  • 情報処理実習A・D・E・F, 東洋大学
  • 数理情報実習講義A・B, 東洋大学
  • ファイナンス数学基礎・応用, 東洋大学
  • 応用解析及び演習, 東京大学