研究者総覧

清田 佳美 (セイダ ヨシミ)

  • 経済学部総合政策学科 教授
  • 経済学研究科経済学専攻 教授
  • 工業技術研究所 教授
Last Updated :2021/05/13

研究者情報

学位

  • 博士(工学)(東京工業大学)

論文上での記載著者名

  • 清田 佳美
  • Yoshimi Seida
  • Y. Seida
  • Yoshimi Seida*

ホームページURL

J-Global ID

プロフィール

  • 新潟市出身

研究キーワード

  • 水の自然誌   環境影響評価   吸着分離工学   環境経済学   環境学   低温物性測定   高分子ゲル   多孔質材料   ハイドロゲル   

研究分野

  • 環境・農学 / 環境材料、リサイクル技術
  • 環境・農学 / 環境負荷低減技術、保全修復技術
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 移動現象、単位操作
  • 環境・農学 / 環境材料、リサイクル技術

経歴

  • 2011年  東洋大学経済学部教授
  • 東京工業大学大学院
  • (財)産業創造研究所

学歴

  •         -   東京工業大学大学院・総合理工学研究科(中退)
  •         -   東北大学大学院・工学研究科
  •         -   東北大学工学部   Faculty of Engineering

所属学協会

  • 日本MRS   分離技術会   日本吸着学会   高分子学会   化学工学会   

研究活動情報

論文

書籍

  • 清田, 佳美 オーム社 2020年11月 ISBN: 9784274226144 xi, 186p
  • 水の科学〜水の自然誌と生命、環境、未来
    清田 佳美 (担当:単著範囲:)オーム社 2015年03月 ISBN: 9784274217197
  • QCMを用いたハイドロゲルの局所粘弾性観察
    清田 佳美 ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発、第3章、ゲルの測定・評価・解析、第3節、㈱技術情報協会、東京 2013年12月 
    QCMを用いたゲル体の物性評価技術を解説
  • 超音波反応場における刺激応答型高分子ゲルの合成
    清田 佳美 マイクロ・ナノバブルとソノプロセス, 第4章、第2節、株式会社TIC、東京 2010年05月

