詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

水口 学ミズグチ マナブ

所属・担当
社会学部社会心理学科
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://www.toyo.ac.jp
生年月日
Last Updated :2019/09/06

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:I'm a theoretical linguist and specialize in theoretical syntax. My research is done in a biological or biolinguistic setting, and is focused on mechanisms and processes of syntactic derivation in the faculty of language FL as well as on the properties of syntactic structures generated by language. My ultimate goal is to unravel why we humans (and only humans) can speak languages and understand what we are through the study of our marvelous faculty.

学歴

  • 2003年04月 - 2006年03月, 獨協大学, 大学院外国語学研究科, 英語学専攻博士後期課程
  • 2001年04月 - 2003年03月, 獨協大学, 大学院外国語学研究科, 英語学専攻博士前期課程
  • 1997年04月 - 2001年03月, 獨協大学, 外国語学部, 英語学科

学位

  • 博士(英語学), 獨協大学

所属学協会

  • アメリカ言語学会
  • カナダ言語学会
  • 日本英語学会
  • 日本言語学会

経歴

  •   2017年04月 - 現在, 東洋大学, 社会学部社会心理学科, 教授
  •   2017年04月 - 現在, 獨協大学, 外国語学部英語学科, 非常勤講師
  •   2015年04月 - 2017年03月, 東洋大学, 社会学部社会心理学科, 准教授
  •   2014年04月 - 2015年03月, 獨協医科大学, 基本医学語学教育部門, 准教授
  •   2012年04月 - 2014年03月, 獨協医科大学, 基本医学語学教育部門, 講師
  •   2011年04月 - 2012年03月, 長野工業高等専門学校, 一般科, 准教授
  •   2011年04月 - 2012年03月, 上田女子短期大学, 総合文化学科, 非常勤講師
  •   2009年04月 - 2011年03月, 長野工業高等専門学校, 一般科, 講師

研究活動情報

研究分野

  • 言語学, 言語学, 統語論

研究キーワード

    言語学, 統語理論, 普遍文法, 生成統語論, 派生計算, 極小主義, 統語演算

論文

  • Phases and counter-cyclicity of A-movement, 水口 学, Proceedings of the 16th Seoul International Conference on Generative Grammar, 257 - 277,   2014年08月
  • Consequences of feature inheritance for subject movement, 水口 学, Proceedings of the 31st West Coast Conference on Formal Linguistics, 325 - 334,   2014年07月
  • Reconsidering phase-internal derivations: Are they exceptional or not?, 水口 学, English Linguistics, 30, (1) 75 - 110,   2013年06月
  • Derivations within a phase: Step by step or all at once?, 水口 学, JELS 29: Papers from the Twenty-Ninth Conference of the English Linguistic Society of Japan, 107 - 113,   2012年02月
  • On A- and A'-movement properties of scrambling, 水口 学, English Linguistics, 27, (1) 60 - 79,   2010年06月
  • Non-canonical agreement: Its implications for Case/φ-feature checking, 水口 学, JELS 27: Papers from the Twenty-Seventh Conference of the English Linguistic Society of Japan, 129 - 138,   2010年03月
  • Extraposition and cyclic syntax, 水口 学, English Linguistics, 26, (2) 293 - 328,   2009年12月
  • Derivational syntax and the adjunct condition, 水口 学, JELS 26: Papers from the Twenty-Sixth Conference of the English Linguistic Society of Japan, 161 - 170,   2009年03月
  • Derivation, minimalism, and that-t effects, 水口 学, English Linguistics, 25, (1) 56 - 92,   2008年06月
  • Derivational explanation of 'that-trace' effect, 水口 学, JELS 24: Papers from the Twenty-Fourth Conference of the English Linguistic Society of Japan, 121 - 130,   2007年03月
  • EPP, scrambling and A/A' properties: A preliminary study, 水口 学, 言語研究の宇宙:長谷川欣佑先生古稀記念論文集, 182 - 203,   2005年09月

