詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

加藤 和則カトウ カズノリ

所属・担当
理工学部生体医工学科
生体医工学研究センター
工業技術研究所
バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター
理工学研究科生体医工学専攻
ライフイノベーション研究所
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/05/16

研究者基本情報

学歴

  •  - 1987年, 東北大学
  •  - 1991年, 東北大学
  •  - 1985年, 東北大学

学位

  • 博士(薬学)
  • 修士(薬学)

所属学協会

  • アメリカ癌学会
  • 日本遺伝子治療学会
  • 日本免疫学会
  • 日本癌学会

経歴

  •   2011年 - 2013年, 東洋大学, 理工学部, 教授

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学, 免疫学
  • 境界医学, 病態検査学
  • 内科系臨床医学, 膠原病・アレルギー・感染症内科学
  • 内科系臨床医学, 血液内科学
  • 外科系臨床医学, 産婦人科学
  • 外科系臨床医学, 泌尿器科学

研究キーワード

    遺伝子治療, CD48, CD40リガンド, CD2, Bリンパ球性白血病, 膀胱癌, CD58, 細胞間接着分子, 骨髄性白血病, レチノイン酸, 抗体, T細胞刺激補助分子, 川崎病, 全身性エリテマトーデス, 血漿交換カラム, 癌幹細胞, エクソソーム, 腫瘍マーカー, Ly-9, 大腸がん, MMP阻害剤, メタロプロテアーゼ阻害剤, RNA安定性, 癌抗原, メタプロテアーゼ阻害剤, 検査・診断, バイオマーカー, 血管新生因子, 膀胱がん, リウマチ性血管炎, 免疫学, 創薬科学, 生体医工学, 遺伝子治療 腫瘍免疫学

論文

  • An Agonistic Antibody to EPHA2 Exhibits Antitumor Effects on Human Melanoma Cells., Sakamoto A, Kato K, Hasegawa T, Ikeda S, Anticancer research, 38, (6) 3273 - 3282,   2018年06月
  • Trapping and proliferation of target cells on C60 fullerene nano fibres., Iwai S, Kurosu S, Sasaki H, Kato K, Maekawa T, Heliyon, 3, (8) ,   2017年08月
  • Elevated serum levels of soluble CD146 in patients with systemic sclerosis., Ito T, Tamura N, Okuda S, Tada K, Matsushita M, Yamaji K, Kato K, Takasaki Y, Clinical rheumatology, 36, (1) 119 - 124,   2017年01月
  • Cell Surface Antibody Retention Influences In Vivo Antitumor Activity Mediated by Antibody-dependent Cellular Cytotoxicity., Ikeda M, Kato K, Yamaguchi M, Hamada H, Nakamura K, Sugimoto Y, Anticancer research, 36, (11) 5937 - 5944,   2016年11月
  • Aminopeptidase N (APN/CD13) as a target molecule for scirrhous gastric cancer., Nohara S, Kato K, Fujiwara D, Sakuragi N, Yanagihara K, Iwanuma Y, Kajiyama Y, Clinics and research in hepatology and gastroenterology, 40, (4) 494 - 503,   2016年09月
  • Pr1E11, a novel anti-TROP-2 antibody isolated by adenovirus-based antibody screening, recognizes a unique epitope., Ikeda M, Yamaguchi M, Kato K, Nakamura K, Shiina S, Ichikawa-Ando T, Misaka H, Myojo K, Nakamura K, Sugimoto Y, Hamada H, Biochemical and biophysical research communications, 458, (4) 877 - 882,   2015年03月
  • The usefulness of three-dimensional cell culture in induction of cancer stem cells from esophageal squamous cell carcinoma cell lines., Fujiwara D, Kato K, Nohara S, Iwanuma Y, Kajiyama Y, Biochemical and biophysical research communications, 434, (4) 773 - 778,   2013年05月
  • Heme oxygenase-1 (HO-1) is constitutively up-regulated in top alpinists., Miura G, Kato K, Shimizu T, Shiga D, Shirasawa T, Biochemical and biophysical research communications, 417, (1) 104 - 108,   2012年01月
  • Elicitation of both anti HIV-1 Env humoral and cellular immunities by replicating vaccinia prime Sendai virus boost regimen and boosting by CD40Lm., Zhang X, Sobue T, Isshiki M, Makino S, Inoue M, Kato K, Shioda T, Ohashi T, Sato H, Komano J, Hanabusa H, Shida H, PloS one, 7, (12) ,   2012年
  • Epigenetic modulation enhances the therapeutic effect of anti-IL-13R(alpha)2 antibody in human mesothelioma xenografts., Takenouchi M, Hirai S, Sakuragi N, Yagita H, Hamada H, Kato K, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 17, (9) 2819 - 2829,   2011年05月
  • Neural cell adhesion molecule 2 as a target molecule for prostate and breast cancer gene therapy., Takahashi S, Kato K, Nakamura K, Nakano R, Kubota K, Hamada H, Cancer science, 102, (4) 808 - 814,   2011年04月
  • Interleukin-2 gene transfer potentiates the alpha-galactosylceramide-stimulated antitumor effect by the induction of TRAIL in NKT and NK cells in mouse models of subcutaneous and metastatic carcinoma., Nishihori Y, Kato K, Tanaka M, Okamoto T, Hagiwara S, Araki N, Kogawa K, Kuribayashi K, Nakamura K, Niitsu Y, Cancer biology & therapy, 8, (18) 1763 - 1770,   2009年09月
  • Targeting vectors for cancer gene therapy., Nakamura K, Kato K, Tanaka T, Hamada H, Frontiers in bioscience (Elite edition), 1, 332 - 340,   2009年06月
  • Emerging concepts in biomarker discovery; the US-Japan Workshop on Immunological Molecular Markers in Oncology., Tahara H, Sato M, Thurin M, Wang E, Butterfield LH, Disis ML, Fox BA, Lee PP, Khleif SN, Wigginton JM, Ambs S, Akutsu Y, Chaussabel D, Doki Y, Eremin O, Fridman WH, Hirohashi Y, Imai K, Jacobson J, Jinushi M, Kanamoto A, Kashani-Sabet M, Kato K, Kawakami Y, Kirkwood JM, Kleen TO, Lehmann PV, Liotta L, Lotze MT, Maio M, Malyguine A, Masucci G, Matsubara H, Mayrand-Chung S, Nakamura K, Nishikawa H, Palucka AK, Petricoin EF, Pos Z, Ribas A, Rivoltini L, Sato N, Shiku H, Slingluff CL, Streicher H, Stroncek DF, Takeuchi H, Toyota M, Wada H, Wu X, Wulfkuhle J, Yaguchi T, Zeskind B, Zhao Y, Zocca MB, Marincola FM, Journal of translational medicine, 7,   2009年06月
  • Selective gene transfer into neurons via Na,K-ATPase beta1. Targeting gene transfer with monoclonal antibody and adenovirus vector., Ishii K, Nakamura K, Kawaguchi S, Li R, Hirai S, Sakuragi N, Wada T, Kato K, Yamashita T, Hamada H, The journal of gene medicine, 10, (6) 597 - 609,   2008年06月
  • Cancer-targeting gene therapy using tropism-modified adenovirus., Tanaka T, Kuroki M, Hamada H, Kato K, Kinugasa T, Shibaguchi H, Zhao J, Kuroki M, Anticancer research, 27, (6A) 3679 - 3684,   2007年11月
  • Gene transfer of noncleavable cell surface mutants of human CD154 induces the immune response and diminishes systemic inflammatory reactions., Masuta Y, Kato K, Tomihara K, Nakamura K, Sasaki K, Takahashi S, Hamada H, Journal of immunotherapy (Hagerstown, Md. : 1997), 30, (7) 694 - 704,   2007年10月
  • Exploration of target molecules for prostate cancer gene therapy., Suzuki K, Nakamura K, Kato K, Hamada H, Tsukamoto T, The Prostate, 67, (11) 1163 - 1173,   2007年08月
  • Wnt3/RhoA/ROCK signaling pathway is involved in adhesion-mediated drug resistance of multiple myeloma in an autocrine mechanism., Kobune M, Chiba H, Kato J, Kato K, Nakamura K, Kawano Y, Takada K, Takimoto R, Takayama T, Hamada H, Niitsu Y, Molecular cancer therapeutics, 6, (6) 1774 - 1784,   2007年06月
  • Gene transfer of the CD40-ligand to human dendritic cells induces NK-mediated antitumor effects against human carcinoma cells., Tomihara K, Kato K, Masuta Y, Nakamura K, Tanaka T, Hiratsuka H, Hamada H, International journal of cancer, 120, (7) 1491 - 1498,   2007年04月
  • Metalloprotease inhibitors block release of soluble CD27 and enhance the immune stimulatory activity of chronic lymphocytic leukemia cells., Kato K, Chu P, Takahashi S, Hamada H, Kipps TJ, Experimental hematology, 35, (3) 434 - 442,   2007年03月
  • Neural differentiation potential of peripheral blood- and bone-marrow-derived precursor cells., Kim S, Honmou O, Kato K, Nonaka T, Houkin K, Hamada H, Kocsis JD, Brain research, 1123, (1) 27 - 33,   2006年12月
  • Age-related alteration of neurturin receptor GFRa2 and nNOS in pelvic ganglia., Hisasue S, Kato R, Suetomi T, Kato K, Suzuki K, Kobayashi K, Itoh N, Kiyama H, Tsukamoto T, Neurobiology of aging, 27, (10) 1524 - 1530,   2006年10月
  • Delivery of condensed DNA by liposomal non-viral gene delivery system into nucleus of dendritic cells., Nakamura T, Moriguchi R, Kogure K, Minoura A, Masuda T, Akita H, Kato K, Hamada H, Ueno M, Futaki S, Harashima H, Biological & pharmaceutical bulletin, 29, (6) 1290 - 1293,   2006年06月
  • Carcinoembryonic antigen-targeted selective gene therapy for gastric cancer through FZ33 fiber-modified adenovirus vectors., Tanaka T, Huang J, Hirai S, Kuroki M, Kuroki M, Watanabe N, Tomihara K, Kato K, Hamada H, Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research, 12, (12) 3803 - 3813,   2006年06月
  • Murine androgen-independent neuroendocrine carcinoma promotes metastasis of human prostate cancer cell line LNCaP., Uchida K, Masumori N, Takahashi A, Itoh N, Kato K, Matusik RJ, Tsukamoto T, The Prostate, 66, (5) 536 - 545,   2006年04月
  • Bcl-xL gene transfer inhibits Bax translocation and prolongs cardiac cold preservation time in rats., Huang J, Nakamura K, Ito Y, Uzuka T, Morikawa M, Hirai S, Tomihara K, Tanaka T, Masuta Y, Ishii K, Kato K, Hamada H, Circulation, 112, (1) 76 - 83,   2005年07月
  • Mesenchymal stem cells (MSC) as therapeutic cytoreagents for gene therapy., Hamada H, Kobune M, Nakamura K, Kawano Y, Kato K, Honmou O, Houkin K, Matsunaga T, Niitsu Y, Cancer science, 96, (3) 149 - 156,   2005年03月
  • The mouse natural killer T cell-associated antigen recognized by U5A2-13 monoclonal antibody is intercellular adhesion molecule-1., Shimizu A, Sasaki H, Aoyagi K, Yoshida M, Kato K, Heike Y, Ikarashi Y, Shirakawa K, Takaue Y, Miyajima A, Terada M, Nagai H, Wakasugi H, Immunology letters, 92, (3) 227 - 235,   2004年04月
  • CD154 expression and mRNA stability of activated CD4-positive T cells in patients with systemic lupus erythematosus., Takaya M, Tamura N, Kato K, Kobayashi S, Haruta K, Tajima M, Hara M, Yang KS, Tsuda H, Hashimoto H, Modern rheumatology, 13, (3) 220 - 226,   2003年09月
  • Increased expansion of V alpha 24+ T cells derived from G-CSF-mobilized peripheral blood stem cells as compared to peripheral blood mononuclear cells following alpha-galactosylceramide stimulation., Asada-Mikami R, Heike Y, Harada Y, Kanai S, Ikarashi Y, Kato K, Shirakawa K, Takaue Y, Abe T, Wakasugi H, Cancer science, 94, (4) 383 - 388,   2003年04月
  • U5A2-13, an antigen originally found on mouse NK-like T cells, is an early inducible cell surface antigen during lymphoid activation., Kato K, Ikarashi Y, Sugahara T, Yasumoto A, Sancho D, Yoshida M, Takaue Y, Kobayashi Y, Sánchez-Madrid F, Wakasugi H, Cellular immunology, 221, (1) 27 - 36,   2003年01月

