詳細検索はこちら
※苗字と名前の間にスペースをあけ、入力してください

室山 泰之ムロヤマ ヤスユキ

所属・担当
経営学部マーケティング学科
職名教授
メールアドレス
ホームページURLhttp://ris.toyo.ac.jp/details/index.php?user_id=1777
生年月日
Last Updated :2019/09/06

研究者基本情報

学歴

  •  - 1992年, 京都大学, 理学研究科, 霊長類学
  •  - 1987年, 京都大学, 理学研究科, 動物学
  •  - 1985年, 京都大学, 農学部, 林学科

学位

  • 京都大学博士(理学), 京都大学
  • 理学修士, 京都大学

所属学協会

  • 日本霊長類学会
  • 国際霊長類学会

委員歴

  •   2002年 - 現在, Primates(国際学術誌), Advisary Board
  •   1998年 - 現在, 日本哺乳類学会, 代議員(2013-2014)
  •   1995年 - 1996年, 日本生態学会, 中部地区会事務担当
  •   1999年, 日本霊長類学会, 自然保護幹事(1999-2005),理事(2005-2009)評議員(2001-2013, 2015年)
  •   1999年 - 2001年, 野生生物保護学会, 和文誌編集幹事, 和文誌編集委員(2006-)

経歴

  •   2015年04月 - 2019年03月, 東洋大学, 経営学部, 第2部経営学科長(兼務)
  •   2013年04月 - 現在, 東洋大学, 経営学部マーケティング学科自然科学研究室, 教授
  •   2008年04月 - 2013年03月, 兵庫県立大学, 環境人間学研究科共生博物部門, 教授(兼務)
  •   2007年11月 - 2013年03月, 兵庫県森林動物研究センター, 研究部長(兼務)
  •   2007年11月 - 2013年03月, 兵庫県立大学, 自然・環境科学研究所, 次長
  •   2007年04月 - 2007年10月, 兵庫県森林動物研究センター, 主任研究員(兼務)
  •   2007年04月 - 2007年10月, 兵庫県立大学, 自然・環境科学研究所, 教授
  •   2004年04月 - 2007年03月, 京都大学, 霊長類研究所流動研究分野, 研究課題推進者
  •   1999年01月 - 2006年01月, 京都大学, 霊長類研究所附属ニホンザル野外観察施設, 助手
  •   1996年10月 - 1998年12月, 科学技術振興事業団, 農林水産省森林総合研究所, 科学技術特別研究員
  •   1995年06月 - 1997年03月, 京都大学, 霊長類研究所講師, 中核的研究機関研究員
  •   1995年04月 - 1995年06月, 京都大学, 霊長類研究所, 非常勤講師(生態学担当)
  •   1993年04月 - 1995年03月, ルイ・パスツール大学(フランス), 心理生理研究室, 客員研究員
  •   1991年04月 - 1993年03月, 日本学術振興会, 京都大学霊長類研究所, 日本学術振興会特別研究員

