研究者総覧

角南 俊介 (スナミ シュンスケ)

  • 経済学部経済学科 准教授
Last Updated :2021/05/13

研究者情報

学位

  • 修士(理学)(東京都立大学)
  • 博士(学術)(東京工業大学)

ホームページURL

科研費研究者番号

  • 40422167

J-Global ID

研究キーワード

  • サッカー   スポーツバイオメカニクス   スポーツ科学   

研究分野

  • ライフサイエンス / スポーツ科学
  • ライフサイエンス / 体育、身体教育学

経歴

  • 2012年 - 現在  東洋大学経済学部経済学科准教授
  • 2017年04月 - 2018年03月  早稲田大学大学院スポーツ科学研究科非常勤講師
  • 2012年04月 - 2017年03月  立教大学全学共通カリキュラム非常勤講師
  • 2013年  東京健康科学専門学校非常勤講師
  • 2010年 - 2012年  東洋大学経済学部経済学科講師
  • 2012年  共栄大学非常勤講師
  • 2007年 - 2010年  石巻専修大学 非常勤講師
  • 2005年 - 2010年  山形大学地域教育文化学部文化創造学科 講師Faculty of Education, Art and Science, Department of Art and Culture
  • 2007年 - 2007年  山形短期大学 非常勤講師
  • 2004年 - 2005年  相模原衛生学院看護専門学校 非常勤講師
  • 2003年 - 2005年  国立スポーツ科学センター 非常勤専門職員
  • 2005年  横浜YMCAスポーツ専門学校 非常勤講師
  • 2005年  - Lecturer,Department of Art and Culture,Faculty of Education, Art and Science,Yamagata University

学歴

  • 2004年04月 - 2010年03月   東京工業大学大学院   社会理工学研究科   人間行動システム専攻
  • 2002年04月 - 2004年03月   東京都立大学大学院   理学研究科   身体運動科学専攻
  • 1998年04月 - 2002年03月   早稲田大学   人間科学部   スポーツ科学科

所属学協会

  • 日本トレーニング科学学会   スポーツ方法学会   日本機械学会   日本体育学会   日本バイオメカニクス学会   日本体力医学会   日本フットボール学会   Japanese Sosiety of Biomechanics   Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine   Japanese Society of Science and Football   European College of Sport Science   

研究活動情報

論文

  • 育成年代サッカー選手と対象とした試合前後での股関節内転・外転筋力発揮様相の変化
    角南 俊介
    東洋大学スポーツ健康科学紀要 1 17 1 - 4 2020年03月
  • ユース年代サッカー選手の試合前後でのスプリントとアジリティパフォーマンスの比較
    角南 俊介
    東洋大学経済論集 45 1 65 - 70 2019年12月
  • 未就学期児童の前転動作に対する運動プログラムの影響
    角南 俊介
    東洋大学スポーツ健康科学紀要 1 14 19 - 23 2017年03月
  • 未就学期児童の跳躍動作発達に対する運動プログラムの効果
    角南 俊介
    東洋大学経済論集 41 2 23 - 28 2016年03月
  • 身体負荷の亢進がキック動作中の足部動態に与える影響
    角南 俊介
    東洋大学スポーツ健康科学紀要 12 51 - 54 2015年01月
  • 幼児の投球動作に対する運動プログラムの効果
    角南 俊介
    東洋大学経済論集 40 1 51 - 57 2014年12月
  • 種目による踏み切り動作の違いに関する運動学的研究
    角南 俊介
    東洋大学スポーツ健康科学紀要 10 19 - 35 2013年03月
  • 疲労亢進影響下でのボールコントロールキック動作の分析
    角南 俊介
    東洋大学スポーツ健康科学紀要 9 23 - 28 2012年03月
  • サッカーのボールヘディングとキックにおけるボールコントロール動作の運動学的研究
    角南 俊介
    東京工業大学大学院社会理工学研究科人間行動システム専攻 2011年03月
  • 環境変化がキックボール速度に与える影響
    角南 俊介
    東洋大学スポーツ健康科学紀要 8 27 - 31 2011年03月
  • サッカーの競技規則内でのボール空気圧変化がインステップキックのボール速度に与える影響
    角南 俊介
    東洋大学経済論集 36 1 71 - 77 2010年12月
  • フットサルにおける下肢キック動作の解析.
    尾崎宏樹; 角南俊介; 石井秀幸; 加納樹里
    中央大学保健体育研究所紀要 28 21 - 28 2010年
  • Kinematic analysis of lower limbs in futsal kicking.
    Hiroki Ozaki; Shunsuke Sunami; Hideyuki Ishii
    28th International Conference on Biomechanics in Sports 2010年 [査読有り]
  • フットサルにおける下肢キック動作の運動学的解析
    尾崎宏樹; 角南俊介; 石井秀幸
    シンポジウム:スポーツ・アンド・ダイナミックス2010講演論文集 188 - 191 2010年
  • 女子サッカー選手を対象とした疲労時の動作再現性維持機構~疲労状態におけるキック動作の再現性を維持する要因は何か.
    角南 俊介
    上月スポーツ・教育財団第3回スポーツ研究助成事業研究報告論文 2008年
  • 疲労影響下でのインステップキックパフォーマンス低下の要因~性差に着目して~
    角南 俊介
    東北体育学研究 26 13 - 21 2008年 [査読有り]
  • Motion and EMG Analysis of Soccer-ball Heading for the Lateral Direction
    Shunsuke Sunami; Takeo Maruyama
    Football Science 5 7 - 17 2008年
  • サッカー競技のゲーム分析とその指導
    大神訓章; 角南俊介; 白石幸子
    山形大学教職・教育実践研究紀要 2 63 - 69 2007年03月
  • サッカー選手の瞬発的パワー発揮能力改善要因
    角南俊介
    山形大学教職・教育実践研究紀要 1 43 - 46 2006年03月
  • Muscle activity and three dimensional analysis during heading the ball in the different direction
    Shunsuke Sunami; Takeo Maruyama
    The Impact Technology on Sport 540 - 545 2005年