MISC

  • 多発性筋炎/皮膚筋炎における血清CD146の検討, 渡邉 萌理, 五野 貴久, 阿部 麻衣, 渡邊 晋二, 矢部 寛樹, 桑名 正隆, 加藤 和則, 寺井 千尋, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 62回,   2018年03月
  • 暑熱ストレスによる血管内皮細胞障害を抑制する機能成分の研究, 新地 大樹, 越塚 草太, 加藤 和則, 生命科学系学会合同年次大会, 2017年度,   2017年12月
  • 柑橘系抗酸化物質による動脈硬化抑制分子機序の検討, 齋藤 容一朗, 加藤 和則, 生命科学系学会合同年次大会, 2017年度,   2017年12月
  • ファイトケミカルによる肝細胞内の脂肪蓄積抑制効果の研究, 中野 将, 加藤 和則, 生命科学系学会合同年次大会, 2017年度,   2017年12月
  • ノビレチンはPin1阻害作用により微小管阻害薬の抗腫瘍効果を増強する, 山崎 拓実, 本間 将啓, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 76回,   2017年09月
  • 各種固形がんにおける可溶化B7-H3の血清バイオマーカーとしての有用性検討, 田中 宏幸, 近藤 忠宗, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 76回,   2017年09月
  • 線維症におけるIL-13α2受容体の機能と抗酸化成分による制御, 鈴木 貴也, 内田 慶, 加藤 和則, 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回,   2015年12月
  • スルフォラファンによる活性化マクロファージからのEMT関連サイトカイン産生の抑制, 名嘉 英仁, 加藤 和則, 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回,   2015年12月
  • ヒト癌細胞の浸潤転移に係わるカルボキシペプチダーゼMの機能解析, 工藤 裕司, 福田 潤巨, 加藤 和則, 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回,   2015年12月
  • 微小管重合阻害剤の抗腫瘍効果を高めるノビレチンの作用機序の解析, 本間 将啓, 大森 教由, 加藤 和則, 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回,   2015年12月
  • DSS大腸炎マウスモデルにおけるInterleukin-22(IL-22)による腸管上皮細胞の再生とバリアー機構の破綻, 朝平 淳也, 五十嵐 美徳, 今井 俊夫, 岡本 康司, 加藤 和則, 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集, 88回・38回,   2015年12月
  • スルフォラファンによる活性化マクロファージと食道癌細胞からのEMT関連サイトカイン産生の抑制, 名嘉 英仁, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 74回,   2015年10月
  • 各種抗がん剤との併用におけるノビレチンの相反的な抗腫瘍効果, 本間 将啓, 大森 教由, 工藤 裕司, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 74回,   2015年10月
  • 低酸素関連炭酸脱水酵素XIIの遺伝子発現サイレンシングによる膵臓がん細胞の増殖抑制効果, 越塚 草太, 野口 隆之, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 74回,   2015年10月
  • 前立腺がんの新規血清バイオマーカー可溶化EphA2の解析, 近藤 忠宗, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 74回,   2015年10月
  • ベーチェット病 ベーチェット病における血清バイオマーカーCD146の解析, 奥田 小百合, 伊東 朋子, 田村 直人, 多田 久里守, 山路 健, 高崎 芳成, 加藤 和則, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 59回,   2015年03月
  • MCTD・強皮症 強皮症における血清CD146の検討, 伊東 朋子, 田村 直人, 奥田 小百合, 多田 久里守, 山路 健, 加藤 和則, 高崎 芳成, 日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集, 59回,   2015年03月
  • インターロイキン-22は3D培養腸管上皮細胞の細胞極性および防御機構を破壊する(Interleukin-22 disrupts cell polarity and barrier function of intestinal epithelial cell in 3D cell culture models), 五十嵐 美徳, 朝平 淳也, 松山 卓哉, 塩川 大介, 加藤 和則, 今井 俊夫, 中釜 斉, 岡本 康司, 日本癌学会総会記事, 73回,   2014年09月
  • ファイトケミカルによるオンコスタチンM誘導性食道癌細胞の浸潤と遊走能の抑制効果(Inhibitory effect of phytochemicals on Oncostatin-M-induced tumor invasion and migration in esophageal carcinoma), 名嘉 英仁, 高橋 祐子, 松原 久裕, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 73回,   2014年09月
  • 食道癌細胞の増殖とEMT制御転移能に与えるカルボキシペプチダーゼMの関与(Contribution of carboxypeptidase M to tumor growth and metastasis by regulating EMT in esophageal carcinoma), 工藤 裕司, 福田 潤巨, 針谷 律子, 松原 久裕, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 73回,   2014年09月
  • メラノーマに対する抗EphA2抗体の抗腫瘍効果の解析(An agonistic antibody to EphA2 exhibits anti-tumor effect to human melanoma), 坂本 淳, 小嶋 太朗, 針谷 律子, 長谷川 敏男, 池田 志斈, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 73回,   2014年09月
  • 肺がん患者における可溶化EphA2のバイオマーカーとしての可能性(Soluble EphA2 is a potential biomarker for lung cancer patients), 近藤 忠宗, 湯本 宏希, 臼井 健人, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 73回,   2014年09月
  • NKT細胞リガンドはドナーT細胞の増殖を抑制することによって移植片対宿主病を制御する(Inhibition of graft-versus-host disease by NKT cell-ligand is attributed to suppression of donor T cell proliferation), 松山 卓哉, 今井 俊夫, 平家 勇司, 青木 一教, 加藤 和則, 金 成元, 中釜 斉, 五十嵐 美徳, 日本癌学会総会記事, 72回,   2013年10月
  • p53の蛋白分解を抑制するHSP90阻害剤は、アデノウイルスによるp53合成を減少させむしろその抗腫瘍効果を低下させる(An HSP90 inhibitor, which blocks p53 degradation, suppresses adenoviruses-mediated p53 production and the apoptosis), 柴 寛, 荻野 敦史, 多田 裕司, 関根 郁夫, 滝口 裕一, 巽 浩一郎, 島田 英昭, 廣島 健三, 加藤 和則, 山口 直人, 田川 雅敏, 日本癌学会総会記事, 72回,   2013年10月
  • 抗体工学による次世代バイオ創薬 薬剤運搬に適した腫瘍標的化抗体のスクリーニング法と創薬シーズ開発, 加藤 和則, 薬学雑誌, 133, (9) 931 - 938,   2013年09月
  • 多重染色フローサイトメトリー法を用いた各種糸球体腎炎の病態解析, 岩堀 徹, 清水 章, 永坂 真也, 加藤 和則, 奥村 康, 日本腎臓学会誌, 55, (3) 357 - 357,   2013年04月
  • 【Cosignal分子標的療法-from bench to bedside and back to bench-】 CD40-CD40リガンドを標的とした抗体医薬, 加藤 和則, 炎症と免疫, 21, (3) 195 - 200,   2013年04月, 免疫応答において共刺激分子間の相互作用は抗原特異的認識機構と同様に必須であり、その機能を正または負に調節することによりさまざまな免疫応答を人為的に制御することが可能である。CD40およびCD40リガンド(CD154)の相互作用も、免疫初期反応から後期段階までさまざまな免疫担当細胞間のシグナル伝達に関与する重要な分子であることから、免疫疾患などの標的対象となっている。本稿ではCD40のシグナル増強を目的とした免疫賦活効果およびCD40リガンドを標的とした免疫制御に関する基礎研究から最近の抗体医薬品開発についてまとめてみたい。(著者抄録)
  • 食道扁平上皮癌細胞株の3次元培養における癌幹細胞特性, 藤原 大介, 野原 茂男, 吉野 耕平, 服部 友香, 松森 聖, 柴本 峰彩子, 内田 隆行, 北野 裕巳, 富田 夏実, 天野 高行, 諫山 冬実, 岩沼 佳見, 松原 久裕, 加藤 和則, 梶山 美明, 日本外科学会雑誌, 114, (臨増2) 577 - 577,   2013年03月
  • CD13発現による腹膜播種胃癌細胞株の癌幹細胞解析, 野原 茂男, 藤原 大介, 吉野 耕平, 服部 友香, 松森 聖, 内田 隆行, 北野 裕巳, 柴本 峰彩子, 天野 高行, 諌山 冬実, 富田 夏実, 岩沼 佳見, 柳原 五吉, 加藤 和則, 梶山 美明, 日本外科学会雑誌, 114, (臨増2) 597 - 597,   2013年03月
  • 高所登山に置ける低酸素応答と高度純化に関する研究, 白澤 卓二, 加藤 和則, 三浦 豪太, 順天堂醫事雑誌, 59, (1) 91 - 91,   2013年02月
  • Symposium Review 薬剤運搬に適した腫瘍標的化抗体のスクリーニング法と創薬シーズ開発, 加藤 和則, 薬学雑誌, 133, (9) 931 - 938,   2013年