研究活動情報

研究分野

  • 人類学, 自然人類学, 霊長類学
  • 生物資源保全学, 生物資源保全学, 野生動物管理
  • 基礎生物学, 動物生理・行動

研究キーワード

    動物生態学, 動物行動学, 霊長類学, 野生動物管理, 被害管理

論文

  • 飼育ニホンジカを利用した聴覚と場所の連合学習に関する予備研究, 室山泰之・香田啓貴・小林秀司, 東洋大学紀要自然科学篇, 63, 77 - 84,   2019年03月
  • ニホンジカの知覚・認知特性の解明と被害管理手法の開発-実験対象の訓練, 室山泰之・香田啓貴・小林秀司, 東洋大学紀要自然科学篇, 62, 63 - 69,   2018年03月
  • Variations in within-group inter-individual distances between birth- and non-birth season in wild female patas monkeys, MUROYAMA Yasuyuki, Primates, 58, 115 - 119,   2017年01月
  • 超音波音およびシチメンチョウ音声に対するニホンザルの忌避反応, 田中俊明・室山泰之, 霊長類研究, 31, 21 - 37,   2015年06月
  • 東洋大学川越キャンパス「こもれびの森」における中大型土壌動物相-予備的報告, 室山泰之・土壌動物相研究グループ, 東洋大学紀要自然科学篇, 59, 65 - 72,   2015年03月
  • 兵庫県の野生ニホンザル個体数とその動向, 鈴木克哉・森光由樹・山田一憲・坂田宏志・室山泰之, 兵庫県ワイルドライフモノグラフ, 1, 68 - 74,   2013年03月
  • 兵庫県に生息する野生ニホンザル個体群の行動域および集落出没状況とその要因, 鈴木克哉・中田彩子・森光由樹・室山泰之, 兵庫県ワイルドライフモノグラフ, 5, 33 - 58,   2013年03月
  • 有効な防護柵設置率が向上した集落におけるニホンザル出没率の減少, 鈴木克哉・山端直人・中田彩子・上田剛平・稲葉一明・森光由樹・室山泰之, 兵庫県ワイルドライフモノグラフ, 5, 94 - 101,   2013年03月
  • 集落ぐるみのサル追い払い実施集落の住民活力に関する考察, 山端直人・鈴木克哉・室山泰之, 31, 333 - 338,   2012年11月
  • 兵庫県但馬地方のコナラ林とスギ人工林におけるニホンジカの生息密度勾配に伴う植物種数の変化パタン, 梅田浩尚・藤木大介・岸本康誉・室山泰之, 森林応用研究, 21, 1 - 8,   2012年08月
  • EggTM Trapで捕獲されたアライグマを回収するための誘導型捕獲箱の開発, 阿部豪・三好英勝・佐鹿万里子・中井真理子・島田健一郎・上田一徳・富樫崇・池田透・立澤史郎・室山泰之, 哺乳類科学, 51, 257 - 263,   2011年12月
  • ツキノワグマにおける捕獲理由の違い及び忌避条件付けの有無と土地利用の関係, 関香菜子・横山真弓・坂田宏志・森光由樹・斎田栄里奈・室山泰之, 兵庫ワイルドライフモノグラフ, 3, 71 - 83,   2011年03月
  • Effects of vegetation type on habitat use by crop-raiding Japanese macaques during a food-scarce season, Yamada, A. and Muroyama, Y., Primates, 51, 159 - 166,   2010年04月
  • 獣害をめぐる状況-被害管理はどこまで進んだか, 室山 泰之, SEEDer, 3, 70 - 73,   2010年
  • 「社会」は解明されつつあるのか?(ターゲット論文に対するコメント), 室山 泰之, 霊長類研究, 24, 128 - 130,   2008年12月
  • 兵庫県におけるツキノワグマの保護管理計画およびモニタリングの現状と課題, 横山真弓・坂田宏志・森光由樹・藤木大介・室山泰之, 哺乳類科学, 48, 65 - 72,   2008年06月
  • ニホンザルによる農作物被害の現状と被害対策の基本, 室山 泰之, 植物防疫, 62, 187 - 191,   2008年04月
  • Seasonal variations of fecal testosterone levels in free-ranging male Japanese macaques, Muroyama, Y., Shimizu, K., and Sugiura, H, American Journal of Primatology, 69, 603 - 610,   2007年06月
  • Seasonal variation and sex differences in the nutritional status in two local populations of wild Japanese macaques, Muroyama, Y., Kanamori, H., and Kitahara, E, Primates, 47, 355 - 364,   2006年10月
  • 里に下りてきたサル, 室山 泰之, エコソフィア, 17, 18 - 22,   2006年03月
  • Population explosion of Taiwanese macaques in Japan, Ohsawa H, Morimitsu Y, Kawamoto Y, Muroyama Y, Maekawa S, Nigi H, Tori H, Goto S, Maruhashi T, Nakagawa N, Nakatani J, Tanaka T, Hayakawa S, Yamada A, Hayaishi S, Seino H, Saeki M, Kawai S, Hagiwara H, Suzuki K, Suzuki K, Uetsuki S, Okano M, Okumura T, Yoshida A, Yokoyama N, The Natural History Journal of Chulalongkorn University, Supplement, 1, 55 - 60,   2005年10月
  • 簡易獣害防止柵「おうみ猿落・猪ドメ君 サーカステント」の改良と侵入防止効果の検証, 山中成元・常喜弘充・寺本憲之・井上敬浩・藤井吉隆・室山泰之, 滋賀農総セ農試研報, 45, 51 - 57,   2005年06月
  • ニホンザルはいま 里のサルとの「共存」をめざして. 連載:野生動物はいま?人との軋轢の中で(1), 室山 泰之, 遺伝, 59, 90 - 94,   2005年05月
  • ニホンザルの被害管理 採食生態学の観点から, 室山 泰之, 哺乳類科学, 45, 99 - 103,   2005年03月
  • 奈良県の猿害防止対策(2) 農家への支援, 井上雅央・米田健一・前川寛之・角山美穂・岩本和彦・秀田章人・室山泰之・浦誠, ワイルドライフ・フォーラム, 9, 19 - 31,   2004年10月
  • ニホンザルを対象とした簡易皮厚計による皮厚測定(共著), 室山泰之・金森弘樹・北原英治, 哺乳類科学, 44, 161 - 165,   2004年
  • Life history parameters of a wild group of West African patas monkeys (Erythrocebus patas patas), Nakagawa, N., Ohsawa, H., and Muroyama, Y., Primates, 44, 281 - 290,   2003年07月
  • 奈良県の猿害防止対策(1) 情報提供, 井上雅央・室山泰之, ワイルドライフ・フォーラム, 8, 1 - 19,   2002年10月
  • Monitoring the reproduction status of Japanese monkeys (Macaca fuscata) by measurement of the steroid hormones in fecal samples, Yoshida, T., Matsumuro, M., Miyamoto, S., Muroyama, Y., Tashiro, Y., Takenosita, Y., and Sankai, T, Primates, 42, 367 - 373,   2001年10月
  • Are Japanese macaques threatened by neuroscience research? (共著), Eudey, A. A., Hill, A. D. and Muroyama, Y., Nature neuroscience, 4,   2001年04月
  • The social repertoire of Sulawesi macaques, Thierry, B., Bynum, E. V., Baker, S., Kinnaird, M. F., Matsumura, S., Muroyama, Y., O’Brien, T. G., Petit, O., and Watanabe, K, Primate Research, 16, 203 - 226,   2000年12月
  • Radio-tracking of a male Japanese macaque emigrated from its group. (共著), Muroyama, Y., Imae, H., and Okuda, K, Primates, 41, 349 - 354,   2000年07月
  • ニホンザルの感覚特性と被害防除への応用の可能性, 室山 泰之, 野生生物保護, 5, 55 - 67,   2000年07月
  • The Social repertoire of Sulawesi macaques(共著), Primate Research, 16: 203-226,   2000年
  • ニホンザルの感覚特性と被害防除への応用の可能性(共著), 室山泰之・大井徹, 野生生物保護, 5, 55 - 67,   2000年
  • 近畿地方における野生ニホンザルの分布と保護・管理の現状, 室山泰之・鳥居春己・前川慎吾, ワイルドライフ・フォーラム, 5, 1 - 15,   1999年12月
  • もう一つの「サル学の現在」., 室山泰之, 生物科学, 50, 193 - 204,   1999年02月
  • 霊長類における互恵的利他行動., 室山泰之, 霊長類研究, 14, 165 - 178,   1998年11月
  • Species differences of male loud calls and their perception in Sulawesi macaques, Muroyama, Y. and Thierry, B., Primates, 39, 115 - 126,   1998年04月
  • 矢作川中流域における川辺林の構造 -竹林拡大の要因分析- (共著), 揚妻直樹・柳原芳美・室山泰之, 矢作川研究, 2, 97 - 111,   1998年03月
  • 矢作川中流域における植生群落回復の試み-竹林伐採による天然更新の可能性.(共著), 室山泰之・柳原芳美・揚妻直樹, 矢作川研究, 2, 75 - 87,   1998年03月
  • 矢作川中流域の植生 -河川生態系の回復を目指して-.(共著), 揚妻直樹・柳原芳美・室山泰之, 矢作川研究, 1, 109 - 129,   1997年03月
  • Fatal attack on an infant by an adult female Tonkean macaque, Muroyama, Y. and Thierry, B. , International Journal of Primatology, 17, 219 - 227,   1996年04月
  • Decision making in grooming by Japanese macaques (Macaca fuscata). (単著), MUROYAMA Y, International Journal of Primatology, 17: 817-830,   1996年
  • Developmental changes in mother-offspring grooming in Japanese macaques. (単著), MUROYAMA Y, American Journal of Primatology, 37, 57 - 64,   1995年
  • Exchange of grooming for allomothering in female patas monkeys. (単著), MUROYAMA Y, Behaviour, 128, 103 - 119,   1994年02月
  • Mutual reciprocity of grooming in female Japanese macaques(Macaca fuscata). (単著), MUROYAMA Y, Behaviour, 119, 161 - 170,   1991年12月
  • Chimpanzees' choices of prey between two sympatric species of Macrotermes in the Campo Animal Reserve, Cameroon. (単著), MUROYAMA Y, Human Evolution, 6, 143 - 151,   1991年
  • 芦生天然林におけるスギ当年生稚樹の個体群動態, 室山泰之・玉井重信, 京都大学農学部演習林報告, 58, 95 - 104,   1986年12月

MISC

  • 防除技術のレビューと実践, 神奈川県立博物館調査研究報告自然科学, 10: 37-39,   2000年
  • 三重県における野生ニホンザルの分布と保護・管理の現状, 神奈川県立博物館調査研究報告自然科学, 10: 17-20,   2000年
  • フランスにおける霊長類の行動研究., 霊長類研究, 12: 47-53,   1996年
  • Conduite des sequences du toilettage chez le macaque japonais (Macaca fuscata). In : Actes des Colloques de la S. F. E. C. A. (ed. by Marie Trabalon)., Nancy : L'Universite Henri Poincare, pp. 127-131,   1995年
  • Social life of patas monkeys at Kala Maloue, Northern Cameroon., In : Primatology today(eds. by. A. Ehara, T. Kimura, O. Takenaka and M. Iwamoto)(共著) Amsterdam : Elsevier Science Pulbishers B. V., pp. 693-694,   1991年
  • Role choice in the sequence of grooming interaction of Japanese monkerys., In : Primatology Today (eds. by A. Ehara, T. Kimura, O. Takenaka, and M. Iwamoto). Amsterdam : Elsevier Science Publishers B. V., pp.159-161,   1991年