講演・口頭発表等

  • Effect of solution composition on the thermoresponsie CO2 adsorption/desorption properties of poly(N-isopropylacrylamide)-polyamine copolymer gel  [通常講演]
    Yuto Amano; Yoshimi Seida; Eiji Furuya
    Pacifichem 2015 2015年12月 ポスター発表
  • 親水基を導入したアクリレートゲルの有機溶媒収着  [通常講演]
    清田 佳美
    日本吸着学会研究発表会 2015年11月 ポスター発表
  • QCM Observation of Soft Material under Cryo-condition  [通常講演]
    清田 佳美
    第23回日本MRS年次大会、横浜市開港記念会館、横浜 2013年12月 
    クライオ条件におけるソフトマテリアルの特性評価手法(QCM-A)を開発
  • クライオQCMによるゲル体の粘弾性測定  [通常講演]
    清田 佳美; 若本悟
    化学工学会第45回秋季大会 2013年09月 
    クライオ条件で測定可能なQCM-Aを開発
  • 不均質場の拡散試験に供する最少基本試料サイズに関するモデル検討  [通常講演]
    清田 佳美; 高瀬博康
    第26回日本吸着学会研究発表会、産業総合研究所(つくば) 2012年11月
  • Model examination of representative elementary size of heterogeneous intact rock used for determination for retardation parameters  [通常講演]
    清田 佳美; H.Takase
    10th Japan-Korea Symposium on Materials & Interfaces, International Symposium on Frontiers in Chemical Engineering-, Kyoto 2012年11月 
    不均質岩石コア中の三次元の核種移行シミュレータの代表試料サイズに関する解析
  • Viscoelastic behavior of hydrogel observed by quartz crystal microbalance with impedance analysis  [通常講演]
    清田 佳美
    10th Japan-Korea Symposium on Materials & Interfaces, International Symposium on Frontiers in Chemical Engineering-, Kyoto 2012年11月 
    invited
  • Demonstration of molecular sensing using QCM device coated with stimuli-responsive hydrogel  [通常講演]
    清田 佳美; TIT; Yuri Nakano; Yoshio Nakano
    Material Research Society Fall Meeting 2012、Boston 2012年11月
  • Evaluation of Mass Effect Free from Viscosity Influence of Loading Viscoelastic Media in Quartz Crystal Microbalance Measurement  [通常講演]
    清田 佳美
    22nd Academic Symposium of MRS-Japan 2012 Advanced Ecomaterials Research for Emerging Ecoinnovations, Yokohama 2012年09月
  • QCMを用いたハイドロゲルの局所粘弾性挙動観察における一考察  [通常講演]
    清田 佳美
    化学工学会第44回秋季大会、東北大学(仙台) 2012年09月
  • QCM Observation of Viscoeleastic Behavior of Collasped Poly(NIPAm) Gel in Response to Protein Adsorption  [通常講演]
    清田 佳美; TIT; Yuri Nakano; Yoshio Nakano
    Polymer Networks Group, 2012年08月
  • QCMによるハイドロゲルの水和構造観察  [通常講演]
    清田 佳美
    分離技術会年会2012、関西大学(技術・研究発表講演要旨集) 2012年06月 
    QCMによる弾性観察には原理的に負荷物の粘性影響が含まれる。粘弾性特性に及ぼす粘性影響について検討した結果を報告
  • Local viscoelastic behavior of hydrogel in its collapse phase ; the dependence of viscoelastic behavior of hydrogel on the intrinsic resonation frequency of QCM  [通常講演]
    清田 佳美
    The 21st MRS-Japan Academic Symposium, The Materials Research Society of Japan、Yokohama 2011年12月 
    固有振動すの異なるQCMを用いてPNIPAゲルの局所的な動的粘弾性の温度依存性を測定した。
  • ハイドロゲルのミクロな動的粘弾性物性とその応用  [通常講演]
    清田 佳美
    第20回日本MRS学術シンポジウム、招待講演、横浜 2010年12月
  • Influence of operational conditions on retardation parameters measured by diffusion experiment in compacted bentonite  [通常講演]
    清田 佳美; JAEA Y.Ishii; Y.Tachi; H.Yoshikawa
    MRS Scientific Basis for Nuclear Waste Management XXXIV 2010年04月 
    地層処分核種の移行パラメータ決定手法における操作条件の影響を解析・評価するシミュレータを開発(シミュレータ開発、執筆担当)
  • Diffusion and sorption behaviors of Th and Eu in sedimentary rock in the presence of humic substance  [通常講演]
    清田 佳美; JAEA; Yukio Tachi; Motoki Terashima; Toshiyuki Nakazawa; Norikazu Yamada; Mikazu Yui
    Migration 2009, 12th International Conference on the Chemistry and Migration Behaviour of Actinides and Fission Products in the Geosphere, Kennewick, Washington, USA 2009年09月
  • Ionic diffusion and retardation in Horonobe sedimentary rock: Clay-based model approach  [通常講演]
    清田 佳美; JAEA; Tachi, Y; Yotsuji, K; Yui, M
    Goldschmidt 2009、Davos 2009年09月
  • INFLUENCE OF BOUNDARY CONDITION OF DIFFUSION TEST METHOD ON MIGRATION PARAMETER IN COMPACTED BENTONITE  [通常講演]
    清田 佳美; JAEA; Tachi, Y; Yoshikawa H; Yui, M
    Goldschmidt 2009, Davos 2009年06月
  • Synthesis of Polyelectrolyte-Iron Complex Hydrogel for The Adsorbent of Phosphate  [通常講演]
    清田 佳美; TIT; Oinuma, Y; Nakano, Y
    Zing, Polymer Chemistry Conference、Mexico 2009年02月