  • 薬剤運搬に適した腫瘍標的化抗体のスクリーニング法と創薬シーズ開発, 加藤 和則, YAKUGAKU ZASSHI, 133, (9) 931 - 938,   2013年,   Establishment of a system that allows selective drug delivery and gene silencing to a tumor is expected to enable targeted therapy. We constructed a genetically modified adenovirus incorporating an IgG Fc-binding motif from the Staphylococcus protein A, Z33 (Adv-FZ33). By cross-linking the Adv-FZ33 virus and the surface antigen molecules with the targeting monoclonal antibodies (mAbs), we attained highly enhanced gene deliveries into the respective antigen-positive cancer cells. Therefore, we aimed to establish a systematic screening method to search for antibody and cell surface target candidates that would provide highly selective anti-cancer reagents to malignant tumors. Using an Adv-FZ33, hybridoma libraries producing a variety of mAbs for human pancreatic, prostate, lung or ovarian carcinoma cells were screened, and we were able to selectively obtain several mAbs which had potent high affinity and recognized antigens of high structure. Within these mAbs, we have identified tumor cell target molecules including not only carcinoembryonic antigen (CEA), epithelial cell adhesion molecule (EpCAM), epidermal growth factor receptor (EGFR), prostate specific membrane antigen (PSMA) but also novel tumor surface target molecules such as phosphatidic acid phosphatase type 2a (PAP2a) and interleukin-13 receptor variant α2 (IL-13Rα2) as tumor antigens. Overall, these results indicate that this type of inductive method approach is a reliable strategy for screening in antibody therapy on par with antibody-dependent drug-delivery system.
  • 弱毒ワクシニアプライム、センダイウイルスブーストエイズワクチン法の免疫評価およびhCD40Lmアジュバント効果の検討, 張 険峰, 祖父江 友芳, 一色 真央, 牧野 俊一, 井上 誠, 加藤 和則, 塩田 達雄, 駒野 淳, 花房 秀次, 大橋 貴, 志田 壽利, 日本エイズ学会誌, 14, (4) 334 - 334,   2012年11月
  • サイドポピュレーションとALDH発現によるスキルス胃癌の癌幹細胞解析(Side population analysis and high aldehyde dehydrogenase activity in cancer stem cells of human scirrhous gastric cancer), 野原 茂男, 加藤 和則, 藤原 大介, 桜木 直也, 岩沼 佳見, 柳原 五吉, 梶山 美明, 日本癌学会総会記事, 71回,   2012年08月
  • 3次元培養における食道扁平上皮癌の幹細胞特性(Stemness property of the human esophageal squamous cell carcinoma in three-dimensional culture), 藤原 大介, 加藤 和則, 野原 茂男, 高橋 心之輔, 松原 久裕, 岩沼 佳見, 梶山 美明, 日本癌学会総会記事, 71回,   2012年08月
  • ハイスループット・フローサイトメトリー(HTFC)による抗マーモセットCD80機能性抗体の作成, 桜木 直也, 加藤 和則, 末水 洋志, 村山 康二, 垣生 園子, Cytometry Research, 22, (Suppl.) 77 - 77,   2012年06月
  • 抗体工学による次世代バイオ創薬 薬剤運搬に適した腫瘍標的化抗体のスクリーニング法と創薬シーズ開発, 加藤 和則, 中村 公則, 山口 美樹, 濱田 洋文, 日本薬学会年会要旨集, 132年会, (1) 164 - 164,   2012年03月
  • 高所登山における低酸素応答と高度順化に関する研究, 三浦 豪太, 加藤 和則, 白澤 卓二, 順天堂医学, 57, (5) 543 - 543,   2011年10月
  • アスリート形質をもたらすヘモグロビン変異に関する研究, 白澤 卓二, 三浦 豪太, 加藤 和則, 順天堂医学, 56, (4) 376 - 377,   2010年08月
  • 抗体療法 悪性中皮腫移植モデルに対するエピジェネティクス調節による抗IL13受容体α2抗体の抗腫瘍増強効果(Antibody therapy Epigenetic modulation enhances therapeutic effect of anti-IL13R alpha 2 antibody in human mesothelioma xenografts), 竹之内 信, 桜木 直也, 平井 幸恵, 八木田 秀雄, 濱田 洋文, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 69回,   2010年08月
  • 新規腫瘍マーカー尿中sCD147に対する特異的抗体を用いたサンドイッチELISA法の構築(The development of sandwich ELISA for urinary sCD147 using high sensitivity antibody), 橋口 朋代, 能勢 博, 品川 真吾, 濱田 洋文, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 69回,   2010年08月
  • 新技術を応用した癌研究の展開 ウイルス感染法を用いた創薬・診断シーズとしての癌標的抗体の樹立と応用研究, 加藤 和則, Cytometry Research, 19, (抄録集) 52 - 52,   2009年06月
  • HP-069-5 標的化抗体を用いた遺伝子治療法の開発(膵(治療2),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会), 砂村 眞琴, 加藤 和則, 濱田 洋文, 日本外科学会雑誌, 110,   2009年02月25日
  • 標的化抗体を用いた遺伝子治療法の開発, 砂村 眞琴, 加藤 和則, 濱田 洋文, 日本外科学会雑誌, 110, (臨増2) 512 - 512,   2009年02月
  • Z33アデノウイルスと抗MCSP抗体を介したメラノーマに対する遺伝子治療(Targeted gene therapy for melanoma using anti-MCSP antibody and Z33 fiber modified adenovirus vectors), 桜木 直也, 中村 公則, 平井 幸恵, 加藤 和則, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 67回,   2008年09月
  • 前立腺癌に対する遺伝子治療標的としてのNCAM2(Neural cell adhesion molecule 2 as a target molecule for prostate cancer gene therapy), 高橋 秀, 加藤 和則, 中村 公則, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 67回,   2008年09月
  • Interleukin-13 Receptor alpha2 Chain メラノーマの新規標的分子としての検討(Interleukin-13 Receptor alpha2 Chain as a Biomarker and Molecular Target for Melanoma), 中村 公則, 桜木 直也, 加藤 和則, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 67回,   2008年09月
  • ここまで進んだ抗体のトランスレーショナル・リサーチ、臨床応用 創薬・診断シーズとしての癌標的抗体の作製・選別と応用, 加藤 和則, 中村 公則, 濱田 洋文, 基盤的癌免疫研究会総会抄録, 12回,   2008年06月
  • 標的細胞への選択的遺伝子導入法の開発, 加藤 和則, 濱田 洋文, Drug delivery system, 22, (6) 628 - 635,   2007年11月10日, 筆者らは,プロテインA由来の33個ペプチド配列をファイバー部に組み込んだアデノウイルス(Adv-FZ33)を作製しその生物活性を検討してきた.さまざまなヒト腫瘍標的細胞と結合し,このファイバー変異型アデノウイルスを介した遺伝子導入効率を増強できる標的化抗体の網羅的な樹立法の開発に成功した.
  • 【臨床応用が迫る遺伝子治療の動向と国産技術の開発】 標的細胞への選択的遺伝子導入法の開発, 加藤 和則, 濱田 洋文, Drug Delivery System, 22, (6) 628 - 635,   2007年11月, 筆者らは、プロテインA由来の33個ペプチド配列をファイバー部に組み込んだアデノウイルス(Adv-FZ33)を作製しその生物活性を検討してきた。さまざまなヒト腫瘍標的細胞と結合し、このファイバー変異型アデノウイルスを介した遺伝子導入効率を増強できる標的化抗体の網羅的な樹立法の開発に成功した。(著者抄録)
  • 腫瘍免疫、移植免疫 ファイバー改変型アデノウイルスを用いた抗腫瘍標的抗体の樹立と応用, 加藤 和則, Annual Review免疫, 2008,   2007年11月
  • スーパー標的抗体によって認識される新規メラノーマ抗原IL-13受容体α2(Super-targeting antibody NS-66 recognizes a novel tumor antigen interleukin-13 receptor alpha 2 on human melamoma), 桜木 直也, 中村 公則, 加藤 和則, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 66回,   2007年08月
  • 前立腺癌遺伝子療法の標的遺伝子の探索(EXPLORATION OF TARGET MOLECULES FOR PROSTATE CANCER GENE THERAPY), 中村 公則, 加藤 和則, 鈴木 一弘, 塚本 泰司, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 66回,   2007年08月
  • Adv-FZ33を使った抗体依存的遺伝子導入における抗体サブクラスの重要性(Evaluation of Adv-FZ33 mediated gene transaction among anti-CEA Abs with different subclasses of mouse and human IgGs), 田中 俊裕, 趙 君, 黒木 求, 衣笠 哲史, 芝口 浩智, 加藤 和則, 濱田 洋文, 黒木 政秀, 日本癌学会総会記事, 66回,   2007年08月
  • 膵癌の基礎と臨床 膵癌に対するスーパー標的化抗体の樹立と診断と治療への応用研究, 加藤 和則, 濱田 洋文, 膵臓, 22, (3) 237 - 237,   2007年05月
  • ヒトメラノーマに対する標的化抗体NS-66の樹立と認識抗原解析, 加藤 和則, 中村 公則, 桜木 直也, 濱田 洋文, 基盤的癌免疫研究会総会抄録, 11回,   2007年05月
  • CEAを標的としたファイバー改変型アデノウイルスベクターによる癌治療, 田中 俊裕, 黒木 求, 黒木 政秀, 加藤 和則, 濱田 洋文, 日本分子腫瘍マーカー研究会誌, 22,   2007年04月
  • OP-123 前立腺癌の標的化遺伝子治療に関する研究(第95回日本泌尿器科学会総会), 鈴木 一弘, 中村 公則, 加藤 和則, 柳瀬 雅裕, 塚本 泰司, 濱田 洋文, 日本泌尿器科學會雜誌, 98,   2007年02月20日