書籍等出版物

  • サルはなぜ山を下りる?―野生動物との共生
    室山 泰之
    単著京都大学学術出版会  2018年12月
  • 増補版 野生動物管理-理論と技術-
    室山 泰之
    分担執筆サルの個体群と生息地の管理技術文永堂  2016年
  • 小学館の図鑑NEO 動物(新版)
    室山 泰之
    分担執筆サル目(霊長目)小学館  2014年06月
  • 野生動物管理 理論と技術
    室山 泰之
    分担執筆サルの個体群と生息地の管理技術東京: 文永堂. 羽山伸一・三浦慎悟・梶光一・鈴木正嗣編.  2012年05月
  • The Japanese Macaques
    Muroyama, Y. and Yamada, A.
    分担執筆Conservation: Present status of Japanese macaque population and its habitatTokyo: Springer-Verla (eds. by Nakagawa N, Nakamichi M, Sugiura H.   2010年09月
  • The Japanese Macaques(2)
    Suzuki, K. and Muroyama, Y.
    分担執筆Resolution of human-macaque conflicts: Changing from top-down to community-based damage managementTokyo: Springer-Verlag, pp. 143-164, (eds. by Nakagawa, N., Nakamichi, M., Sugiura, H.)  2010年09月
  • 動物たちの反乱(2)
    室山 泰之
    分担執筆ニホンザル河合雅雄・林良博編著. 東京:PHP研究所  2009年11月
  • 動物たちの反乱
    室山 泰之
    分担執筆ワイルドライフマネジメント東京: PHP研究所 河合雅雄・林良博編著  2009年11月
  • 日本の哺乳類学 第2巻 中大型哺乳類・霊長類
    室山 泰之
    分担執筆里山保全と被害管理-ニホンザル東京: 東京大学出版会. 高槻成紀・山極寿一編著  2008年06月
  • 霊長類進化の科学
    室山 泰之
    分担執筆ヒトとサルの生活空間と境界のうつりかわり京都: 京都大学学術出版会. 京都大学霊長類研究所編.  2007年06月
  • Commensalism and Conflict: The Primate - Human Interface
    Watanabe, K. and Muroyama, Y.
    分担執筆Recent expansion of the range of Japanese macaques, and associated management problems. (co-author)(ed. by J.D. Paterson). Special Topics in Primatolology. Americal Society of Primatologists  2005年11月
  • Macaque Societies: A model for the study of social organizations
    Muroyama, Y. and Eudey, A. A.
    分担執筆Do macaque species have a future? Cambridge: Cambridge University Press  eds. by Thierry B, Singh M & Kaumanns W.  2004年09月
  • 里のサルとつきあうには─野生動物の被害管理
    室山 泰之
    単著京都: 京都大学学術出版会  2003年05月
  • 霊長類学のすすめ
    室山 泰之
    分担執筆霊長類の保全と管理東京: 丸善 京都大学霊長類研究所編.   2003年03月
  • 森の野生動物に学ぶ101のヒント
    室山 泰之
    分担執筆集団で採食・休息・移動-ニホンザル東京: 日本林業技術協会  2003年02月
  • 森の野生動物に学ぶ101のヒント(2)
    室山泰之
    分担執筆サルに食べさせるな-ニホンザルの被害管理日本林業技術協会.  2003年02月
  • 小学館の図鑑 NEO 動物
    室山 泰之
    分担執筆サル目(霊長目)東京: 小学館  2002年06月
  • Decision making in social interactions by monkeys.
    In: Primate Origin of Human Cognition and Behavior. Tokyo, Springer-Verlag  2001年
  • 霊長類生態学 環境と行動のダイナミズム
    室山 泰之
    分担執筆里のサルたち: 新しい生活をはじめたニホンザル京都: 京都大学学術出版会 杉山幸丸編著.  2000年09月
  • 里山を考える101のヒント
    室山 泰之
    分担執筆里にでるサルたち東京: 日本林業技術協会  2000年02月
  • 霊長類学を学ぶ人のために
    室山 泰之
    分担執筆利他行動京都: 世界思想社 西田利貞・上原重男編.  1999年02月
  • サルの百科
    室山 泰之
    分担執筆広鼻猿類東京: データハウス. 杉山幸丸(編著)  1996年06月
  • Chimpanzee Cultures
    MUROYAMA, Y and SUGIYAMA Y.
    分担執筆Grooming relationships in two species of chimpanzee.Cambridge: Harvard University Press, eds. by Wrangham RW, McGrew WC, de Waal FBM & Heltne PG,  1994年10月
  • ニホンザルの心を探る
    室山 泰之
    分担執筆毛づくろい東京:朝日新聞社. 正高信男(編著)  1992年11月
  • 野生チンパンジーの世界,杉山幸丸・松沢哲郎監訳 3章,14章担当
    ミネルヴァ書房  1990年