書籍

講演・口頭発表等

  • The effect of post warm-up passive recovery duration on repeated sprint performance in female football players  [通常講演]
    河田史人; 堀野博幸; 角南 俊介
    European College of Sport Science 2019年07月
  • 育成年代位男子サッカー選手を対象とした,連戦試合中の活動量と股関節内外転筋力発揮変化の検討  [通常講演]
    角南 俊介
    日本フットボール学会 16th Congress 2018年12月 ポスター発表
  • Comparison of agility and splint performance between pre- and post-match in youth football players  [通常講演]
    角南 俊介
    International Conference on Science&Football 2018 The 2nd Korea-Japan Joint Congress 2018年08月 ポスター発表
  • 学生アスリートのライフスキルと就職内定獲得との関連 ―大学サッカー部所属学生の内定獲得有無における検討―
    田中秀明; 角南俊介
    第44回日本スポーツ心理学会 2017年11月
  • 幼児の身のこなし経年変化の特徴 東北地方S市における事例報告  [通常講演]
    角南 俊介
    第65回日本体育学会 2014年08月 ポスター発表
  • サッカーとフットサルにおけるそれぞれのキック動作の違いについて  [通常講演]
    第60回日本体育学会 2009年 ポスター発表
  • ボール空気圧変化がボールインパクトに与える影響  [通常講演]
    日本フットボール学会 6th Congress 2009年 ポスター発表
  • 疲労影響下でのボールコントロールキック動作の分析  [通常講演]
    第20回日本バイオメカニクス学会大会 2008年 ポスター発表
  • 疲労影響下におけるインステップキック動作再現性維持要因  [通常講演]
    平成19年度日本体育学会山形支部会 研究発表会 2007年
  • 女子サッカー選手の疲労影響下でのキック動作変化  [通常講演]
    日本フットボール学会 4th Congress 2006年 ポスター発表
  • サッカーのボールインパクト時の足関節動態  [通常講演]
    ジョイントシンポジウム2006 スポーツ工学シンポジウム/シンポジウム:ヒューマン・ダイナミクス 2006年
  • アイスホッケーのシュート動作の分析  [通常講演]
    日本体育学会第57回大会 2006年 ポスター発表
  • 適切なヘッディングフォームに関する一考察  [通常講演]
    日本フットボール学会 3rd Congress 2006年
  • Muscle activity and three-dimensional analys during heading the ball in different directions  [通常講演]
    Asia-Pacific Congress on Sports Technology, APCST 2005 Tokyo 2005年
  • サッカー選手の瞬発的パワー発揮能力改善の一考察  [通常講演]
    日本フットボール学会 2nd Congress 2005年 ポスター発表
  • ヘッディング動作における体幹と頚部の動態  [通常講演]
    第17回トレーニング科学研究会大会 2004年 ポスター発表
  • サッカー選手の最大パワー発揮から見たトレーニング効果  [通常講演]
    第59回 日本体力医学会大会 2004年 ポスター発表
  • ボール角度を変えるヘッディング動作の分析的研究  [通常講演]
    第18回日本バイオメカニクス学会大会 2004年 ポスター発表
  • 角度を変えるヘッディング動作の分析的研究  [通常講演]
    日本フットボール学会 1st Congress 2004年 ポスター発表

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 身体負荷亢進の影響下でキック運動能力低下に関わる足部動態因子の評価
    東洋大学:平成25年度 井上円了記念研究助成
    研究期間 : 2013年04月 -2014年03月 
    代表者 : 角南 俊介
  • 女子サッカー選手を対象とした疲労時の動作再現性維持機構~疲労状態におけるキック動作の再現性を維持する要因は何か.
    上月スポーツ・教育財団:第3回スポーツ研究助成事業
    研究期間 : 2006年01月 -2007年12月 
    代表者 : 角南 俊介

社会貢献活動

  • 酒田市スポーツ推進審議会委員
    期間 : 2019年04月 - 現在
    役割 : その他
  • 東京都立駒場高校サッカー部コーチ
    期間 : 2018年11月 - 現在
    役割 : その他
  • 東京都立小山台高校サッカー部コーチ
    期間 : 2016年04月 - 2018年08月
    役割 : その他
  • 日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ
    期間 : 2013年02月 - 2014年03月
    役割 : その他
    主催者・発行元 : 日本サッカー協会
  • 『体力向上の基礎を培うための幼児における実践活動の在り方に関する調査研究』 実践協議会
    期間 : 2007年 - 2011年
    役割 : 情報提供
  • 山形大学体育会女子サッカー部監督
    期間 : 2005年10月 - 2010年03月
    役割 : その他
  • 山形大学体育会サッカー部監督
    期間 : 2005年10月 - 2010年03月
    役割 : その他
  • 平成24年度 市民大学講座
    役割 : 講師
    主催者・発行元 : 東洋大学

その他のリンク

researchmap