  • 前立腺癌の標的化遺伝子治療に関する研究, 鈴木 一弘, 中村 公則, 加藤 和則, 柳瀬 雅裕, 塚本 泰司, 濱田 洋文, 日本泌尿器科学会雑誌, 98, (2) 321 - 321,   2007年02月
  • CEAを標的としたファイバー改変型アデノウイルスベクターによる癌治療, 田中 俊裕, 黒木 求, 黒木 政秀, 加藤 和則, 濱田 洋文, 日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録, 26回,   2006年09月
  • 各種IFNを用いた扁平上皮癌細胞に対する形質変化とアポトーシスの誘導, 冨原 圭, 加藤 和則, 中村 公則, 出張 裕也, 濱田 洋文, 平塚 博義, 日本癌学会総会記事, 65回,   2006年09月
  • 【がん領域におけるドラッグデリバリーシステム(DDS)】 ベッドサイドから見たDDS開発の進歩 DDSを視点とした標的化遺伝子治療, 中村 公則, 加藤 和則, 濱田 洋文, 最新医学, 61, (6) 1130 - 1137,   2006年06月, 腫瘍だけを見つけて選択的に遺伝子導入や薬剤投与が可能なDDSシステムを作ることができれば,標的化治療が達成できる.我々は,ファイバー変異型アデノウイルスと細胞表面抗原を認識する抗体を組み合わせて,遺伝子導入の選択性強化を目指した.系統的スクリーニング方法が樹立され,前立腺がんや膵がんなどの悪性腫瘍に対して選択性の高い遺伝子導入・薬剤投与を可能とする標的候補が見つかってきた(著者抄録)
  • Bリンパ球性白血病の遺伝子治療 (あゆみ 次世代の遺伝子治療), 加藤 和則, 医学のあゆみ, 216, (10) 755 - 760,   2006年03月11日
  • 【次世代の遺伝子治療】 Bリンパ球性白血病の遺伝子治療, 加藤 和則, 医学のあゆみ, 216, (10) 755 - 760,   2006年03月, 化学療法抵抗性の白血病に対する治療法として移植免疫療法,分子標的療法,抗体療法,遺伝子治療などの新規治療法の開発がここ数年精力的に行われてきている.遺伝子治療においては免疫応答を惹起するためにはさまざまな機能分子(サイトカイン,補助刺激分子,HLA分子)が候補としてあげられているが,現在白血病に対して臨床治験が開始されている治療遺伝子としてCD40リガンドが注目されている.本稿では自己免疫応答から回避していた白血病にCD40リガンド遺伝子を導入することにより抗白血病免疫応答が誘導できること,また臨床フェーズ1試験の成績を中心に説明してみたい.この免疫遺伝子治療の安全性と有効性が確認できた場合,リンパ腫さらには非造血系固形腫瘍への応用も期待されている(著者抄録)
  • Wnt3/Rho経路は多発性骨髄腫における骨髄間質依存性の抗癌剤耐性を惹起する分子機構の一つである, 千葉 大樹, 小船 雅義, 河野 豊, 中村 公則, 加藤 和則, 瀧本 理修, 松永 卓也, 加藤 淳二, 濱田 洋文, 新津 洋司郎, 日本血液学会・日本臨床血液学会総会プログラム・抄録集, 67回・47回,   2005年09月
  • 抗CD38抗体とファイバー変異型アデノウイルスを用いたヒト骨髄腫細胞への標的化遺伝子導入, 増田 ゆかり, 加藤 和則, 冨原 圭, 中村 公則, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 64回,   2005年09月
  • ヒト樹状細胞に対するCD40リガンド遺伝子導入による抗腫瘍効果の検討, 冨原 圭, 加藤 和則, 増田 ゆかり, 中村 公則, 野口 誠, 平塚 博義, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 64回,   2005年09月
  • Wnt3はnon-canonical経路を介して多発性骨髄腫の抗癌剤耐性を増強させる, 千葉 大樹, 小船 雅義, 河野 豊, 中村 公則, 加藤 和則, 瀧本 理修, 松永 卓也, 加藤 淳二, 濱田 洋文, 新津 洋司郎, 日本癌学会総会記事, 64回,   2005年09月
  • FZ33ファイバー変異型アデノウイルスによるCEAを標的とした癌遺伝子治療, 田中 俊裕, 黒木 政秀, 黄 建華, 平井 幸恵, 加藤 和則, 渡辺 直樹, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 64回,   2005年09月
  • 抗PAP2a抗体を用いた膵癌に対する標的化遺伝子治療, 中村 公則, 加藤 和則, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 64回,   2005年09月
  • CD40リガンドを標的とした診断・治療法の開発研究, 加藤 和則, 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology, 28,   2005年08月31日
  • 創薬からみた免疫疾患の新たな病態関連分子と治療ターゲット CD40リガンドを標的とした診断・治療法の開発研究, 加藤 和則, 日本臨床免疫学会会誌, 28, (4) 219 - 219,   2005年08月
  • CD40-リガンドの非切断細胞表面変異体は抗白血病免疫反応を誘導し,全身性炎症性反応を予防する(Non-cleavable cell surface mutant of CD40-ligand induce anti-leukemic immune response and prevent systemic inflammatory reaction), 冨原 圭, 加藤 和則, 増田 ゆかり, 佐々木 勝則, 濱田 洋文, 基盤的癌免疫研究会総会抄録, 9回,   2005年06月
  • ヒト多発性骨髄腫に対する抗体を介した標的化遺伝子導入と免疫応答誘導, 増田 ゆかり, 加藤 和則, 冨原 圭, 中村 公則, 濱田 洋文, 基盤的癌免疫研究会総会抄録, 9回,   2005年06月
  • 抗PAP2a抗体を用いた膵癌に対する標的化遺伝子治療, 加藤 和則, 中村 公則, 濱田 洋文, 基盤的癌免疫研究会総会抄録, 9回,   2005年06月
  • 口腔癌に対するCD40リガンドアデノウイルスベクターを用いた遺伝子治療の研究, 冨原 圭, 加藤 和則, 野口 誠, 濱田 洋文, 平塚 博義, 日本口腔科学会雑誌, 54, (1) 100 - 100,   2005年01月
  • 改変型CD40リガンドによる抗腫瘍免疫応答誘導と全身性副作用の軽減効果の解析, 増田 ゆかり, 加藤 和則, 冨原 圭, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 63回,   2004年09月
  • survivinをターゲットとしたsiRNA発現アデノウイルスベクターによるpaclitaxel感受性増強効果の検討, 田中 俊裕, 内田 宏昭, 佐々木 勝則, 加藤 和則, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 63回,   2004年09月
  • 口腔扁平上皮癌に対するCD40リガンド遺伝子導入樹状細胞の抗腫瘍効果の解析, 冨原 圭, 加藤 和則, 増田 ゆかり, 野口 誠, 平塚 博義, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 63回,   2004年09月
  • 造血器腫瘍の最新治療 急性骨髄性白血病(AML)に対する抗VLA4抗体療法の可能性, 松永 卓也, 田中 真樹, 栗林 景晶, 加藤 和則, 新津 洋司郎, 日本癌治療学会誌, 39, (2) 408 - 408,   2004年09月
  • α-GalactosylceramideとアデノIL-2遺伝子治療の併用による抗腫瘍効果および抗転移効果増強の検討, 西堀 佳樹, 古川 勝久, 加藤 和則, 田中 真樹, 岡本 哲朗, 竹内 直子, 萩原 誠也, 栗林 景晶, 中村 公則, 新津 洋司郎, 基盤的癌免疫研究会総会抄録, 8回,   2004年07月
  • 【抗体療法 基礎から臨床へ】 抗体医薬の開発, 加藤 和則, 最新医学, 58, (12) 2761 - 2766,   2003年12月, 医薬品としての遺伝子組み換え型抗体は,今から10年前に最初に認可を受けたのを皮切りに,ここ数年多くの抗体候補が臨床応用又は治験で用いられている.抗体医薬が用いられる疾患の多くは難治性の疾患であり,現在までのところ治療効果が確認された疾患も少なくはない.その背景には,ヒトゲノム・ポストゲノム計画により遺伝子及びタンパク質の機能が解明されたこと,遺伝子工学の発展に伴うキメラ抗体,ヒト型抗体の産生技術の確立,更には細胞工学の発展に伴う大量培養,精製技術の確立,そして知的財産権の取得にある.そこで,これまでの抗体医薬の概念と開発の方向性について記述した
  • 【抗体療法 基礎から臨床へ】 抗CD40抗体を用いた免疫賦活効果, 加藤 和則, 最新医学, 58, (12) 2793 - 2801,   2003年12月, CD40は抗原提示細胞に発現し,細胞性免疫,体液性免疫応答において重要な役割を果たしている分子である.生体内のリガンドであるCD154はその発現が一過性であり,人為的な制御が困難な分子である.そのためCD154と同等の活性を有した抗CD40アゴニスト抗体は,CD40の機能を正に制御することにより様々な免疫性反応を誘導することができ,今後臨床応用が期待される抗体の一種である.そこで,抗CD40抗体の臨床応用への可能性を示唆するこれまでの基礎研究成果について述べた
  • 【細胞免疫療法の現状】 腫瘍細胞ワクチン療法 白血病に対する免疫遺伝子療法, 加藤 和則, 医学のあゆみ, 別冊, (細胞免疫療法の現状) 41 - 47,   2003年09月, 難治性の白血病に対してあらたな免疫遺伝子療法が開発されている.本稿では,CD40リガンドを用いた慢性リンパ球性白血病(CLL)に対する遺伝子療法について概説した.CLLの多くは分化ずみのB細胞性白血病(B-CLL)である.B-CLLの特徴,遺伝子治療の基礎的検討(作業仮説,CD40L遺伝子導入・導入によるB-CLLの形質変化)について概説した.次に,臨床試験(アデノウイルスベクター製剤,対象患者・投与法,臨床効果・副作用,免疫応答のモニタリング)について概説した
  • 【遺伝子治療 新たな戦略】 白血病・リンパ腫に対する免疫遺伝子治療の開発, 加藤 和則, 濱田 洋文, ゲノム医学, 3, (4) 425 - 434,   2003年08月
  • ファイバーRGD型アデノウイルスによるヒトCD40リガンドの白血病細胞に対する遺伝子導入と免疫応答誘導, 冨原 圭, 加藤 和則, 高橋 聡, 増田 ゆかり, 佐々木 勝則, 内田 宏昭, 浅野 茂隆, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 62回,   2003年08月
  • CpGオリゴヌクレオチドによるヒトBリンパ球性白血病に対するT細胞免疫応答誘導, 加藤 和則, 高橋 聡, 浅野 茂隆, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 62回,   2003年08月
  • 白血病・リンパ腫に対する免疫遺伝子治療の開発 (特集 遺伝子治療--新たな戦略), 加藤 和則, 濱田 洋文, ゲノム医学, 3, (4) 425 - 434,   2003年08月
  • ファイバー改変型アデノウイルスベクターによるCD40リガンド遺伝子導入と抗腫瘍免疫応答誘導, 加藤 和則, 高橋 聡, 冨原 圭, 増田 ゆかり, 浅野 茂隆, 濱田 洋文, 基盤的癌免疫研究会総会抄録, 7回,   2003年07月
  • 白血病の免疫遺伝子治療, 加藤 和則, 濱田 洋文, 遺伝子医学, 7, (2) 245 - 251,   2003年06月, CD40はB細胞,単球に恒常的に発現している受容体であり,免疫初期反応においてCD40リガンドとの相互作用により細胞内に活性化シグナルを伝達する分子である.このCD40/CD40リガンドの相互作用に着目し,B細胞由来の白血病である慢性リンパ球性白血病に対してCD40リガンドを遺伝子導入する免疫遺伝子治療の臨床試験が米国で開始され,第I相試験では安全性及び免疫増強効果,治療効果が確認され,現在第II相試験に進んでいる.そこで,このCD40リガンドを用いた免疫遺伝子治療の基礎研究から臨床研究の開発までの流れを概説した
  • Therapy 白血病の免疫遺伝子治療, 加藤 和則, 濱田 洋文, 遺伝子医学, 7, (2) 245 - 251,   2003年06月