MISC

  • Scrambling and the structure of TP: Remarks on Miyagawa (2001), 水口 学, 上田女子短期大学紀要, (35) 121 - 130,   2012年01月
  • A role of T-to-C movement in syntax: A case study of that-trace effects, 水口 学, 長野工業高等専門学校紀要, (43) 1 - 15,   2009年06月
  • Certain similarities and differences between scrambling and raising, 水口 学, Walpurgis 2009,   2009年03月
  • Some remarks on extraction out of subjects, 水口 学, 國學院大學紀要, 46,   2008年02月
  • Move to a head: Another way to satisfy the EPP and its consequences, 水口 学, 英語文化研究, (33) 1 - 31,   2007年02月
  • Scrambling and its theoretical implications in the minimalist program, 水口 学, 英語文化研究, (30) 1 - 44,   2005年02月
  • Derivational overturning effects: A case study of condition A, 水口 学, 英語文化研究, (27) 19 - 45,   2003年09月
  • Reflexivization is not reducible to movement: A Critique of Hornstein's (2001) reductionist approach to reflexivization, 水口 学, 英語文化研究, (26) 23 - 66,   2003年02月

書籍等出版物

  • 大学で教える英文法
    畠山雄二他
    共著第3章「冠詞と形容詞」くろしお出版  2011年04月
  • Facets of derivational computation in syntax: How Merge and Agree work to construct derivations
    水口 学
    単著雄松堂  2010年06月

講演・口頭発表等

  • Phases and counter-cyclicity of A-movement, 水口 学, The 16th Seoul International Conference on Generative Grammar,   2014年08月09日, The Korean Generative Grammar Circle
  • Free merge in minimalist syntax: Superiority effects reconsidered, 水口 学, Workshop in General Linguistics 11,   2014年05月10日, The Linguistics Student Organization, Department of Linguistics, University of Wisconsin-Madison
  • Feature-inheritance: Its implications for subject movement, 水口 学, The 31st West Coast Conference on Formal Linguistics,   2013年02月09日
  • 日本語の主語位置-優位性効果からの考察-, 水口 学, 日本言語学会第145回大会,   2012年11月24日, 日本言語学会
  • Derivations within a phase: Step by step or all at once?, 水口 学, 日本英語学会第29回大会,   2011年11月13日, 日本英語学会
  • Non-canonical agreement: Its implications for Case/φ-feature checking, 水口 学, 日本英語学会第27回大会,   2009年11月14日, 日本英語学会
  • Derivational syntax and the adjunct condition, 水口 学, 日本英語学会第26回大会,   2008年11月16日, 日本英語学会
  • 日本語における「顕在的」長距離繰上げ, 水口 学, 日本言語学会第135回大会,   2007年11月24日, 日本言語学会
  • Derivational explanation of 'that-trace' effect, 水口 学, 日本英語学会第24回大会,   2006年11月04日, 日本英語学会
  • Wh-in-situ revisited: Three proposals to the derivational minimalism, 石森知彦、水口 学、小畑美貴, 日本言語学会第123回大会,   2001年11月18日, 日本言語学会
  • Syntax of cleftability of adverbials, 水口 学, 日本言語学会第121回大会,   2000年11月26日, 日本言語学会
  • The investigation of clefted adverbs, 水口 学, 日本言語学会第119回大会,   1999年11月28日, 日本言語学会

受賞

  •   2014年03月, 日本英語学会, EL研究奨励賞

競争的資金

  • 単純併合に基づく最適な統語構造派生:その理論的・実証的研究, 日本学術振興会, 科学研究費若手研究(B), 水口 学
  • 文生成における「派生」の役割とそのメカニズムに関する理論的・実証的研究, 日本学術振興会, 科学研究費若手研究(B), 水口 学
  • フェイズとフェイズを中心とする最適な派生計算のメカニズムに関する研究, 獨協医科大学, 獨協医科大学研究助成金, 水口 学
  • 軽動詞などのフェイズ主要部をめぐって, 獨協大学, 獨協大学国際共同研究, 安井美代子
  • 日本語の「かき混ぜ」から見た統語計算:その理論的・実証的研究, 獨協医科大学, 関湊賞研究奨励金, 水口 学
  • 派生計算理論に関わる統一的研究, 長野工業高等専門学校, 特別研究経費, 水口 学
  • 脳内文法における言語派生メカニズムの理論的研究, 長野工業高等専門学校, 特別研究経費, 水口 学