MISC

  • Viscoelastic Behavior of Polymer Micro-Hydrogels Observed by Quartz Crystal Microbalance.
    Yuri Nakano; Yoshimi Seida; Yoshio Nakano World Congress of Chemical Engineering 8 1-6 (CD-ROM) 2009年
  • 高分子マイクロハイドロゲルの吸着に伴う動的粘弾性変化
    清田佳美; 佐藤至; 中野由理; 中野義夫 化学工学シンポジウムシリーズ No.80「機能性微粒子の高機能化・新展開・用途開発」 (80) 154 -162 2008年
  • Yuri Nakano; Itaru Sato; Yoshimi Seida; Yoshio Nakano CHEMISTRY LETTERS 36 (10) 1204 -1205 2007年10月
  • Sensing of Phase Behavior of Stimuli-sensitive Polymer gel using QCM coated with the polymer
    Y.Seida; I.Sato; Y. Nakano Trans.Mat.Res.Soc.Japan in press 2007年
  • Yoshimi Seida; Itaru Sato; Keiko Taki; Yoshio Nakano TRANSACTIONS OF THE MATERIALS RESEARCH SOCIETY OF JAPAN, VOL 32, NO 3 32 (3) 783 -786 2007年
  • 刺激応答型高分子ゲルの相・機能制御と物性
    清田佳美 化学工学物性定数の最近の動向、分離技術会編、化学工業社 41 -44 2006年
  • バリアシステム核種移行評価高度化調査 平成17年度報告書
    清田佳美; 高橋宏明; 鈴木覚; 菊池孝弘; 鈴木和則 経済産業省委託地層処分技術調査等(バリアシステム核種移行評価高度化調査)平成17年度成果報告書 1 176 2006年
  • 化学工学年鑑-ゲルテクノロジー
    清田佳美 化学工学 70 (10) 585 -586 2006年
  • 化学工学年鑑-ゲルテクノロジー
    清田佳美 化学工学 69 (10) 602 -603 2005年
  • NZP固化技術調査
    清田佳美 経済産業省委託地層処分技術調査等(処理技術高度化調査)平成16年度成果報告書 ** 2005年
  • 核種存在形態測定技術検討
    清田佳美; 高橋宏明 経済産業省委託地層処分技術調査等(塩水環境下処理技術調査)平成16年度成果報告書 ** 2005年
  • 砒素吸着除去技術開発
    清田佳美 財団法人産業創造研究所紀要 25 (2) 14 -17 2005年
  • Preparation of metal/metal oxide netwrok using organic polymer gel
    Y.Seida; Y.Nakano Transactions of the Materials Research Society of Japan 29 (7) 3195 -3198 2004年
  • Adsorption behavior of activated carbons prepared with zinc for hydrogen
    Y.Seida; K.Takayama; Y.Nakano The 10th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering (APCChE), Conference Proceedings 2004年
  • Synthesis of carbon nano-fiber from ethanol with metal ion
    Y.Seida; K.Takayama; K.Takahashi; Y.Nakano The 10th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering (APCChE), Conference Proceedings 2004年
  • 亜鉛賦活カーボンエアロゲルの水素吸着性
    清田佳美; 高山圭介; 中野義夫 化学工学会沖縄大会研究発表講演要旨集 205 2004年
  • Simultaneous recovery of noble metals by hexadentate ligand tpen and acidic extractant D2EHPA
    K.Takeshita; M.Ishida; M.Kondo; Y.Nakano; Y.Seida The 10th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering (APCChE), Conference Proceedings 2004年
  • Syanthesis of inorganic network using organic polymer gel
    Y.Seida The 10th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering (APCChE), Conference Proceedings 2004年
  • Phase behavior of thermoresponsive Ionic Polymer hydrogel prepared with Ultrasound
    Y.Seida The 15th Symposium of the materials Research Society of Japan 2004年
  • Preparation of monolithic inorganic porous materials using organic polymer network
    Y.Seida The 15th Symposium of the materials Research Society of Japan 2004年
  • 金属水酸化物コロイドをインターカレートした層間化合物の砒素吸着特性
    清田佳美; DilshadMasih 泉康雄 分離技術会年会2004技術・研究発表講演要旨集 79 -80 2004年
  • 高レベル放射性廃棄物のNZP固化技術開発(4)-Na/Ca型NZP・モナザイト複合固化体の作製とその性状-
    清田佳美; 小野昇一; 鈴木和則; 澤俊雄; 鈴木悌 日本原子力学会2004年秋の大会予稿集 3 466 2004年
  • 高レベル放射性廃棄物のNZP固化技術開発(5)-Na/Ca型NZP・モナザイト複合固化体の物性-
    清田佳美; 結城真美; 鈴木和則; 澤俊雄; 鈴木悌 日本原子力学会2004年秋の大会予稿集 3 467 2004年
  • Y Seida; K Takeshita; Y Nakano JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE 90 (9) 2449 -2452 2003年11月
  • K Takeshita; M Tanaka; Y Nakano; Y Seida JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN 36 (10) 1253 -1258 2003年10月
  • Structure of Arsenic on Iron-Montmorillonite from 50-200 ppb Solution by XAFS Utilizing Fluorescence Spectrometry
    Yasuo Izumi; Dilshad Masih; Yoshimi Seida SPring-8 User Experiment Report 2003A 11 78 -78 2003年
  • Yasuo Izumi; Dilshad Masih; Yoshimi Seida Photon Factory Activity Report 2002 20B 18 -18 2003年
  • Study of Trace Amounts of Adsorbed Arsenic by Means of XAFS Utilizing Fluorescence Spectrometry
    Yasuo Izumi; Dilshad Masih; Yoshimi Seida SPring-8 User Experiment Report 2002B 10 73 -73 2003年