  • 遺伝子治療 白血病に対する免疫遺伝子療法, 加藤 和則, 濱田 洋文, 日本癌学会総会記事, 61回,   2002年10月
  • α-galactosylceramideを用いて体外増殖したマウスNKT細胞サブセットとその機能解析, 金井 幸代, 五十嵐 美徳, 飯塚 明, 遅塚 明貴, 吉田 光二, 平家 勇司, 三上 留美子[浅田], 加藤 和則, 高上 洋一, 若杉 尋, 日本癌学会総会記事, 61回,   2002年10月
  • 【アポトーシスの全て】 アポトーシスを誘導する分子とその作用機序 レチノイン酸, 加藤 和則, 臨床免疫, 38, (Suppl.20) 73 - 78,   2002年10月
  • レチノイン酸とCD40リガンドによる骨髄性白血病細胞の抗原提示細胞への分化誘導, 加藤 和則, 高橋 聡, 若杉 尋, 浅野 茂隆, 濱田 洋文, 臨床血液, 43, (8) 150 - 150,   2002年08月
  • 【SLE研究における最近の進歩】 SLEにおけるCD40リガンド異常産生の分子機構, 加藤 和則, 臨床免疫, 38, (1) 51 - 57,   2002年07月
  • マウス系列によらずNKT細胞に発現されるU5A2-13抗原のcDNAクローニング, 清水 敦, 吉田 光二, 平家 勇司, 加藤 和則, 五十嵐 美徳, 金井 幸代, 渡邉 一郎, 宮島 篤, 若杉 尋, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 31,   2001年12月
  • CD1d/α-galactosylceramideテトラマーによるNKT細胞サブセットの解析, 五十嵐 美徳, 石田 良, 腰高 由美恵, 加藤 和則, 若杉 尋, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 31,   2001年12月
  • 特異な血管新生パターンを呈するヒト炎症性乳癌xenograftマウスにおける補助刺激分子の役割, 渡邉 一郎, 白川 一男, 清水 敦, 平家 勇司, 森川 隆之, 吉田 光二, 五十嵐 美徳, 加藤 和則, 若杉 尋, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 31,   2001年12月
  • 血漿交換療法を施行した全身性エリテマトーデス患者における血漿soluble CD40 ligand(sCD40L)値についての検討, 木村 桂, 近藤 伊都子, 梁 広石, 田村 直人, 加藤 和則, 小林 茂人, 津田 裕士, 橋本 博史, 日本臨床免疫学会会誌, 24, (5) 257 - 257,   2001年10月
  • 新制癌剤グニディマクリンによるcdk2活性阻害機序, 吉田 光二, 平家 勇司, 加藤 和則, 池川 哲郎, 若杉 尋, 日本癌学会総会記事, 60回,   2001年09月
  • G-CSF投与後マウスのex vivo α-GalCer活性化脾細胞による抗腫瘍効果, 金井 幸代, 三上 留美子, 平家 勇司, 五十嵐 美徳, 加藤 和則, 吉田 光二, 高上 洋一, 若杉 尋, 日本癌学会総会記事, 60回,   2001年09月
  • 活性化T細胞培養上清による成熟樹状細胞の効率的な誘導, 加藤 和則, 高上 洋一, 若杉 尋, 日本癌学会総会記事, 60回,   2001年09月
  • 癌ワクチン療法の基礎と臨床 PAP由来HLA-A2402結合性ペプチドに対するペプチド特異的T細胞の誘導とPAP蛋白抗原を用いた細胞療法における免疫学的評価に関しての検討, 井上 佳子, 高上 洋一, 武井 正夫, 加藤 和則, 金井 幸代, 原田 ゆきえ, 鳶巣 賢一, 野口 正典, 垣添 忠生, 若杉 尋, 伊東 恭悟, Biotherapy, 15, (3) 186 - 188,   2001年05月, PAP(prostatic acid phosphatase)を癌抗原とした細胞免疫療法の免疫学的な評価として,日本人の約60%を占めるHLA-A2402結合性で細胞障害性T細胞を誘導するペプチドの同定を試み,そのペプチドを用いた,ペプチド特異的T細胞の前駆体細胞発現頻度の変化を細胞療法前後で検討した.その結果,PAPの213-221に位置するPAP213-221(LYCESVHNF)を同定した.HLA-A2402結合性PAPペプチドとHLA-A0201結合性PAPペプチドを用いて,ペプチド特異的キラーT細胞と,腫瘍特異的キラーT前駆体細胞の発現頻度の変化を細胞療法前後で検討したところ,HLA-A2402陽性の2名,HLA-A0201陽性1名にては治療前に比べ,ペプチド特異的,腫瘍特異的キラーT前駆体細胞の発現頻度とも上昇傾向を示していた
  • 全身性エリテマトーデス患者における血漿中sCD154値の検討 : 病因的意義および血漿交換療法の試み, 田村 直人, 加藤 和則, 小林 茂人, 木村 桂, 梁 広石, 津田 裕士, 橋本 博史, リウマチ, 41,   2001年04月17日
  • 血漿交換療法と細胞療法 全身性エリテマトーデス患者における血漿中sCD154値の検討 病因的意義及び血漿交換療法の試み, 田村 直人, 加藤 和則, 小林 茂人, 木村 桂, 梁 広石, 津田 裕士, 橋本 博史, リウマチ, 41, (2) 308 - 308,   2001年04月
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)及び慢性関節リウマチ(RA)患者における血中可溶性CD40リガンド(sCD40L)の臨床的意義, 田村 直人, 小林 茂人, 栗山 磨紀代, 橋本 博史, 加藤 和則, Kipps Thomas J., 日本内科学会雑誌, 90, (臨増) 174 - 174,   2001年02月
  • 【特異的免疫療法】 遺伝子導入による腫瘍免疫誘導, 加藤 和則, 分子がん治療, 2, (1) 45 - 52,   2001年02月, 癌に対する遺伝子治療として,癌標的遺伝子をターゲットとして腫瘍細胞に細胞死を誘導させたり,細胞殖を抑制させる直接的な遺伝子治療が考えられている.一方,免疫遺伝子治療は,従来迄のサイトカイン等の免疫細胞治療の流れを踏まえたもので,より効果的に免疫担当細胞を活性化させようとするものである.CD40リガンドを用いた慢性リンパ球性白血病に対する遺伝子療法について,基礎研究から臨床研究迄の流れに沿って概説した
  • SLE患者における可溶性CD154(CD40リガンド)の動態, 田村 直人, 加藤 和則, 橋本 博史, 臨床免疫, 35, (1) 110 - 115,   2001年01月
  • 急性GVHDモデルマウスにおけるNKT細胞リガンドα-GalCer投与の影響, 金井 幸代, 浅田 留美子, 峯石 真, 平家 勇司, 加藤 和則, 若杉 尋, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 30,   2000年11月
  • マウスNKT細胞マーカーU5A2-13の活性化リンパ球における発現と機能解析, 菅原 俊明, 加藤 和則, 安本 篤史, 吉田 光二, 小林 芳郎, 若杉 尋, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 30,   2000年11月
  • ヒトVα24陽性T細胞のgranulocyte-colony stimulating factor(G-CSF)刺激後末梢血単核球からの体外増殖, 浅田 留美子[三上], 平家 勇司, 加藤 和則, 金井 幸代, 高上 洋一, 阿部 達生, 若杉 尋, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 30,   2000年11月
  • 活性化自己T細胞培養上清によるマウス及びヒト成熟樹状細胞の誘導, 安本 篤史, 加藤 和則, 浅田 留美子, 石田 良, 小林 芳郎, 若杉 尋, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 30,   2000年11月
  • CD40リガンドとレチノイン酸による骨髄性白血病細胞の抗原提示細胞への分化抗腫瘍免疫反応誘導, 加藤 和則, 吉田 光二, 高上 洋一, 若杉 尋, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 30,   2000年11月
  • レチノイン酸によるTRAIL誘発アポトーシスの相乗効果, 石田 良, 加藤 和則, 安本 篤史, 巖本 三寿, 吉田 光二, 若杉 尋, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 30,   2000年11月
  • 白血病に対する免疫遺伝子療法 (10月第1土曜特集 細胞免疫療法の現状) -- (腫瘍細胞ワクチン療法), 加藤 和則, 医学のあゆみ, 195, (1) 43 - 49,   2000年10月07日
  • 【細胞免疫療法の現状】 白血病に対する免疫遺伝子療法, 加藤 和則, 医学のあゆみ, 195, (1) 43 - 49,   2000年10月
  • CD40リガンドを用いた免疫遺伝子療法 (9月第5土曜特集 造血の再生医学と細胞療法) -- (免疫療法), 加藤 和則, 医学のあゆみ, 194, (14) 1261 - 1266,   2000年09月30日
  • 炎症性乳癌における血管内皮構造を高率に欠損する血管新生, 白川 一男, 平家 勇司, 高橋 美奈子, 加藤 和則, 吉田 光二, 森川 隆之, 若杉 尋, 日本癌学会総会記事, 59回,   2000年09月
  • ヒト炎症性乳癌(IBC)に対する可溶化型Flt-1及びTie-2遺伝子導入アデノウィルスによるAnti-angiogenic therapy, 森川 隆之, 白川 一男, 平家 勇司, 高橋 美奈子, 加藤 和則, 吉田 光二, 若杉 尋, 日本癌学会総会記事, 59回,   2000年09月
  • CD40リガンドとレチノイン酸による骨髄性白血病細胞の抗原提示細胞への分化と免疫反応誘導, 加藤 和則, 吉田 光二, 原田 ゆきえ, 高上 洋一, 若杉 尋, 日本癌学会総会記事, 59回,   2000年09月
  • レチノイン酸によるTRAIL誘発アポトーシスの相乗効果, 若杉 尋, 吉田 光二, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 59回,   2000年09月
  • PAP由来HLA-A2402結合性ペプチドに対する特異的T細胞の誘導とPAP抗原を用いた細胞療法での免疫的評価の検討, 井上 佳子, 加藤 和則, 武井 正夫, 高上 洋一, 鳶巣 賢一, 垣添 忠夫, 伊東 恭悟, 若杉 尋, 日本癌学会総会記事, 59回,   2000年09月
  • 【造血の再生医学と細胞療法】 免疫療法 CD40リガンドを用いた免疫遺伝子療法, 加藤 和則, 医学のあゆみ, 194, (14) 1261 - 1266,   2000年09月
  • 自己免疫と可溶化CD40リガンド, 加藤 和則, 田村 直人, 免疫Immunology Frontier, 10, (4) 234 - 241,   2000年08月
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)末梢リンパ球におけるCD154発現異常についての遺伝的解析, 栗山 磨紀代, 田村 直人, 池田 真, 小林 茂人, 橋本 博史, 大柳 むつ子, 加藤 和則, 順天堂医学, 46, (1) 124 - 124,   2000年06月
  • 血漿交換療法を施行した全身性エリテマトーデス患者における血漿soluble CD40 ligand(sCD40L)値についての検討, 木村 桂, 近藤 伊都子, 梁 広石, 田村 直人, 加藤 和則, 小林 茂人, 津田 裕士, 橋本 博史, リウマチ, 40, (2) 523 - 523,   2000年04月
  • 【遺伝子治療の進歩】 慢性リンパ性白血病の遺伝子治療, 加藤 和則, 血液・腫瘍科, 39, (6) 470 - 476,   1999年12月
  • ヒトNK細胞を認識する新しいモノクローナル抗体(9F9-1)の樹立と解析, 田島 順子, 平家 勇司, 加藤 和則, 笠原 忠, 若杉 尋, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 29,   1999年10月