講演・口頭発表等

  • 屋久島における野生ニホンザルの人口変数の長期観察, 杉浦秀樹・揚妻直樹・揚妻-柳原芳美・藤田志歩・田中俊明・鈴木真理子・相場可奈・香田啓貴・原澤牧子・室山泰之・清水桃子・川添達朗・澤田晶子・杉浦陽子・浅井隆之・早石周平・久保律子・五島 渉, 第33回日本霊長類学会大会 (7月15-17日),   2017年07月
  • 野生パタスモンキーにおける出産季と非出産季のメス間の個体間距離の変異について, 室山 泰之, 第32回日本霊長類学会大会 (7月16-18日),   2016年06月
  • 首輪型小型ビデオ・スキャニングシステムを用いたツキノワグマの生態解明, 森光由樹・藤木大介・室山泰之, 日本哺乳類学会2014年度大会 (9月20-23日),   2014年09月
  • 丸形局所選択モデルを利用したニホンザルの生息地選択評価, 山田彩・清田雅史・岡村寛・室山泰之, 日本生態学会第60回大会 (3月5-9日),   2013年03月
  • 通電式支柱を用いた電気柵に対するサルの行動変化について, 山端直人・鈴木克哉・室山泰之, 第18回野生生物保護学会学会(11月16-18日),   2012年11月
  • 効率的なニホンザル被害管理のための防護柵設置努力目標の検討., 鈴木克哉・山端直人・森光由樹・室山泰之, 日本哺乳類学会2012年度大会 (9月20-23日). 相模原. 講演要旨集.,   2012年09月
  • 効率的なニホンザル被害管理のための追い払い努力目標の検討, 山端直人・鈴木克哉・室山泰之 , 日本哺乳類学会2012年度大会 (9月20-23日). 相模原. 講演要旨集.,   2012年09月
  • ニホンザルの保全と管理ー兵庫県における取り組みについて., 室山 泰之, 京都大学霊長類研究所共同利用研究会「アジアの霊長類の保全と社会生態研究に関する近年の新たな展開」 (3月10-11日). 犬山.,   2012年03月
  • スマートセンサー事業の概要., 室山 泰之, 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「スマートセンサーを利用した捕獲?防護両用の野生動物被害対策システムの開発」成果発表会 (12月15日). 神戸,   2011年12月
  • サル群の出没に関する農村の要因とその改善による被害対策の効果について, 山端直人・鈴木克哉・室山泰之, 第17回野生生物保護学会大会 (10月14-17日). 網走. 講演要旨集.,   2011年10月
  • 野生動物の画像情報収集システム・バイオロギングの開発., 森光由樹・阿部豪・中村幸子・横山真弓・室山泰之, 日本哺乳類学会2011年度大会 (9月8-11日). 宮崎. 講演要旨集, p. 83.,   2011年09月
  • スマートセンサーを用いた新型捕獲技術の開発., 阿部豪・坂田宏志・田口彰・和倉慎治・長瀬一彦・臼井義美・那須義弘・室山泰之, 日本哺乳類学会2011年度大会 (9月8-11日). 宮崎. 講演要旨集, p. 83.,   2011年09月
  • サルに利用されやすい集落の環境要因について?集落内圃場数と出没頻度との関係?, 鈴木克哉・山端直人・室山泰之, 日本哺乳類学会2011年度大会 (9月8-11日). 宮崎. 講演要旨集, p. 130.,   2011年09月
  • 兵庫県における野生ニホンザル地域個体群モニタリング体制の確立., 鈴木克哉・遠藤美香・坂田宏志・森光由樹・室山泰之, 日本生態学会第58回大会 (3月8-12日). 札幌. 講演要旨集.,   2011年03月
  • 林縁整備後の隣接農地における獣害発生様式の変化., 藤木大介・岸本康誉・中村幸子・坂田宏志・室山泰之, 第122回日本森林学会大会 (3月25-28日). 静岡. 講演要旨集.,   2011年03月
  • シカの目撃効率に伴う植物多様性の変化は、コナラ林・スギ林で異なるのか? , 梅田浩尚・藤木大介・岸本康誉・室山泰之, 第61回日本森林学会関西支部等合同大会 (10月22-23日). 松江.,   2010年10月
  • シカ捕獲におけるドロップネット式ワナと新型囲いワナの特徴の比較, 阿部豪・坂田宏志・田口彰・永本正義・北川洋一・松本哲也・室山泰之, 第16回野生生物保護学会・日本哺乳類学会2010年度合同大会 (9月17-20日). 岐阜. 講演要旨集, p. 42.,   2010年09月
  • Effects of vegetation type on habitat use by crop-raiding Japanese macaques during a food-scarce season, Yamada. A, Muroyama, Y, 第23回国際霊長類学会大会(9月12-18日). 京都. 霊長類研究 26 Suppl.: 445.,   2010年09月
  • ニホンザル農作物加害群の人口動態と出産率, 山田彩・高野彩子・鈴木克哉・室山泰之, 第16回野生生物保護学会・日本哺乳類学会2010年度合同大会 (9月17-20日). 岐阜. 講演要旨集, p. 70.,   2010年09月
  • コナラ林・スギ林におけるニホンジカの生息密度に伴う植物多様性の変化パターンの比較, 梅田浩尚・藤木大介・岸本康誉・室山泰之, 第16回野生生物保護学会・日本哺乳類学会2010年度合同大会 (9月17-20日). 岐阜. 講演要旨集, p. 167.,   2010年09月
  • Case study report: Crop damage by Japanese Monkeys, 鈴木克哉・室山泰之, 第23回国際霊長類学会シンポジウム「Japanese Monkeys and the Japanese People: History and Issues in Japanese Monkey Conservation」(9月12-18日).,   2010年09月
  • 忌避条件付けの有無によって、ツキノワグマの人為的環境利用に違いがあるか. , 関香菜子・横山真弓・森光由樹・斎田栄里奈・室山泰之, 第57回日本生態学会大会 (3月15-20日). 東京. 講演要旨集.,   2010年03月
  • 忌避条件付けの有無によって、ツキノワグマの行動に違いがあるか., 関香菜子・横山真弓・森光由樹・斎田栄里奈・室山泰之, 第15回野生生物保護学会大会 (11月6-8日). 武蔵野. 講演要旨集.,   2009年11月
  • シカ捕獲用ドロップネットの開発., 室山泰之・田口彰・中村幸子・岸本康誉・永本正義・松本哲也・北川洋一・森光由樹, 日本哺乳類学会2009年度大会(11月21-24日). 台北. 講演要旨集, p.85.,   2009年11月
  • 集落内の食物資源量がニホンザルの集落利用に与える影響., 遠藤美香・鈴木克哉・室山泰之, 第15回野生生物保護学会大会 (11月6-8日). 武蔵野. 講演要旨集, p. 37.,   2009年11月
  • ドロップネットで捕獲した野生ニホンジカの殺処分法の検討., 森光由樹・田口彰・齋田栄里奈・中村幸子・岸本康誉・永本正義・北川洋一・松本哲也・室山泰之, 第15回野生動物医学会大会 (9月3-6日). 富山. 講演要旨集, p. 41.,   2009年09月
  • 農作物被害を起こすニホンザルのレンジングパターンに影響を与える要因., 山田彩・室山泰之, 第25回日本霊長類学会大会 (7月18-20日). 各務原. 霊長類研究 25 Suppl.: S-32.,   2009年09月
  • 企画者趣旨説明, 室山 泰之, 第56回日本生態学会大会シンポジウム「S17大型野生動物の保全と管理?頑健性の高い調査研究と対策を目指して?」(3月17-21日). 盛岡. ,   2009年03月
  • 農作物被害を引き起こす野生ニホンザルの環境選択. , 遠藤美香・鈴木克哉・室山泰之, 第14回野生生物保護学会大会 (11月7-9日). 佐世保. 講演要旨集, p. 66-67.,   2008年11月
  • 兵庫県に生息する野生哺乳類の遺伝情報及び繁殖パラメータの解析と孤立化した地域個体群の存続可能性分析., 室山 泰之, 平成20年度兵庫県立大学研究発表会(11月26日). 神戸.,   2008年11月
  • 兵庫県に生息するニホンザルの環境選択と土地利用., 遠藤美香・鈴木克哉・室山泰之, 日本哺乳類学会2008年度大会(9月12-15日). 山口. 講演要旨集, p. 78.,   2008年09月
  • ニホンザルの保護管理に関する各都府県の取り組み状況と課題., 大井徹・堀野眞一・矢部恒晶・吉田洋・常田邦彦・室山泰之, 日本哺乳類学会2008年度大会自由集会「ニホンザルの保護管理の現状と課題」(9月12-15日). 山口. 講演要旨集, p. 71.,   2008年09月
  • ミトコンドリアDNAを用いた兵庫県のニホンザルの遺伝学的モニタリング, 森光由樹・鈴木克哉・遠藤美香・室山泰之・赤座久明・川合静・齊藤梓・川本芳, 第24回日本霊長類学会大会 (7月4-6日). 東京. 霊長類研究 24 Suppl.: S-22.,   2008年07月
  • 特定鳥獣保護管理計画技術マニュアル(ニホンザル)改訂に対する学会対応の経緯., 室山 泰之, 第24回日本霊長類学会大会自由集会「特定鳥獣保護管理計画技術マニュアル(ニホンザル)改訂について」(7月4日-6日). 東京都港区.,   2008年07月
  • 行動に随伴した嫌悪刺激の呈示によるニホンザルの行動制御., 鈴木克哉・川合伸幸・杉浦秀樹・柴崎全弘・友永雅己・室山泰之, 第13回野生生物保護学会 (11月16-18日). 流山. 講演要旨集, pp.80-81.,   2007年11月
