詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

堀田 真理ホッタ マリ

所属・担当
経営学部会計ファイナンス学科
職名准教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2019/04/08

研究者基本情報

学歴

  •  - 2003年, 慶應義塾大学, 経済学研究科, 理論経済学
  •  - 1996年, 慶應義塾大学, 経済学部, 経済学科

学位

  • 経済学修士, 慶應義塾大学

所属学協会

  • 日本医療経営実践協会(医療経営士)
  • 日本経済学会
  • 生活経済学会
  • 公共選択学会

経歴

  •   1998年 - 2001年, 慶應義塾大学経済学部 研究助手(1998~2001)
  •   1998年 - 2001年, 慶應義塾女子高等学校 非常勤講師 (1998~2001)
  •   2001年 - 2002年, 東洋大学経済学部 非常勤講師 (2001~2002)
  •   2001年 - 2002年, 東洋大学国際地域学部 非常勤講師(2001~2002)
  •   2002年, 東洋大学経営学部 非常勤講師(2002)

研究活動情報

研究分野

  • 経済学, 理論経済学
  • 経済学, 応用経済学
  • 経営学, 商学

研究キーワード

    応用ミクロ経済学, コーポレートファイナンス

論文

  • 「医療領域におけるSIB活用と進展の可能性」, 堀田 真理, 経営論集(東洋大学経営学部), (92) 97 - 111,   2018年11月
  • 「わが国における介護事業をめぐるM&A」, 堀田 真理, 経営論集(東洋大学経営学部), (90) 31 - 45,   2017年11月
  • 「第10章:終末期医療の問題をめぐる経済的視点からの検討」, 東洋大学経営学部会計ファイナンス学科編(10章担当:堀田 真理), 現代会計ファイナンス研究の潮流(中央経済社), 175 - 196,   2016年11月
  • 「再考ー診療報酬債権流動化について」, 堀田 真理, 経営論集(東洋大学経営学部), (88) 55 - 63,   2016年11月
  • 「2014年診療報酬改定の影響と経済学的視点からの展望」, 堀田 真理, 経営論集(東洋大学経営学部), (86) 159 - 178,   2015年11月
  • 「後発医薬品の普及に関する経済学的視点からの検討」, 堀田 真理, 経営論集(東洋大学経営学部), (80) 119 - 135,   2012年11月30日
  • 「望ましい災害医療体制の構築にむけて」, 堀田 真理, 経営論集(東洋大学経営学部), (78) 39 - 55,   2011年11月
  • 「診療報酬債権流動化をめぐる現状と課題」, 堀田 真理, 経営論集(東洋大学経営学部), (77) 153 - 167,   2011年03月
  • 「診療報酬の改定は医療の質を向上させるか」, 堀田 真理, 経営論集(東洋大学経営学部), (76) 85 - 97,   2010年11月
  • 「わが国における病院PFIをめぐる現状と課題」, 堀田 真理, 経営論集(東洋大学経営学部), (75) 149 - 172,   2010年03月
  • 「再考-インセンティブ報酬としてのわが国における診療報酬制度」, 堀田 真理, 経営論集(東洋大学経営学部), (74) 173 - 197,   2009年11月
  • 「転換期を迎えているノンバンク」, 堀田 真理, 生活経済学研究, 29, 61 - 73,   2009年03月
  • 「新貸金業法とノンバンク市場の再編をめぐる現状について」, 堀田 真理, 経営論集(東洋大学経営学部), (72) 91 - 112,   2008年11月
  • 「大学におけるFP教育への取り組み」, 堀田 真理, Journal of Financial Planning, (90) 30 - 31,   2008年07月
  • 競争的状況下でのストックオプションの効果, 堀田 真理, 経営論集(東洋大学経営学部), (71) 249 - 266,   2008年03月
  • ノンバンク市場をめぐる論点整理, 堀田 真理, 経営論集(東洋大学経営学部), (68) 49 - 65,   2006年11月
  • 情報の非対称性下における企業の資金調達, 堀田 真理, 『経営論集』(東洋大学経営学部), (66) 159 - 176,   2005年11月
  • 転換期を迎えているストックオプション(2), 堀田 真理, 『月刊 資本市場』(財団法人資本市場研究会)                      , (241) 50 - 63,   2005年09月
  • 転換期を迎えているストックオプション(1), 堀田 真理, 『月刊 資本市場』(財団法人資本市場研究会), (240) 25 - 34,   2005年08月
  • 不良債権証券化の効果, 堀田 真理, 『経営論集』(東洋大学経営学部), (64) 59 - 78,   2005年03月
  • ストックオプション再検討, 堀田 真理, 『経営論集』(東洋大学経営学部), (63) 89 - 112,   2004年11月
  • ブランド製品の品質水準と合併の効果, 堀田 真理, 『経営論集』(東洋大学経営学部), (62) 85 - 105,   2004年02月
  • 最適なストックオプション契約と早期行使の可能性について, 堀田 真理, 『公共選択の研究』(Public Choice Studies 編集委員会), (39) 19 - 33,   2002年12月
  • 異質財市場における合併の効果, 堀田 真理, 『三田学会雑誌』(慶應義塾大学出版会), 94, (3) 105 - 132,   2001年10月
  • 「保険の理論による不確実性下の経済分析」, 堀田真理, 慶應義塾女子高等学校研究紀要, 17, 55 - 75,   2000年
  • 「寡占市場における企業の株式保有」, 堀田真理, 三田学会雑誌, 91, (3) 106 - 130,   1998年