  • NK1.1陽性及び陰性マウス由来U5A2-13陽性T細胞によるサイトカイン産生能の検討, 東 正人, 加藤 和則, 五十嵐 美徳, 浅田 留美子, 白川 一男, 井上 佳子, 平家 勇司, 丸岡 秀範, 篠原 浩一, 斎藤 厚, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 29,   1999年10月
  • 全身性自己免疫性疾患における可溶化CD40リガンドの過剰産生, 加藤 和則, 田村 直人, 小林 茂人, 橋本 博史, 若杉 尋, Kipps Thomas J., 日本免疫学会総会・学術集会記録, 29,   1999年10月
  • PAP由来HLA-A2402結合性ペプチドを用いた前立腺癌特異的T細胞の誘導, 井上 佳子, 加藤 和則, 武井 正夫, 高上 洋一, 柿添 忠生, 伊東 恭悟, 若杉 尋, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 29,   1999年10月
  • 【NK細胞:最近の話題】 NK様T細胞, 浅田 留美子, 篠原 浩一, 丸岡 秀範, 加藤 和則, 若杉 尋, 炎症と免疫, 7, (5) 512 - 520,   1999年08月
  • 慢性リンパ球性白血病に対するCD154遺伝子治療,フェーズ1治療, 加藤 和則, Wierda WilliamG, Cantwell MarkJ, Kipps ThomasJ, 日本癌学会総会記事, 58回,   1999年08月
  • 【Cell Therapy 細胞療法の現状と展望】 現在の細胞療法 免疫療法の実際と問題点, 五十嵐 美徳, 加藤 和則, 東 正人, 三上 留美子, 井上 佳子, 白川 一男, 若杉 尋, 血液フロンティア, 9, (8) 887 - 893,   1999年07月
  • 慢性リンパ性白血病に対するCD154遺伝子治療,フェーズ1治療, 加藤 和則, Wierda William G, Cantwell Mark J, Kipps Thomas J, International Journal of Hematology, 69, (Suppl.1) 57 - 57,   1999年04月
  • 慢性関節リウマチにおける血清soluble CD40 ligand値についての検討, 田村 直人, 加藤 和則, 小林 茂人, 坂東 秀明, 高崎 芳成, 橋本 博史, リウマチ, 39, (2) 412 - 412,   1999年04月
  • IL-12p40遺伝子導入と抗CD80,抗CD86抗体投与による同種筋芽細胞移植拒絶の抑制に関する研究, 吉野 英, 星 研一, 佐藤 猛, 加藤 和則, 下里 修, 八木田 秀雄, 奥村 康, 厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態と治療法に関する研究, 平成8〜10年度,   1999年03月, 移植筋芽細胞の拒絶反応に関わる免疫反応を抑制することで長期の生着を試みた.移植免疫拒絶に関わる細胞性免疫Th1を誘導するサイトカインの一つにIL-12があるが,IL-12の働きを阻害するp40を組み込んだ筋芽細胞を同系マウスに移植したところ,拒絶反応を抑制することを見いだした.更にcostimulatory分子に対する特異抗体である,抗CD80抗体,抗CD86抗体を併用したところ,筋芽細胞のmdxマウスへの長期生着効果が認められた
  • 先天性疾患を対象とした遺伝子治療の基礎的検討, 下里 修, 加藤 和則, 榎本 綾子, 星 研一, 順天堂医学, 43, (3) 483 - 483,   1997年12月
  • 軟骨細胞における接着分子の機能解析, 小林 信一郎, 米沢 郁穂, 加藤 和則, 八木田 秀雄, 順天堂医学, 43, (3) 485 - 486,   1997年12月
  • SLE発症におけるヒト内在性レトロウイルスの関与, 菱川 隆史, 金子 礼志, 加藤 和則, 橋本 博史, 順天堂医学, 43, (3) 489 - 490,   1997年12月
  • 抗腫瘍効果を目的とした遺伝子治療の基礎的検討, 加藤 和則, 順天堂医学, 42, (4) 521 - 522,   1997年03月
  • 接着分子・サイトカインの遺伝子導入による腫瘍免疫の増強 (あゆみ 腫瘍治療の免疫学的アプロ-チ), 加藤 和則, 医学のあゆみ, 179, (2) 123 - 127,   1996年10月12日
  • 腫瘍治療の免疫学的アプローチ 接着分子・サイトカインの遺伝子導入による腫瘍免疫の増強, 加藤 和則, 医学のあゆみ, 179, (2) 123 - 127,   1996年10月
  • アレルギー性疾患と接着分子 好酸球浸潤と糖鎖抗原, 篠原 久実, 加藤 和則, 現代医療, 28, (9) 2207 - 2211,   1996年09月
  • 接着分子の基礎知識 免疫グロブリンスーパーファミリー, 加藤 和則, 臨床病理, (臨増102) 11 - 15,   1996年09月
  • インテグリンVLA-5を介したフィブロネクチンとの結合によるヒト軟骨細胞からのサイトカイン産生能の解析, 米沢 郁穂, 加藤 和則, 原 章, 小林 信一郎, 八木田 秀雄, 奥村 康, 山内 裕雄, 日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association, 70,   1996年08月25日
  • フローサイトメトリーによる細胞表面抗原の定量分析と応用, 加藤 和則, Cytometry Research, 6, (Suppl.) 47 - 47,   1996年06月
  • 生体防御の担い手たち NK細胞の素顔とその役割, 奥村 康, 加藤 和則, 佐久間 光江, Mebio, 13, (3) 6 - 11,   1996年03月
  • IL-12p40遺伝子導入による同種筋芽細胞移植拒絶抑制効果, 佐藤 猛, 星 研一, 加藤 和則, 厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 筋ジストロフィー及び類縁疾患の病態と治療法に関する研究, 平成7年度,   1996年03月, in vitroにおいて,筋芽細胞により産生されるIL-12p40はIL-12依存的反応に対するアンタゴニストとして働き,in vivoにおいて,IL-12p40の局所発現は,同種移植片に対するCTL誘導を阻害し,同種移植片に対するTh1型の液性免疫反応を抑制した.IL-12p40遺伝子導入は同種細胞片移植拒絶反応を抑制する為に有効な方法と考えられた
  • 細胞間接着分子導入による抗腫瘍免疫能の増強と治療への応用, 加藤 和則, Annual Review免疫, 1996,   1995年12月
  • B7+IL-12導入腫瘍細胞による抗腫瘍効果, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 54回,   1995年09月
  • W4-5 消化器癌に対する免疫療法の可能性 : LAK 療法から CTL 療法へ(<特集>第46回日本消化器外科学会), 島村 弘宗, 遊佐 透, 砂村 眞琴, 松本 岳, 丁 良浩, 小針 雅男, 加藤 和則, 八木田 秀雄, 奥村 康, 松野 正紀, 日本消化器外科学会雑誌, 28,   1995年06月01日
  • 示-512 抗 ICAM-1抗体 (KAT-1) のマウス同種ラ島移植におけるグラフト生着延長効果(<特集>第46回日本消化器外科学会), 荒井 浩介, 砂村 眞琴, 角川 陽一郎, 武田 和憲, 松野 正紀, 加藤 和則, 八木田 秀雄, 奥村 康, 日本消化器外科学会雑誌, 28,   1995年06月01日
  • 免疫疾患をめぐる基礎的研究の進歩 キラー細胞の細胞傷害機構, 加藤 和則, 医学のあゆみ, 別冊, (免疫疾患) 48 - 50,   1995年03月
  • 免疫グロブリンスーパーファミリー CD 2profile, 加藤 和則, 細胞工学, 別冊, (接着分子ハンドブック) 86 - 87,   1994年12月
  • 免疫グロブリンスーパーファミリー CD 2update CD 2の機能とリガンド, 加藤 和則, 細胞工学, 別冊, (接着分子ハンドブック) 88 - 92,   1994年12月
  • テネイシンによる免疫調節, 日比野 俊, 加藤 和則, 八木田 秀雄, 臨床免疫, 26, (12) 1399 - 1403,   1994年12月
  • 遺伝子治療の臨床応用 腫瘍特異的CTLの誘導とその遺伝子治療への応用, 八木田 秀雄, 東 みゆき, 加藤 和則, 実験医学, 12, (15) 1898 - 1904,   1994年10月
  • B7導入腫瘍細胞による抗腫瘍効果, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 53回,   1994年10月
  • LAK細胞上の認識分子, 加藤 和則, Annual Review免疫, 1994,   1994年01月
  • 癌解明への新しいアプローチ 免疫応答の調節メカニズム リンパ球の機能を調節する接着分子, 加藤 和則, 八木田 秀雄, 奥村 康, 最新医学, 48, (増刊) 1834 - 1850,   1993年10月
  • CD2リガンド, 加藤 和則, 免疫Immunology Frontier, 3, (5) 341 - 348,   1993年10月
  • 抗腫瘍性キラー活性発現におけるCD48抗原の役割, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 52回,   1993年10月
  • 接着分子の構造と機能 免疫グロブリンスーパーファミリー, 加藤 和則, Mebio, 10, (5) 12 - 17,   1993年05月
  • リンパ球系細胞の分離・分取法 表面活性化フラスコを用いた分離法, 加藤 和則, Medical Immunology, 25, (3) 237 - 241,   1993年03月
  • サイトカイン処理によるヒト腎細胞癌株のLAK感受性の変化の検討 : 第307回北海道地方会, 柳瀬 雅裕, 宮尾 則臣, 塚本 泰司, 熊本 悦明, 加藤 和則, 橋本 嘉幸, 日本泌尿器科學會雜誌, 84,   1993年02月20日
  • LAK-標的腫瘍細胞間の認識におけるインテグリン分子の関与, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 51回,   1992年09月
  • 99 抗CD18、ICAM-1モノクローナル抗体のラット異所性心移植における生着延長効果に関する検討, 大城 清彦, 場集田 寿, 加藤 和則, 八木田 秀雄, 玉谷 卓也, 宮坂 昌之, 奥村 康, 宮野 武, 日本小児外科学会雑誌, 28,   1992年05月20日
  • 腫瘍免疫 NK,LAK細胞の多様性, 加藤 和則, Annual Review免疫, 1992,   1992年01月
  • これからどうなる,薬と薬価 医薬品開発の最近の話題とこれからの方向 免疫抑制剤, 加藤 和則, 医療, 7, (9) 32 - 33,   1991年09月
  • マウスLAK細胞の標的細胞傷害活性と抗体依存性傷害活性発現機序の違い, 加藤 和則, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 20,   1990年10月
  • LAK細胞の認識分子, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 49回,   1990年07月
  • マウスLAK細胞の長期培養に伴うLFA-2抗原の発現とLAK活性の変化, 加藤 和則, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 19,   1989年10月
  • マウスLAK細胞クローンの標的細胞障害機構の解析, 加藤 和則, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 18,   1988年11月
  • 抗腫瘍ADCC活性に影響する諸因子,特にエフェクター細胞,抗体アイソタイプ,抗原性状に関する検討, 加藤 和則, 日本癌学会総会記事, 47回,   1988年09月
  • マウスLAK,特にT細胞型LAKのADCC活性, 加藤 和則, 日本免疫学会総会・学術集会記録, 17,   1987年10月

