詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

宮村 健一郎ミヤムラ ケンイチロウ

所属・担当
経営学部会計ファイナンス学科
経営学研究科ビジネス・会計ファイナンス専攻
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/11/07

研究者基本情報

学歴

  •  - 1989年, 一橋大学, 商学研究科
  •  - 1981年, 一橋大学, 商学部

学位

  • 商学修士

所属学協会

  • 生活経済学会
  • 金融学会

委員歴

  •   2019年04月 - 現在, 郵便貯金・簡易生命保険管理機構, 契約監視委員会委員
  •   2018年04月 - 現在, 金融構造研究会(全国地方銀行協会), 幹事
  •   2017年06月 - 2019年06月, 生活経済学会, 副会長
  •   2017年03月 - 現在, Investment Management and Financial Innovations, editor
  •   2013年06月 - 2019年06月, 生活経済学会, 理事
  •   2011年04月 - 2013年03月, 総務省独立行政法人評価委員会専門委員
  •   2005年06月 - 2011年06月, 生活経済学会, 理事
  •   2008年03月 - 2010年, 金融審議会専門委員(第二部会協同組織金融機関のあり方に関するWGにおける調査・審議)
  •   2008年01月 - 2008年03月, 独立行政法人福祉医療機構・年金担保研究会委員
  •   2007年01月 - 2007年03月, 住宅金融公庫研究員
  •   2005年07月 - 2007年, 全国信用金庫協会研究員
  •   2003年10月 - 2007年, 郵便貯金振興会研究員
  •   1994年04月 - 2002年, 全国信用金庫協会研究会委員
  •   1997年11月 - 1998年10月, 経済審議会特別委員(経済主体役割部会WG
  •   1992年04月 - 1994年03月, 全国銀行協会連合会金融調査研究会研究員

経歴

  •   2018年04月 - 現在, 東洋大学, 大学院経営学研究科, 研究科長
  •   2015年04月 - 2018年03月, 東洋大学, 経営学部会計ファイナンス学科, 学科長
  •   2006年04月 - 2007年04月, 東洋大学, 経営学部会計ファイナンス学科, 学科長
  •   2003年04月 - 2006年03月, 東洋大学, 経営学部マーケティング学科, 学科長
  •   2003年04月 - 現在, 東洋大学, 経営学部, 教授
  •   1996年04月 - 2003年03月, 東洋大学, 経営学部, 助教授
  •   1991年04月 - 1996年03月, 東洋大学, 経営学部, 専任講師
  •   1989年04月 - 1991年03月, 徳島大学, 総合科学部, 専任講師

研究活動情報

研究分野

  • 経営学, 商学
  • 経済学, 財政学・金融論

研究キーワード

    銀行、信用金庫、信用組合, 渉外担当, 地域金融機関, サービス・マーケティング, サービスの見直し, 役務取引, 経費, 金融サービス業, ケース・スタディ, データ分析, 事例研究, 損益計算書分析, アンケート調査, リレーションシップ・バンキング, ヒアリング調査, 成長戦略, インタラクティブ・マーケティング, 地銀, eファイナンス, 中小企業専門金融機関, 信用金庫, 地方銀行, 金融マーケティング