  • ニホンザルにおける運動能力測定その1:引っ張り力量の測定., 新村毅・江口祐輔・鈴木克哉・室山泰之・堂山宗一郎・植竹勝治・田中智夫 , 第26 回日本動物行動学会大会 (10月19-21日). 京都. 講演要旨集, p. 25.,   2007年10月
  • ニホンザルのグルーミング交渉における交渉相手選択:交渉直前の近接が交渉相手選択に与える影響., 神田恵・杉浦秀樹・室山泰之, 第26 回日本動物行動学会大会 (10月19-21日). 京都. 講演要旨集, p. 70.,   2007年10月
  • ニホンザルにおける運動能力測定その2:垂直跳び能力の測定., 堂山宗一郎・江口祐輔・鈴木克哉・室山泰之・植竹勝治・田中智夫, 第26 回日本動物行動学会大会 (10月19-21日). 京都. 講演要旨集, p. 26.,   2007年10月
  • Immobilization with a combination of Ketamine Hydrochloride and Medetomidine in wild Japanese monkeys (Macaca fuscata fuscata), Miyabe, T., Morimoto, M. Suzuki, J., Muroyama, Y., Suzumura, T., Kanchi, F., Tanaka, H., Hayakawa, S., Hamada, Y, アメリカ獣医麻酔学会大会 (9月26-30日). ニューオリンズ, アメリカ.,   2007年09月
  • 野生動物に対する被害防止技術の検討, 室山泰之・川合伸幸, 日本哺乳類学会2007年度大会(9月14-17日). 府中. 講演要旨集, p. 165.,   2007年09月
  • Present status and damage management of wild Japanese macaques (Macaca fuscata)., 室山 泰之, The Joint Meeting of the 3rd Meeting of ASVP, AAVS, and the 2nd ASZWM. National Taiwan University, Taipei, Taiwan.,   2007年08月
  • ニホンザルのグルーミング交渉における交渉相手選択?交渉直前の近接が交渉相手選択に与える影響?, 神田恵・室山泰之・杉浦秀樹, 第23回日本霊長類学会大会 (7月14-16日). 滋賀. 霊長類研究 23 Suppl.: S-2.,   2007年07月
  • 和歌山県におけるタイワンザルとニホンザルの交雑に関する集団遺伝学的研究., 川本芳・川本咲江・川合静・齊藤梓・濱田穣・毛利俊雄・国松豊・大澤秀行・後藤俊二・和秀雄・室山泰之・森光由樹・白井啓・鈴木和男, 第23回日本霊長類学会大会 (7月14-16日). 滋賀. 霊長類研究 23 Suppl.: S-8.,   2007年07月
  • ニホンザルの保全と管理 動きはじめた被害管理, 杉浦秀樹・田中俊明・揚妻直樹・早川祥子・香田啓貴・早石周平・柳原芳美・半谷吾郎・藤田志歩・松原幹・宇野壮春・清野未恵子・鈴木真理子・西川真理・室山泰之, 京都大学霊長類研究所共同利用研究会:アジア霊長類の生物多様性と進化(3月9-10日). 犬山.,   2007年03月
  • 野生ニホンザルの個体数変動., 室山 泰之, 第54回日本生態学会大会(3月19-23日). 松山. 講演要旨集.,   2007年03月
  • 和歌山タイワンザル(特定外来生物)の現状報告., 森光由樹・白井啓・吉田敦久・清野紘典・和秀雄・鳥居春己・川本芳・大沢秀行・室山泰之・和歌山タイワンザルワーキンググループ, 第22回日本霊長類学会大会 (7月15-17日). 大阪. 霊長類研究 22 Suppl.: S-16.,   2006年07月
  • 屋久島におけるニホンザルの個体数変動., 杉浦秀樹・田中俊明・揚妻直樹・早川祥子・香田啓貴・柳原芳美・半谷吾郎・藤田志歩・松原幹・宇野壮春・清野美恵子・鈴木真理子・西川真理・室山泰之, 第22回日本霊長類学会大会 (7月15-17日). 大阪. 霊長類研究 22 Suppl.: S-17,   2006年07月
  • 自己毛づくろいと他者毛づくろい  似て非なるもの, 室山 泰之, 京都大学霊長類研究所共同利用研究会:第7回ニホンザル研究セミナー(5月20-21日). 犬山.,   2006年05月
  • ニホンザルにおける持ち上げ力量の測定 第1報., 江口祐輔・新村毅・室山泰之・鈴木克哉・植竹勝治・田中智夫, 応用動物行動学会2005年度大会(3月30日). 福岡. 講演要旨集.,   2006年03月
  • 里のサルの保全と管理 基礎から応用まで, 室山 泰之, 京都大学霊長類研究所共同利用研究会:第35回ホミニゼーション研究会・霊長類野外研究の将来(3月17-18日). 犬山.,   2006年03月
  • サル、イノシシの被害を受けにくい園芸作物の選定とその利用法., 山中成元・常喜弘充・室山泰之・安田尚人・西尾文里・近雅博・野間直彦, 第10回園芸学会近畿支部大会 (11月5日). 彦根. 講演要旨集 p.25.,   2005年11月
  • Hybridization of introduced Taiwanese macaques with native Japanese macaques in Wakayama Prefecture,, Kawamoto, Y., Ohsawa, H., Muroyama, Y., Goto, S., Shirai, K., Morimitsu, Y., Araki, S., Maekawa, S., Nigi, H., Torii., H., Maruhashi, T., Nakagawa, N., the Working Group of Wakayama Taiwanese Macaques, International Symposium on Southeast Asian Primate Research. Bangkok, Thailand. The Natl Hist J Chulalongkorn Univ Suppl,   2005年10月
  • 和歌山タイワンザルの現状報告, 森光由樹・白井啓・岡野美佐夫・奥村忠誠・吉田敦久・横山典子・清野紘典・和秀雄・川本芳・大沢秀行・後藤俊二・室山泰之・早川祥子・田中俊明・山田彩・中川尚史・早石周平・鳥居春己・丸橋珠樹・前川慎吾・仲谷淳・川合静・鈴木邦彦・植月純也・萩原光・鈴木克哉・佐伯真美.和歌山タイワンザルワーキンググループ, 第21回日本霊長類学会大会 (7月1-3日). 倉敷. 霊長類研究 21 Suppl.: S-5.,   2005年07月
  • Seasonal change of ranging behavior by crop-raiding Japanse macaques (Macaca fuscata)., Yamada, A., Spraigue, D.S., Iwasaki, N., and Muroyama, Y., 第9回国際哺乳類学会大会 (7月31日-8月5日). 札幌. 講演要旨集, p. 325.,   2005年07月
  • Seasonal and sexual variations of nutiritional condition in two local populations of wild Japanese macaques, Muroyama, Y., Kanamori, H., and Kitahara, E, 第9回国際哺乳類学会大会 (7月31日-8月5日). 札幌. 講演要旨集,   2005年07月
  • 和歌山県下の交雑タイワンザル集団の第5回調査報告(2004年9月)および今後の予測., 大沢秀行・森光由樹・川本芳・室山泰之・前川慎吾・和秀雄・鳥居春己・後藤俊二・丸橋珠樹・中川尚史・仲谷淳・田中俊明・早川祥子・山田彩・早石周平・清野紘典・佐伯真美・川合静・萩原光・鈴木克哉・鈴木邦彦・植月純也・岡野美佐夫・奥村忠誠・吉田敦久・横山典子, 第21回日本霊長類学会大会 (7月1-3日). 倉敷. 霊長類研究 21 Suppl.: S-16.,   2005年07月
  • 無人ビデオ撮影によるタイワンザル交雑群のカウント成功例, 中川尚史・後藤俊二・清野紘典・森光由樹・和秀雄・大沢秀行・川本芳・室山泰之・岡野美佐夫・奥村忠誠・吉田敦久・横山典子・鳥居春己・前川慎吾・他和歌山タイワンザルワーキンググループのメンバー, 第21回日本霊長類学会大会 (7月1-3日). 倉敷. 霊長類研究 21 Suppl.: S-6.,   2005年07月
  • Hybridization of introduced Taiwanese macaques with native Japanese macaques in Wakayama prefecture,, Kawamoto, Y., Ohsawa, H., Muroyama, Y., Goto, S., Shirai, K., Morimitsu, Y., Araki, S., Maekawa, S., Nigi, H., Torii, H., Maruhashi, T., Nakagawa, N., and other members of the Working Group of Wakayama Taiwanese macaques, 第9回国際哺乳類学会大会 (7月31日-8月5日). 札幌. 講演要旨集, p. 322.,   2005年07月