競争的資金

  • 婦人科系腫瘍由来エクソソームの特異的かつ高感度検出法の開発研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 加藤 和則
  • スーパー標的抗体による婦人科系癌の新規診断マーカー探索と低侵襲性迅速検出法の開発, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B)), 加藤 和則, 平成23年度も昨年度に引き続きヒト子宮体癌および卵巣癌細胞に対するスーパー標的抗体の樹立と反応性、機能解析および可溶化分子検出システムの開発について検討した。【卵巣癌に対する抗体の樹立および可溶化マーカーの検出】DNAメチル化阻害剤で処理をした卵巣癌細胞SK-OV-3を免疫原として、DNAメチル化解除により出現する(発現増強する)細胞表面抗原に対しての抗体スクリーニングを行った結果、9種類のモノクローナル抗体の樹立に成功した。いずれの抗体も癌細胞に対する反応性は優位に高かったが、抗体アイソタイプが全てIgMのため、認識抗原を免疫沈降および質量分析の解析が困難であった。また昨年度に樹立した抗体Xは培養SK-OV-3細胞の一部(約2%)に反応陽性を示し、乳癌幹細胞のマーカーとしての有用性が期待された。抗体Xの反応陽性SK-OV-3をソーティングにより分離し、陽性および陰性細胞との分離に成功した。現在各細胞に発現している遺伝子解析(特に幹細胞関連分子を中心に)を行い、3次元培養における増殖能の違いを検討した結果、陰性細胞で逆に増殖能が亢進していることが判明した。【子宮体癌】これまでにヒト由来子宮内膜細胞のRasトランスフォーム細胞をヘキスト染色陰性と陽性のSP(Side population)とNSP(non-side population)ソーティングで分取し発現遺伝子の違いをcDNAアレイで測定した結果を解析した。その結果、SP(癌幹細胞に類似した細胞)で高発現している膜型蛋白質7種類、分泌性蛋白質9種類を選択した。逆にSPで低発現している遺伝子(膜型7種類、分泌型12種類)も選択し、それらの変動のあった遺伝子に対してReal-Time PCRにて確認し、その発現祭を再確認した。現在、膜型蛋白質に対する標的抗体の樹立を継続し、子宮体癌の診断・悪性度判定に有用であるかを検討する予定である。
  • スーパー標的抗体による新規腫瘍マーカーの探索とその低侵襲的高感度検出法の開発研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 加藤 和則, 札幌医大および順天堂大学で開発した独自の癌標的化抗体作成法を通じて樹立に成功した新規腺癌抗原PAP2aおよび数種の癌関連抗原に対する多くの高性能抗体を用いて癌の高感度かつ低侵襲性の診断法の開発を目指した。1)大腸癌検診の精度を高めるために癌標的抗原を便中から高感度で検出する検査方法の開発を進めた。これまでに当該研究で樹立した高性能がん標的抗体を用いて確立できたELISA系は5種類である。その中でも特に大腸癌と関連のある標的分子の測定を行った結果、癌関連プロテアーゼ誘導分子CD147および胎児性癌抗原CEAは健常人、大腸癌患者由来の便中では全く差が認められなかった。それに対して癌抗原XXXXX(特許出願準備中のため抗原名省略)は大腸癌患者由来便中に検出され、その値は健常人由来便中の抗原量よりも有為に高いことが示された。この結果をもとに現在、国内診断薬開発企業と金コロイド粒子法を用いた簡便迅速な大腸癌検査キットの開発を進めている。2)膀胱癌の早期診断のために癌標的抗原を高感度で検出する検査方法の開発を進めた。3種類の癌標的分子の測定を行った結果、尿中の上皮癌抗原EpCAMおよびCEA値は健常人、膀胱癌患者間で全く差がなかった。それに対して癌抗原YYYY(特許出願準備中)値は健常人由来尿中の抗原量よりも明らかに高いことが示された。この結果をもとに現在、国内診断薬開発企業と共同でイムノクロマト法を用いた簡便迅速な検査キットの開発を進めている。
  • 膠原病におけるCD40-CD40リガンド相互作用の解析と制御薬物の探索研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 加藤 和則, 1,CD46リガンドの発現の安定性を遺伝子(mRNA)および蛋白レベルで解析した。膠原病患者としては自己免疫性ループス腎炎(SLE)患者(9例)の末梢血単核球から磁気ビーズを用いてCD4陽性T細胞を分離して実験に用いた。対象としては健常人末梢血由来CD4T細胞(4例)を用いた。刺激はPMAとイオノマイシンを用いて6時間から96時間経時的に刺激してmRNA発現をNorther Blot Assayで、蛋白の発現はFACSおよびELISA法で解析した。その結果いずれのSLE由来T細胞も未刺激状態でCD40リガンドmRNAの高発現が確認された。このT細胞を刺激し細胞表面上の発現を確認した結果、SLE患者由来T細胞は長時間CD40リガンド蛋白の発現が持続することが明らかとなった。2,遺伝子発現の安定性を規定する停止コドンより下流の領域にAUリッチドメインが存在するがSLE患者、健常人ともにこの領域の遺伝子変異は認められなかった。このCD40リガンド発現はサリドマイド誘導体(フタルイミド誘導体)の低濃度添加(nM)で抑制されることが明らかとなり治療薬としての可能性があると考えられた。3,またSLE患者由来T細胞を抗原刺激なしで4日間培養後、再刺激をした結果、健常人由来T細胞とのCD40リガンドの発現には差が認められなかった。この結果はSLE患者では恒常的に何らかの抗原刺激を受けていることによりCD40リガンドの発現が安定しているものと考えられた。4,SLE患者血清中で高値を示している可溶化CD40リガンドは血漿交換カラムを通過することにより吸着されることから、可溶化CD40リガンドは他の分子と結合し高分子複合体として存在することだ示唆され、血漿李換がCD40リガンド値を低下させる方法の一つとして有用であると示唆された。
  • CD40リガンドを用いたヒト白血病に対する遺伝子治療の研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(C)), 加藤 和則, 本研究では難治性のヒト白血病に対する新たな免疫療法「CD40リガンドを用いた遺伝子免疫療法」の基盤開発を目的とした。以前までの研究結果によりCD40陽性であるBリンパ球性白血病細胞(B-CLL,ALL,HCL)はCD40リガンド刺激に対して感受性が高く、容易にCD80,CD86等の補助刺激分子を発現誘導し自己T細胞を活性化する事実が報告され、これを基としたCD40リガンド遺伝子治療が開発されている。本年度、研究代表者はCD40陰性もしくは弱陽性の慢性骨髄性白血病(CML)、急性骨髄性白血病(AML)、前骨髄性白血病(APL)に対しても効率的にCD40リガンドを作用させることを目的として、分化誘導剤とCD40リガンドの相互作用による免疫反応増強効果を検討し細胞株を用いて示した急性前骨髄性白血病の分化誘導療法に用いられているレチノイン酸ATRA(all-trans retinoic acid)前処理が骨髄性白血病細胞上にCD40を発現させることを確認した。本年度は白血病患者由来の初代培養細胞を用いてこの作用を確認したところ細胞株を用いたときと同様に機能的な受容体CD40を発現誘導され、骨髄性白血病細胞はCD40リガンドによる刺激を受け、各種細胞表面抗原、特にT細胞認識に重要な補助刺激分子(CD54,CD80,CD83,CD86等)の発現が増加し、効率的に抗白血病T細胞を刺激することをT細胞増殖・サイトカイン(IFN-γ)産生から確認した。以上の結果は従来の分化誘導療法耐性白血病に対してもCD40リガンド遺伝子導入白血病療法が臨床の面でも応用できる可能性を示している。