論文

  • P2Pレンディングと中小企業金融, 宮村 健一郎, 東洋大学経営論集, (93) ,   2019年03月
  • アメリカ銀行業のP2Pレンディング戦略 , 宮村 健一郎, 成城大学社会イノベーション研究, 12, (1) 145 - 164,   2017年02月
  • アンケート調査に基づく信用金庫の適正規模の分析, 宮村 健一郎, 現代会計ファイナンス研究の潮流,   2016年11月
  • 大学生に対する金融教育アンケートの分析, 宮村 健一郎 他, 生活経済学研究, 44, 57 - 68,   2016年09月
  • 銀行業に参入したアメリカ大手保険会社, 宮村 健一郎, 季刊 個人金融, (冬) ,   2015年02月
  • The impact of the financial crisis on foreign banks operating in the U.S., Kenichiro Miyamura, Edward C. Lawrence, Banks and Bank Systems, 9, (2) 29 - 50,   2014年06月
  • アメリカ保険会社の銀行業への進出, 宮村 健一郎, 『経営論集』(東洋大学経営学部), (81) 221 - 234,   2013年03月
  • アメリカ大銀行の保険クロスセル戦略, 宮村 健一郎, 『経営論集』(東洋大学経営学部), (80) 87 - 102,   2012年11月
  • 協同組織金融機関ワーキング・グループ中間論点整理報告書」と審議経過, 宮村 健一郎, 『金融構造研究』(金融構造研究会・社団法人地方銀行協会), (32) 31 - 40,   2010年05月18日
  • 信用金庫の営業戦略とパフオーマンスヘの影響, 宮村 健一郎, 『生活経済学研究』 生活経済学会, 28, 1 - 14,   2008年09月
  • アメリカ金融機関にみる大衆層戦略, 宮村 健一郎, 『季刊個人金融』 (財)郵便貯金振興会,   2006年12月
  • アメリカ銀行業の保険戦略, 宮村 健一郎, 『経営論集』(東洋大学), (63) 141 - 158,   2004年11月
  • 信用金庫のリテールマーケティング戦略と収益性, 宮村 健一郎、住谷 宏, 『経営論集』(東洋大学), (60) 1 - 25,   2003年03月
  • 情報技術と金融制度, 宮村 健一郎, 『情報系』OA学会誌, 12 - 18,   2003年03月
  • リテール金融サービスと情報技術, 宮村 健一郎, 『経営研究所論集』(東洋大学), (26) 183 - 202,   2003年02月
  • アメリカインターネット専業銀行の新ビジネスモデル, 宮村 健一郎, 『経営論集』(東洋大学), (57) 1 - 17,   2002年11月
  • みずほ銀行の今後, 宮村 健一郎, 『情報系』OA学会誌, 1 - 6,   2002年07月
  • 地域金融機関のマーケティングに関する一考察, 宮村 健一郎、住谷 宏, 今村有里子, 『経営研究所論集』(東洋大学), (25) 87 - 103,   2002年02月
  • 米銀の個人向けインターネットバンキングとわが国金融機関への含意, 東洋大学経営研究所論集, (24) ,   2001年
  • 協同組織金融機関におけるコーポレートガバナンス, 宮村 健一郎, 『経営論集』(東洋大学),   2000年03月
  • 地域金融機関の地域金融機関性, 宮村 健一郎, 『経営研究所論集』(東洋大学),   2000年02月
  • 金融・証券分野における業態別業界団体の競争制限問題, 経営研究所論集, (22) ,   1999年
  • 国際金融・資本市場における金融機関の意思決定が途上国の輸入に及ぼす効果, 宮村 健一郎, 『経営論集』(東洋大学),   1998年11月
  • 協同組織金融機関に対する税制上優遇措置の経済的根拠に関する実証分析, 宮村 健一郎, 『経営研究所論集』(東洋大学),   1998年03月
  • 労働金庫の合併に関する規模の経済性, (東洋大学)経営論集, (42) ,   1996年
  • 為替レート決定に関するポートフォリオ・バランス・モデルのミクロ的基礎, (東洋大学)経営研究所論集, (19) ,   1996年
  • 国際債発行市場の国別・通貨別比較分析, 宮村 健一郎, 『経営研究所論集』(東洋大学),   1995年02月
  • 国際金融・資本市場からの資金調達が各国の輸入に及ぼす効果, 宮村 健一郎, 『経営研究所論集』(東洋大学),   1994年02月
  • Risks in Banking and Risk Reduction Measures in Japanese Financial System, 宮村 健一郎, 『経営研究所論集』(東洋大学),   1993年02月
  • 信用組合の費用と規模の経済性, 宮村 健一郎, 『住宅問題研究』住宅問題研究会,   1992年10月
  • 都内信用組合の規模の経済性, 住宅問題研究, 8, (6) ,   1992年
  • 信用金庫の費用と規模の経済性, 東洋大学経営論集, 38,   1992年
  • 流動性制約と国際マクロ経済モデル, 宮村 健一郎, 『社会科学研究』(徳島大学),   1991年02月
  • 預金貨幣流通に伴う定常状態消費の損失、及び決済性銀行預金金利と債権金利の本質的な差異, 宮村 健一郎, 『社会科学研究』徳島大学総合科学部,   1990年02月
  • 財政支出と交易条件の一時的要素と恒常的要素が経常収支に及ぼす効果, 宮村 健一郎, 『月刊金融ジャーナル』金融ジャーナル社,   1988年10月
  • 消費者実質金利の国際的な乖離と異時的な交易条件変化, 宮村 健一郎, 『一橋論叢』日本評論社,   1988年07月
  • ユーロ市場の信用創造-信用乗数アプローチとポートフォリオ・アプローチの統合, 一橋研究, 12, (4) ,   1988年
  • 原油相対価格上昇の実質金利に与える影響, 宮村 健一郎, 『月刊金融ジャーナル』金融ジャーナル社,   1987年03月

MISC

  • ガバナンス 信金トップの世襲は9%, 宮村 健一郎, 週刊エコノミスト,   2017年12月, 招待有り
  • 顧客特性への大胆な対応, 宮村 健一郎, 月刊金融ジャーナル,   2017年08月, 招待有り
  • 村本孜著「信用金庫論」, 宮村 健一郎, 金融経済研究, (39) 93 - 95,   2017年03月, 招待有り
  • 信金・信組ガバナンスの現状, 宮村 健一郎, 月刊金融ジャーナル,   2012年05月, 招待有り
  • プラスアルファの追求・発掘で独自性を, 宮村 健一郎, 月刊金融ジャーナル,   2010年08月, 招待有り
  • 金融危機下の協同組織金融機関の役割と今後の姿, 宮村 健一郎, 月刊ファイナンシャルコンプライアンス,   2010年05月, 招待有り