  • Carbonization Behavior of Acrylic Resin with Zinc Ion and Its Adsorption Property for Hydrogen
    K.Takayama; Y.Seida; K.Murata; M.Otsuka; Y.Nakano CHEMECA2003, Proceedings, Extabstract (145) 1 -3 2003年
  • Preparation of Metal/Metal Oxide Network Using Organic Polymer Gel
    Y.Seida; Y.Nakano The (th IUMRS International Conference on Advanced Materials (2) 172 -172 2003年
  • Synthesis of Mesoporous Activated Carbon through Activation with Iron
    Y.Seida; K.Watanabe; Y. Nakano Proc.the Third Pacific Basin Conference on Adsorption Science and Technology 398 -402 2003年
  • 亜鉛導入アクリル系イオン交換樹脂の炭化特性と炭化物のガス吸着性
    清田佳美; 高山圭介; 中野義夫 化学工学会第68年会講演要旨集 I122 2003年
  • 金属イオン交換アクリル樹脂の炭化挙動と炭化物の水素吸着性
    清田佳美; 高山圭介; 渡辺香織; 中野義夫 分離技術会年会2003、技術・研究発表講演要旨集 79 -80 2003年
  • 亜鉛イオン交換樹脂の炭化挙動と炭化物の水素吸着性
    高山圭介; 清田佳美; 村田清; 大塚正久; 中野義夫 第17回日本吸着学会研究発表講演要旨集 P13 2003年
  • 清田佳美; 中野義夫 化学工学会第36回秋季大会講演要旨集 CD-ROM 2003年
  • 超音波反応場における刺激応答型高分子の合成
    清田佳美; 竹下健二; 中野義夫 ソノケミストリー全体会議要旨 15 -15 2003年
  • 有機高分子ゲルを用いたネットワーク構造金属酸化物の作製
    清田佳美; 中野義夫 第17回日本吸着学会研究発表講演要旨集 P12 2003年
  • アクリル系イオン交換樹脂炭素化物の水素吸着特性に及ぼす亜鉛の効果
    清田佳美; 高山圭介; 中野義夫 第30回炭素材料学会年会研究発表講演要旨集 212 -213 2003年
  • Y Seida; M Yuki; K Suzuki; T Sawa SCIENTIFIC BASIS FOR NUCLEAR WASTE MANAGEMENT XXVI 757 329 -334 2003年
  • 第3回環太平洋吸着会議レポート
    清田佳美 Adsorption News 17 (4) 10 2003年
  • Y Seida; T Nakano; Y Nakamura CLAYS AND CLAY MINERALS 50 (4) 525 -532 2002年08月
  • Y Seida; Y Nakano WATER RESEARCH 36 (5) 1306 -1312 2002年03月
  • Y Izumi; F Kiyotaki; Y Seida JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B 106 (7) 1518 -1520 2002年02月
  • XAFS Spectroscopy Combined with a Fluorescence Spectrometer for Trace Amounts of Element. Lead Adsorption Site in the Environmental Conditions
    Yasuo Izumi; Fumitaka Kiyotaki; Taketoshi Minato; Yoshimi Seida SPring-8 User Experiment Report 2001B 8 71 -71 2002年
  • 鉄の移動・集合機能を利用したメソ孔性活性炭の製造
    清田佳美; 渡辺香織; 中野義夫 化学工学会第67年会講演要旨集 O307 2002年
  • イオン交換樹脂を用いたメソ孔性活性炭の合成とメソ孔生成機構の検討
    清田佳美; 渡辺香織; 中野義夫 日本吸着学会研究発表講演要旨集 78 2002年
  • 金属イオンを担持したイオン交換樹脂によるメソ孔性活性炭の合成
    清田佳美; 高山圭介; 中野義夫 第29回炭素材料学会年会研究発表講演要旨集 P-20 2002年
  • 超音波重合法によって合成した含窒素感温性ゲルによる重金属抽出
    竹下健二; 中野義夫; 清田佳美 化学工学会第35回秋季大会 R205 2002年
  • Extraction and Recovery of Cd(II) in Aqueous Nitrate Solution by Thermosensitive Polymer Gel using Nitrogen-donor Ligands as Crosslinker
    K.Takeshita; M. Tanaka; Y; Nakano; Y. Seida Journal of Chemical Industry and Engineering (China) 53 (suppl.) 228 -230 2002年
  • 超音波反応場により合成した高分子ゲルの構造と吸着特性
    清田佳美; 竹下健二; 中野義夫 化学工学会第67年会 N209 2002年
  • M Homma; Y Seida; Y Nakano JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE 82 (1) 76 -80 2001年10月
  • Y Seida; Y Nakano JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN 34 (7) 906 -911 2001年07月
  • Y Seida; Y Nakano; Y Nakamura WATER RESEARCH 35 (10) 2341 -2346 2001年07月
  • Decomposition of Chlorophenols in Water by High Energy UV
    Y.Seida; K.Nishimura; Y.Nakano 6th World Congress of Chem. Eng. 180 2001年
  • Synthesis of Activated Carbon with Measopore and Iron Nanoparticle and Its Removal Property for Humic Acid
    Y.Seida; K.Watanabe; Y.Nakano Proc. of IWA 2nd World Water Congress P2126 2001年
  • 低波長、広帯域紫外線によるクロロフェノール類の分解
    清田佳美; 西村圭司; 中野義夫 化学工学会第66年会 F105 2001年
  • 超音波を用いた感温性高分子ゲルの合成とその膨潤・吸着特性
    清田佳美; 竹下健二; 中野義夫 化学工学会第34回秋季大会講演要旨集 R306 2001年
  • 鉄微粒子担持活性炭の製造と高速水処理システムへの応用
    渡辺香織; 清田佳美; 中野義夫 第15回日本吸着学会講演要旨集 25 2001年
  • 水田群から河川への農薬の動態(共著)
    中野義夫; 大野上総; 清田佳美; 宮崎あかね; 岡部恭子; 井上隆信 化学工学会第32回秋季大会 講演要旨集 569 1999年
  • 中野義夫; 清田佳美 化学工学論文集 20 (2) 213 -218 1994年
  • Y SEIDA; Y NAKANO JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN 26 (3) 328 -330 1993年06月
  • 清田佳美; 中野義夫; 市田浩之 化学工学論文集 18 (3) 346 -352 1992年
  • Y SEIDA; Y NAKANO KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU 16 (6) 1279 -1282 1990年11月