  • 可溶化CD40リガンドの異常産生機構の解析と制御薬物の探索, 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 加藤 和則, 本研究課題では全身性自己免疫性疾患およびアレルギー性疾患、白血病患者中に存在する可溶化CD40リガンドを定量するともに各疾患との相関を検討する。さらに可溶化CD40リガンドの産生機序を解明し、産生を制御する薬物の探索を行うことを目的とした。まず、研究代表者が確立した可溶化CD40リガンド測定系(ELISA)にて各種自己免疫性疾患患者(SLE, RA、川崎病、サルコイドーシス)の血中可溶化CD40リガンド値を測定した結果、リウマチ患者の約7割の患者において可溶化CD40リガンドが高値を示した。さらにその多くは血管炎を併発しているRheumatoid vasculitis(RV)患者であった。この結果は可溶化CD40リガンドが全身性血管炎と密接に関連している可能性が示唆された。さらに可溶化CD40リガンド値はRV患者のリウマチ因子値と正の相関を示し、ステロイド療法などにより血管炎を治療すると可溶化CD40リガンド値も降下することを確認した。これに対して白血病患者(急性リンパ球性白血病、急性骨髄性白血病、多発性骨髄腫)患者においては有意な可溶化CD40リガンド値に差は認められなかった。昨年までの本研究においてTNFファミリーと同様にMMP(matrix metalloprotease)によって膜型CD40リガンドが切断され可溶化CD40リガンドが産生されることが判明した。そこで本年度は自己免疫性疾患患者血中の可溶化CD40リガンド量を減少させる目的で血漿交換療法前後の可溶化CD40リガンド値を測定した。その結果、血漿交換後の可溶化CD40リガンドは有意な低値を示すことが明らかとなった。この血漿交換療法で用いるカラムは高分子量免疫複合体の成分を除去する目的で行われているが、分子量30kDa(単量体)の可溶化CD40リガンドが如何なる理由でこのカラムにて除去されるのかは現在不明であるが、何らかの複合体を形成しているもの考えられ、今後複合体の成分の解析を行う予定である。
  • CD40リガンドを用いたヒト白血病に対する遺伝子治療の研究, 文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究(C)), 加藤 和則, 本研究では難治性のヒト白血病に対する新たな免疫療法「CD40リガンドを用いた遺伝子免疫療法」の基盤開発を目的とした。以前までの研究結果によりCD40陽性であるBリンパ球性白血病細胞(B-CLL,ALL,HCL)はCD40リガンド刺激に対して感受性が高く、容易にCD80,CD86等の補助刺激分子を発現誘導し自己T細胞を活性化する事実が報告され、これを基としたCD40リガンド遺伝子治療が開発されている。本年度の本研究組織において研究代表者および分担者はCD40陰性もしくは弱陽性の慢性骨髄性白血病(CML)、急性骨髄性白血病(AML)、前骨髄性白血病(APL)に対しても効率的にCD40リガンドを作用させることを目的として、分化誘導剤とCD40リガンドの相互作用による免疫反応増強効果を検討した。ぞの結果、急性前骨髄性白血病の分化誘導療法に用いられているレチノイン酸ATRA(all-trans retinoic acid)前処理により骨髄性白血病細胞上にCD40を発現させることを確認した。機能的な受容体CD40を発現誘導された結果、骨髄性白血病細胞はCD40リガンドによる刺激を受け、各種細胞表面抗原、特にT細胞認識に重要な補助刺激分子(CD54,CD80,CD83,CD86等)の発現が増加し、効率的に抗白血病T細胞を刺激することをT細胞増殖・サイトカイン(IFN-γ)産生から確認した。以上の結果は従来の分化誘導療法耐性白血病に対してもCD40リガンド遺伝子導入白血病療法が応用できる可能性を示している。現在、分化誘導前後の骨髄性白血病細胞へのCD40リガンド遺伝子導入効率に関して検討を行い、白血病細胞の形質変化について検討中である。
  • CD2分子群間の接着制御機構とシグナル伝達能の解析, 文部科学省, 科学研究費補助金(一般研究(C)), 加藤 和則, 1)CD2-Igキメラ分子の他にCD48-Ig,CD58-Iggキメラ分子を作製し、CD2,CD48,CD58遺伝子導入細胞に対する結合性を検討した結果、CD2/CD58,CD2/CD48といった従来報告のあった結合経路以外には結合が認められなかった。しかしながら、CD48と相同性のある分子としてNK細胞上に発現している2B4分子とCD2との結合が示唆されており、現在CD2-Igキメラ分子を用いてその結合の有無を詳細に検討中である。またCD2とLy9との結合は認められなかった。2)T細胞上のCD48分子を抗体、キメラ分子で刺激することによって、T細胞の活性化反応が認められた。このCD48の刺激によって細胞内シグナル伝達分子のリン酸化が認められ、さらにIL-2受容体の発現誘導、サイトカインの産生等が引き起こされることが判明した。現在、如何なる分子がシグナルを伝達しているかを検討中であるが、免疫沈降とウェスタンブロットによりCD48の下流ではp56^が会合していることが認められた。3)NK,LAK細胞上でのCD48の機能について解析した結果、CD48を刺激することによってキラー細胞からの脱顆粒反応が促進することが判明した。このCD48を介した活性化反応はキラー細胞の誘導時のみならず、活性発現時でも認められた。この脱顆粒反応の促進効果は抗CD3抗体とほぼ同程度の活性が認められることから、CD48がキラー細胞の分化・増殖に強く関わっていることを示唆するものであり、今後抗腫瘍キラー細胞の誘導にCD48リガンドを用いた遺伝子治療法の開発が期待される。
  • CD2分子群(CD2,CD48,CD58,Ly-9)によるT細胞活性化機序の解析, 文部科学省, 科学研究費補助金(奨励研究(A)), 加藤 和則, 1)CD2/CD58及びCD2/CD48以外の接着経路を明らかにするためにCD48-lg,CD58-lgを作製しその反応性を検討したが、新たな接着経路は認められなかった。2)CD2分子群(CD2,CD48,CD58,Ly-9)の発現トランスフェクタントを作製しT細胞活性化能について検討した結果、いずれの発現トランスフェクタントにおいてもin vitroでT細胞の活性化反応を促進した。特にCD2導入腫瘍細胞(CD2/MethA)はin vivoにおいて抗腫瘍T細胞を強く誘導した。またLy-9発現トランスフェクタント(Ly9/CHO)はIFNγの産生を強く誘導するとともにT細胞の増殖を促進した。3)CD48を固相化抗体(HM48-1)で刺激することによってT細胞の活性化が認められた。その活性化過程に細胞内の蛋白のリン酸化が促進されていたことが明らかとなった。4)抗CD48抗体をマウスに投与することによって細胞性免疫応答能が低下(特にIL-2等のサイトカイン産生低下)した。さらに抗CD2抗体と併用投与で異所性心移植におけるGraftの永久生着に成功した。5)抗CD48抗体はMHC非依存的傷害反応(LAK,NK活性)を抑制することを認めた。
  • 白血病に対する免疫細胞療法・遺伝子治療の開発研究
  • 自己免疫疾患に対する免疫制御