書籍等出版物

  • 診療報酬制度と医療政策
    堀田 真理
    単著株式会社 泉文堂  2014年12月

講演・口頭発表等

  • ノンバンク市場における貸付金利の上限規制をめぐる理論分析, 堀田 真理, 生活経済学会第23回研究大会(沖縄県青年会館),   2007年04月
  • 「貸付金利の上限規制に関する理論分析」, 生活経済学会第23回研究大会(沖縄),   2007年
  • 異質財市場における合併の効果, 堀田 真理, 理論経済学研究報告会(神奈川大学),   2002年02月
  • ストックオプション制度に関する理論分析, 堀田 真理, 公共選択学会第5回大会(中央大学),   2001年07月
  • 「ストックオプション制度に関する理論分析」, 公共選択学会(中央大学),   2001年
  • The Effect of Mergers in an Oligopoly Model with Product Differentiation, 日本経済学会(東京大学),   1999年
  • 「寡占市場における企業の株式保有」, 日本経済学会(香川大学),   1999年

その他

  •   2018年12月, 一般社団法人金融財政事情研究会認定 M&Aシニアエキスパート, 認定番号:47Aー46ー0017
  •   2018年12月, 「特集Ⅰ 政策誘導点数ー現在・過去・未来 Part3[2] 政策誘導点数の是非」, 株式会社医学通信社 「月刊 保険診療」73巻12号 (2018年12月号)34頁-38頁   (依頼による執筆)
  •   2015年05月, 「災害への備えとFPの役割」, NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 「調査研究レポート」80号 日本ファイナンシャルプランナーズ協会の会員専用ホームページに掲載済み
  •   2014年12月, BANBOO CLINIC 2015年1月号, 2014年12月に発刊した著書について、経済学的な視点からの論評について解説、掲載している。プリンシパル・エージェント問題など、情報の非対称性の問題の観点から解説しており、取材での医療問題の課題とも通じる部分が多い。
  •   2014年12月, 「異色の医療経営士」, 「月刊 医療経営士 2015年1月号」に掲載。 大学内での取材内容をまとめたもの。ファイナンシャルプランナーの他、医療経済への研究の関心のきっかけ、学生への就職へのアドバイスとしての資格活用、現在の医療の課題などについて。
  •   2014年09月, 「最近の民間介護保険の動向」, NPO法人 日本ファイナンシャルプランナーズ協会 「調査研究レポート」72号 日本ファイナンシャルプランナーズ協会の会員専用ホームページに掲載済み
  •   2013年04月, 診療報酬と医療政策, NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会: 「調査研究レポート」55号・57号・61号、67号(2014年4月まで) 「診療報酬と医療政策」(診療報酬の仕組み、高齢社会と改定の影響、後発医薬品、診療報酬改定の年度を迎えて) 日本ファイナンシャルプランナーズ協会の会員専用ホームページに掲載済み