  • 死体からわかること?野生ニホンザルの栄養状態の季節変動と地域変異, 室山 泰之, 京都大学霊長類研究所共同利用研究会:第6回ニホンザル研究セミナー(5月14-15日). 犬山.,   2005年05月
  • 冬期の餌源となる緑草帯の形成条件. , 井上雅央・米田健一・國本佳範・藤平拓志・竹中勲・室山泰之・山田彩, 野生生物保護学会第10回大会 (11月26-28日). 府中. 講演要旨集.,   2004年11月
  • ニホンザルを対象とした簡易皮厚計による皮厚測定., 室山泰之・金森弘樹・北原英治, 日本哺乳類学会2004年度大会 (10月8-11日). 厚木. 講演要旨集, p. 108.,   2004年10月
  • ニホンザルの被害管理?採食生態学の観点から., 室山 泰之, 日本哺乳類学会・応用動物行動学会共催シンポジウム「哺乳動物の採餌行動」(10月10日). 厚木.,   2004年10月
  • 野生ニホンザルの栄養状態の季節変化., 室山泰之・金森弘樹・北原英治, 日本生態学会第51回大会 (8月25-29日). 釧路. 講演要旨集.,   2004年08月
  • 人為的環境を利用するニホンザルの環境選択., 山田彩・田中俊明・室山泰之, 第20回日本霊長類学会大会 (7月2-4日). 犬山. 霊長類研究 20 Suppl: 12.,   2004年07月
  • 和歌山市周辺における交雑タイワンザル集団の現状と今後の予測., 大沢秀行・川本芳・室山泰之・後藤俊二・白井啓・荒木伸一・岡野美佐夫・森光由樹・和秀雄・中川尚史・鳥居春己・前川慎吾・和歌山タイワンザルワーキンググループ, 第20回日本霊長類学会大会 (7月2-4日). 犬山. 霊長類研究 20 Suppl: 38.,   2004年07月
  • オスニホンザルの糞中テストステロンの季節変動. , 室山泰之・清水慶子・杉浦秀樹, 第20回日本霊長類学会大会 (7月2-4日). 犬山. 霊長類研究 20 Suppl: 5.,   2004年07月
  • 猿害を受けにくい農作物の選定., 山中成元・常喜弘充・室山泰之・安田尚人・近雅博・野間直彦, 日本家畜管理学会・応用動物行動学会2003年度大会(3月27-28日). 府中. 講演要旨集.,   2004年03月
  • Conservation and management of macaques, with special reference to the case of Japanese macaques., 室山 泰之, Calpe 2003 Conference「The Barbary macaque: comparative and evolutionary perspectives」. (11月5-8日) . ジブラルタル.,   2003年11月
  • ニホンザルにおける嫌悪条件付け?桂皮酸アミドを利用した経口投与の可能性?., 室山泰之・田中俊明・杉浦秀樹・藤田志歩・飯田景子・浅岡一雄, 日本哺乳類学会2003年度大会(9月20-23日). 盛岡. 講演要旨集.,   2003年09月
  • 事故防止研究と被害管理., 室山 泰之, 農林水産省鳥獣害プロジェクトワークショップ:ニホンザルの保護管理への研究支援のあり方?滋賀県の事例を材料として?(9月1日). 京都.,   2003年09月
  • カメルーン・サヘルのパタスモンキー:その高い繁殖率を支えるもの. , 中川尚史・大沢秀行・室山泰之, 第40回日本アフリカ学会学術大会 (5月31日?6月1日). 松江. 講演要旨集.,   2003年06月
  • ニホンザル用新型電気柵と電線型電気柵との比較., 室山 泰之, 第19回日本霊長類学会大会 (6月27-29日). 仙台. 講演要旨集.,   2003年06月
  • Invasion of Taiwan macaques, into Wakayama prefecture, Japan, and their hybridization with Japanese, Ohsawa, H., Kawamoto, Y., Shirai, K., Nigi, H., Maruyashi, T., Maekawa, S., Muroyama, Y., Araki, S. and other members of the Working group for survey of Wakayama Taiwan macaques, COE国際シンポジウム「Evolution of the Apes and the Origin of the Human Beings」. (11月14-17日), 犬山.,   2002年11月
  • 屋久島の西部林道周辺における野生ニホンザルの個体数変動., 杉浦秀樹・田中俊明・松原幹・半谷吾郎・早石周平・早川祥子・香田啓貴・室山泰之・揚妻直樹・相場可奈・小山陽子・柳原芳美, 日本哺乳類学会2002年度大会(10月2-4日). 富山. 講演要旨集, p. 136.,   2002年10月
  • 猿害対策における集団取り組みの客観評価., 井上雅央・米田健一・前川寛之・角山美穂・岩本和彦・秀田章人・室山泰之 , 応用動物昆虫学会中国支部例会 (10月11日). 出雲.  講演要旨集.,   2002年10月
  • 霊長類の被害管理モデル., 室山 泰之, 日本哺乳類学会2002年度大会(10月2-4日). 富山. 講演要旨集, p. 88.,   2002年10月
  • Hybridization problem between native and introduced monkeys in Japan., Kawamoto, Y., Ohsawa, H., Muroyama, Y., Shirai, K., Araki, S., Maekawa, S., Nigi, H., Maruhashi, T., and other members of the Working Group of Wakayama Taiwan macaques., International Symposium: Application of non-human primates in biotechnology for conservation and biomedical research.,   2002年07月
  • ニホンザル用新型電気柵の検討., 室山 泰之, 第18回日本霊長類学会大会(7月19-21日). 東京. 霊長類研究 18: 386.,   2002年07月
  • Invasion of Taiwan macaques into Wakayama Prefecture, Japan and their hybridization with Japanese ma, Ohsawa, H., Kawamoto, Y., Shirai, K., Maekawa, S., Nigi, H., Muroyama,Y., Torii, H., Uotani, M., Maruhashi, T., Araki, S., and other members of the Working Group of Wakayama Taiwan macaques, COE国際シンポジウム「Research on long-lived animals: The past, present and future of longitudinal field studies」. (1月15-18日), 犬山.,   2002年01月
  • Population and social dynamics of patas monkeys in Kala Maloue National Park, Northern Cameroon., Nakagawa, N., Ohsawa, H., and Muroyama, Y, COE国際シンポジウム「Research on long-lived animals: The past, present and future of longitudinal field studies」. (1月15-18日), 犬山.,   2002年01月
  • 桂皮酸を使ったニホンザルにおける嫌悪条件付け, 室山泰之・杉浦秀樹・飯田景子・浅岡一雄, 第55回 日本人類学会大会・第17回日本霊長類学会大会(7月12-15日). 京都. 霊長類研究 17: 119.,   2001年07月
  • 野生ニホンザルの実験利用 保全と管理の立場から., 室山 泰之, 第55回日本人類学会大会・第17回日本霊長類学会大会自由集会「霊長類の研究利用:野生ニホンザルを中心に」(7月12日-15日). 京都.,   2001年07月
  • Present status of wild Japanese macaques (Macaca fuscata)., Muroyama, Y. and Watanabe, K, 国際シンポジウム「Macaque Societies and Evolution」(3月19-25日). マイソール, インド.,   2001年03月
  • Distribution and management status of wild Japanese macaques (Macaca fuscata)., Muroyama, Y. and Watanabe, K, 第18回国際霊長類学会シンポジウム「Macaques as Pests」(1月7-12日). アデレード, オーストラリア.,   2001年01月
  • ニホンザルにおける被害管理., 室山 泰之, 東京大学海洋研究所共同利用シンポジウム「個体群管理の最前線=漁業管理, 害虫防除,野生動物管理を貫く理論と実践」(12月7-8日). 東京.,   2000年12月