産業財産権

  • 特開公開番号 2001-233619:鉄系複水酸化物の製造方法及び該複水酸化物を用いた水処理材  2010年01月15日
    清田 佳美, 中野義夫, 中村康雄

受賞

  • 2001年 日本吸着学会奨励賞
     
    受賞者: 清田佳美

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 科学研究費 基盤研究(C):
    研究期間 : 2015年04月 -2017年03月 
    代表者 : 清田 佳美
  • 高分子ゲル複合QCMを用いた簡易砒素モニタリングシステムの開発
    科学研究費 基盤研究(C)(一般)
    研究期間 : 2011年 -2014年 
    代表者 : 清田佳美
  • 溶融塩を用いた廃家電からのインジウム分離・精製一括処理
    科学研究費 萌芽研究
    研究期間 : 2008年 -2009年 
    代表者 : 清田佳美
  • 高分子ゲル複合水晶振動子を用いた生体分子認識・情報化デバイスの開発
    科研費 基盤研究(C):
    研究期間 : 2006年04月 -2008年03月 
    代表者 : 清田 佳美
  • 有機高分子ゲルを反応場とした無機ネットワーク構造体の作製
    研究期間 : 2004年04月 -2006年03月 
    代表者 : 清田 佳美

委員歴

  • 分離技術会企画委員
  • 日本吸着学会評議員
  • 化学工学会 材料界面部会幹事、分科会代表

担当経験のある科目

  • 環境学概論鶴見大学短期大学部
  • 環境リテラシー東洋大学
  • 自然と環境学東洋大学
  • 自然環境の理解東洋大学
  • 水の自然誌と水利用の現場探訪放送大学
  • 環境評価論東洋大学(大学院)
  • 総合政策ゼミナールI東洋大学
  • 横浜新エネ漫歩放送大学
  • 東京グリーン探訪放送大学
  • 分離化学工学明治大学
  • 基礎物理化学(構造と物性の化学)明治大学
  • 環境を科学する北里大学
  • 化学実験講義東洋大学
  • 環境の科学東洋大学
  • 化学生態システム解析論東京工業大学
  • 自然誌東洋大学
  • 物質の科学東洋大学

その他

  • 2015年10月 - 2015年10月  分離技術基礎講習, 実力養成吸着技術研修コース, 吸着技術の基礎マスター

その他のリンク

researchmap