書籍等出版物

  • 金融サービスの販売チャネル
    宮村 健一郎、成城大学社会イノベーション学部村本孜
    』(財)郵便貯金振興会貯蓄経済研究室  2007年06月
  • 金融機関の新しいビジネスモデル-郵便貯金への示唆-
    宮村 健一郎、成城大学社会イノベーション学部村本孜
    (財)郵便貯金振興会貯蓄経済研究室  2006年10月
  • 個人・小口預金者とチャネル戦略
    宮村 健一郎、(財)郵便貯金振興会 村本孜
    (財)郵便貯金振興会  2004年01月
  • アメリカのeバンキング
    宮村 健一郎
    有斐閣  2003年02月
  • サイバーマーケティング
    宮村 健一郎
    中央経済社  2001年05月
  • 国際金融論
    宮村 健一郎
    八千代出版  1996年03月
  • 証券分析の基礎
    宮村 健一郎
    有斐閣  1995年12月
  • 日本の金融経済
    宮村 健一郎
    有斐閣  1995年10月
  • 新国際金融論
    有斐閣  1993年
  • 信用金庫40年史
    宮村 健一郎
    社団法人全国信用金庫協会  1992年12月
  • 金融経済用語辞典
    経済法令研究会  1990年

講演・口頭発表等

  • アメリカ銀行業のP2Pレンディング戦略, 宮村 健一郎, 生活経済学会中四国・九州部会,   2018年12月01日, 招待有り
  • 生活経済学会会員11大学の調査からみる日本の大学における金融経済教育, 宮村 健一郎, 生活経済学会第32回研究大会,   2016年06月26日, 招待有り
  • 大学生に関する金融教育アンケートの概要, 宮村 健一郎, 日本FP学会第16回大会,   2015年09月12日
  • 銀行と保険会社の銀行・保険クロスセル戦略, 宮村 健一郎, 生活経済学会、関東部会,   2012年12月01日
  • アンケート調査に基づく信用金庫の適正規模の推定, 宮村 健一郎, 生活経済学会20年度研究大会 関西学院大学,   2008年06月08日
  • 信用金庫の渉外活動, 宮村 健一郎, 生活経済学会19年度研究大会 沖縄県青年会館,   2007年02月21日
  • ITが変えたアメリカ金融制度, 宮村 健一郎, 生活経済学会関東部会(メルパルク東京),   2003年10月
  • 協同組織のコーポレートガバナンス, 宮村 健一郎, 金融学会秋季大会(関西学院大学),   2002年11月
  • アメリカインターネット専業銀行の新ビジネスモデル, 宮村 健一郎, OA学会第45回全国大会(富山大学),   2002年10月
  • 国際金融・資本市場と中進国の輸入行動について, 宮村 健一郎, 金融学会春季大会 千葉商科大学,   1997年05月31日
  • Risks in Banking and Risk Reduction Policy in JapanRisks in Banking and Risk Reduction Policy in Japan, 宮村 健一郎, 日本オフィスオートメーション学会と韓国経営情報システム学会との国際学会  ソウル大学,   1992年06月12日
  • 信用金庫と信用組合の費用関数について, 宮村 健一郎, 金融学会関東部会  明治大学研究棟,   1992年05月23日
  • キャッシュ・イン・アドバンスモデルによる預金貨幣流通に関する分析, 宮村 健一郎, 金融学会春季大会  中央大学駿河台記念館,   1990年06月02日

競争的資金

  • アメリカ保険会社の銀行業進出戦略, かんぽ財団生命保険に関する調査研究, 宮村 健一郎
  • アメリカ銀行の保険クロスセル戦略, かんぽ財団生命保険に関する調査研究報告, 宮村 健一郎, 2012年度に生活経済学会関東部会で発表および『経営論集』で発表
  • 金融サービスの販売チャネル, 村本孜・宮村健一郎, (財)郵便貯金振興会, (財)郵便貯金振興会から共著書として出版
  • 金融機関の新しいビジネスモデル, 村本孜・宮村健一郎, (財)郵便貯金振興会, (財)郵便貯金振興会から共著書として出版
  • 信用金庫の渉外行動と成長, 特別研究(共同研究), 宮村 健一郎
  • 個人・小口預金者とチャネル戦略, 村本孜・宮村健一郎, (財)郵便貯金振興会, 2004年11月、共著書として(財)郵便貯金振興会から出版
  • eファイナンス
  • eファイナンス
  • 国際金融資本市場に関する実証研究

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 国際金融論, 徳島大学
  • マクロ経済学, 東洋大学
  • 国際経済論, 東洋大学
  • 金融論, 東洋大学、徳島大学、専修大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • editor, 編集, Business Perspectives,   2017年03月01日