  • 幸島のニホンザルにおける発育変化と環境依存性疾病の血液診断., 浅岡一雄・大蔵聡・室山泰之・濱田穣, 第16回日本霊長類学会大会(7月7-9日). 名古屋. 霊長類研究 16: 294.,   2000年07月
  • 現在のニホンザル分布と保護管理の単位としての地域個体群:問題点の整理と検討., 渡邊邦夫・室山泰之, 第16回日本霊長類学会大会(7月7-9日). 名古屋. 霊長類研究 16: 286.,   2000年07月
  • ニホンザルに対する被害防除法の検討., 室山 泰之, 日本哺乳類学会1999年度大会(10月1-3日). 名古屋. 講演要旨集, p. 202.,   1999年10月
  • 紀伊半島におけるニホンザルとタイワンザルの混血事例の確認., 白井啓・荒木伸一・前川慎吾・鳥居春己・大沢秀行・川本芳・室山泰之・後藤俊二・和秀雄, 第15回日本霊長類学会大会(6月18-20日). 宮崎. 霊長類研究 15: 410.,   1999年06月
  • もう一つの「サル学の現在」, 室山 泰之, 第15回日本霊長類学会大会自由集会「どこへゆく霊長類学」(6月18-20日). 宮崎.,   1999年06月
  • 農地に依存するニホンザルの土地利用., 室山泰之・佐野明, 第46回日本生態学会大会 (3月27-30日). 松本. 講演要旨集, p. 155.,   1999年03月
  • 近畿地方のニホンザル, 室山 泰之, 西日本ニホンザル・フォーラム(12月5日). 犬山.,   1998年12月
  • ニホンザルにおける栄養状態の推定, 室山泰之・金森弘樹, 第14回日本霊長類学会大会 (6月26-28日). 岡山. 霊長類研究 14: 232.,   1998年06月
  • ラジオテレメトリー法によるオスニホンザル移出個体の追跡., 室山泰之・今栄博司・奥田清貴, 第45回日本生態学会大会 (3月26-29日). 京都. 講演要旨集, p. 85.,   1998年03月
  • Behavior and evolution of macaques., 室山 泰之, Univerisit? Louis Pasteur - Japan Colloquium (12月11-12日). ストラスブール, フランス.,   1997年12月
  • 愛知県東部を流れる矢作川中流域の植生と哺乳類の生息状況について. , 柳原芳美・揚妻直樹・室山泰之, 日本哺乳類学会1997年度大会 (10月9-12日). 札幌. 講演要旨集, p. 51.,   1997年10月
  • Species differences of male loud calls and its perception in Sulawesi macaques., Muroyama, Y. and Thierry, B, 第25回 国際動物行動学会大会 (8月20-27日). オーストリア, ウィーン. Advances inEthology 32: Supplements to Ethology 118.,   1997年08月
  • ニホンザルの性行動と糞中の性ステロイドホルモン動態. II., 室山泰之・松室三重・吉田高志, 第13回日本霊長類学会大会 (7月4-6日). 札幌. 霊長類研究 13: 255.,   1997年07月
  • 野生ニホンザルの糞便中ステロイドホルモン測定法の検討., 松室三重・竹ノ下祐二・室山泰之・杉浦秀樹・山海 直・吉田高志, 第13回日本霊長類学会大会 (7月4-6日). 札幌. 霊長類研究 13: 281.,   1997年07月
  • ニホンザルの性行動と糞中の性ステロイドホルモン動態., 室山泰之・松室三重・吉田高志, 第15回日本動物行動学会大会 (11月2-4日). 東京. 講演要旨集, p. 47.,   1996年11月
  • ニホンザルの糞便中性ステロイドホルモンの測定., 松室三重・室山泰之・田代靖子・山海直・吉田高志, 第12回日本霊長類学会大会 (6月27-29日). 吹田. 霊長類研究 12: 260.,   1996年06月
  • ニホンザルの毛づくろいにおける意思決定., 室山 泰之, 第12回日本霊長類学会大会 (6月27-29日). 吹田. 霊長類研究 12: 285.,   1996年06月
  • サル研究の『面白さ』, 室山 泰之, 京都人類学研究会例会(6月12日). 京都.,   1996年06月
  • トンケアンマカクは他種のラウドコールを聞き分けるか?, 室山泰之・Bernard Thierry, 第43回日本生態学会大会 (3月29-31日). 八王子. 講演要旨集, p. 137.,   1996年03月
  • ニホンザル(Macaca fuscata)における母子間の毛づくろいの発達的変化., 室山 泰之, 第14回日本動物行動学会大会 (12月3-5日). 三田. 講演要旨集, p. 18.,   1995年12月
  • 行動学から見た種の輪郭., 室山 泰之, 第11回日本霊長類学会大会自由集会「霊長類のアイデンティティー」(6月16日-18日). 犬山.,   1995年06月
  • Conduite des sequences du toilettage chez le macaque japonais (Macaca fuscata)., 室山 泰之, 第26回 フランス動物行動学会大会 (11月14-16日).フランス, ノンシー.,   1994年11月
  • Exchange of grooming for allomothering in female patas monkeys., Muroyama, Y, 第5回 国際行動生態学会大会 (8月14-20日). イギリス, ノッティンガム. 講演要旨集.,   1994年08月
  • Variations ontogenetiques du toilettage social entre les meres et leur progeniture chez le macaque japonais., Muroyama, Y, 第6回 フランス霊長類学会大会 (10月13-14日). フランス, モンペリエ. Folia Primatologica 64: 87, 1995.,   1994年08月
  • A case of 'infanticide' by a female Tonkean macaque., 室山 泰之, 第15回 国際霊長類学会大会 (8月3-8日). バリ, インドネシア. 講演要旨集.,   1994年08月
  • Short-term reciprocity of grooming and allomothering in female patas monkeys., Muroyama, Y, 第23回 国際動物行動学会大会 (9月1-9日). スペイン, トレリモリノス. 講演要旨集,   1993年09月
  • ニホンザルの毛づくろい交渉における互恵性の発達., 室山 泰之, 第11回日本動物行動学会大会 (12月1-3日).つくば.講演要旨集, p. 38.,   1992年12月
  • パタスモンキー雌間の社会交渉の群れ内分布. , 室山 泰之, 第8回日本霊長類学会学術大会 (6月20-21日). 京都. 霊長類研究 8: 206.,   1992年06月
  • パタスモンキーのグルーミング交渉にみられる互恵性 新生児の出現を契機とする変化., 室山 泰之, 第39回日本生態学会大会 (4月1-4日). 名古屋. 講演要旨集, p. 164.,   1992年04月
  • Short-term reciprocity in grooming interaction in primates., Muroyama, Y., 第22回 国際動物行動学会大会 (8月22-29日). 京都. 講演要旨集,   1991年08月
  • パタスモンキーにおける雌間の社会交渉., 室山 泰之, 第9回日本動物行動学会大会 (11月10-12日). 大阪. 講演要旨集, p. 40.,   1990年11月
  • Social life of patas monkeys at Kala Maloue, Northern Cameroon., Ohsawa, H., Nakagawa, N. and Muroyama, Y, 第13回 国際霊長類学会大会 (7月18-24日). 名古屋. 京都.,   1990年07月
  • Role choice in the sequence of grooming interaction of Japanese monkeys, Muroyama, Y, 第13回 国際霊長類学会大会 (7月18-24日). 名古屋. 京都.,   1990年07月
  • ニホンザルにおけるグルーミング行動-持続時間の分析., 室山 泰之, 第3回日本霊長類学会大会 (6月6-7日). 箕面. 霊長類研究 3: 173, 1987.,   1987年06月
  • ニホンザルにおけるグルーミング行動の構造., 室山 泰之, 第34回日本生態学会大会 (4月2-5日). 沖縄. 講演要旨集, p. 168.  ,   1987年04月
  • ニホンザルのグルーミング行動の再考., 室山 泰之, 京都大学霊長類研究所研究会:ニホンザル社会の再考(近縁種との比較を含む) (3月12日-14日). 犬山,   1987年03月
  • グルーミング行動からみた個体間の社会関係, 室山 泰之, 第2回日本霊長類学会大会 (6月14-15日). 名古屋. 霊長類研究 2: 156, 1986.,   1986年06月

作品

  • 農林業被害地におけるサルの行動管理技術の開発,   2001年
  • ニホンザルによる農林作物への被害防除に関する研究,   1996年
  • トンケアンマカクの音声および社会行動に関する研究,   1993年 - 1995年
  • パタスモンキーの社会行動に関する研究,   1988年 - 1989年
  • ニホンザルの毛づくろいに関する行動学術研究,   1985年 - 1987年
  • チンパンジーの道具使用に関する研究,   1987年

特許

  • 野生動物侵入防止用電気柵(電気柵), 特開2004-129600.

競争的資金

  • 野生動物の被害管理, 受託研究
  • 霊長類の社会行動に関わる認知行動学, 経常研究
  • 野生鳥獣の被害管理

その他

  • 国および地方公共団体の各種委員, 環境省委託事業ニホンザル保護管理マニュアル検討会委員 (平成11-12年) 環境省鳥獣保護管理プランナー(平成21年-現在) 環境省希少野生動植物種保存推進員(平成24-27年) 農林水産省農作物鳥獣被害測定マニュアル策定事業推進会議に専門家として出席(平成13,15年) 農林水産省鳥獣害防止対策関係実証事業検討会に専門家として出席(平成13-15年) 農林水産省鳥獣による農林水産業被害対策に関する検討会専門委員(平成17年) 農林水産省農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー(平成18年-現在) 農林水産省鳥獣害対策専門家育成委託事業検討会委員(平成18年) 農林水産省野生鳥獣被害防止マニュアル作成委員(平成18年) 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業「営農管理的アプローチによる鳥獣害防止技術の開発」外部評価委員(平成19年) 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「営農管理的アプローチによる鳥獣害防止技術の開発」外部評価委員(平成20-21年) 農林水産省鳥獣害防止総合対策事業審査委員会委員(平成20-22年) 農林水産省産地活性化総合対策事業(鳥獣被害対策支援事業)審査委員会委員(平成23年) 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業専門評価委員(平成23-24年) 平成26年度「農林水産業・食品産業科学研究推進事業」審査専門評価委員(平成25年) 平成26年度鳥獣被害防止総合対策交付金(鳥獣被害対策基盤支援支援事業)審査委員会委員(平成25年) 科学技術振興機構(JST)公募事業「つなぐしくみ」外部専門家(平成21年) 科学技術振興機構(JST)震災対応「研究シーズ探索プログラム」外部評価委員(平成23年) 近畿中国四国農業試験研究推進会議鳥獣害研究成果情報査読委員(平成21-23年) 近畿中国四国農業試験研究推進会議生産環境推進部会外部委員(平成25年) 府県 兵庫県野生動物育成林整備計画事業アドバイザー(平成19-23年) 「災害に強い森づくり」にかかる事業検証委員会委員(平成20-22年) 「兵庫の貴重な自然」改訂方針検討委員会委員(平成21-22年) 生物多様性ひょうご戦略推進委員会委員(平成23-24年) 兵庫県環境影響評価審査会委員(平成21-24年) 三重県ニホンザル生息実態調査検討会委員(平成10年) 滋賀県ニホンザル保護管理計画検討会検討委員(平成13年) 京都府ニホンザル保護管理計画検討会検討委員(平成18-22年) 京都府特定鳥獣保護管理計画専門家会議委員(平成23-24年) 京都府緑の公共事業アクションプラン野生鳥獣対策小委員会委員(平成21年) 広島県野生動物保護管理対策検討委員会(平成23年) 福井県サルが出没しにくい里づくり実証ワーキング委員

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 行動学, 東洋大学
  • 生態学, 東洋大学
  • 野生動物管理学, 京都大学